堤防から投げ釣りでシーバスを狙う。タックルや仕掛け・ポイントをご紹介

堤防から投げ釣りでシーバスを狙う。タックルや仕掛け・ポイントをご紹介

今回は、身近な堤防や砂浜で楽しめるシーバス(スズキ)の投げ釣りをご紹介。
大物を狙える釣りとしては入門編にふさわしく誰でも楽しめる釣りです。

初心者でも大物が狙える釣り

f:id:keeemura:20200323162029p:image

シーバス(スズキ)は、ウキ釣りやルアーフィッシングなど、釣り方はいくつもあります。
そんないくつもある釣り方の中でも、初心者でも比較的簡単に釣ることが出来るのが投げ釣りです。
シーバスの回遊ルートや居付きのポイントである河川や河口、堤防や砂浜など、季節や状況に応じて1年中楽しめる釣りであり、釣れれば中型以上が望める釣り方です。

Advertisement

投げ釣りでシーバスを狙うベストシーズン

f:id:keeemura:20200323162108j:image

シーバスは1年中狙える魚でありますが、特に活性が高く釣りやすい時期が春と秋です。
地方によって前後しますが、春先から梅雨時期くらいまではバチ抜けと呼ばれるゴカイなどの産卵時期は、シーバスがゴカイを荒食いするために河口や干潟に集まります。
そして水面を泳ぐゴカイを積極的に捕食するので、かなり釣れやすい時期です。
また、秋頃は大型の個体が冬の産卵に向けてエサを荒食いし始めるので、1年のなかでも数もサイズも一番期待できる時期です。
場所や水温によっては、秋から年末くらいまでは荒食いのフィーバータイムが楽しめます。

Advertisement

投げ釣りでシーバスの仕掛けとタックル

f:id:keeemura:20200330222056j:image

投げ釣りでシーバスを狙うタックルは、ド遠投をする必要は無いので、取り回しやすいタックルを使用することをおすすめします。
砂浜などで、少し遠投が必要であれば4mほどの磯竿、堤防などそこまで遠投が必要なければ、8-9フィートくらいのルアーロッドでも十分楽しめます。
仕掛けを投入後は、アタリがあるまで基本置き竿にするので、竿を2.3本出して広範囲を探るのも有効的です。

なお、リールはスピニングリールの中型クラスのものでOK。
あまり小さなスピニングリールだと、不意に70センチオーバーの大型などが掛かった場合は、かなりしんどいやり取りになるので、3000番くらいのスピニングリールを用意しましょう。
今回は、磯竿バージョンとルアーロッドバージョンの2種類のタックルをご紹介します。

【磯竿バージョン】

ロッド

リール

【ルアーロッドバージョン】

ロッド

リール

投げ釣りでシーバスのエサ

【アオイソメ】

f:id:keeemura:20200323162358j:image

シーバスを夜釣りで狙う時の定番のエサです。
針に2.3匹を房掛けし、匂いとイソメのうねうねとした動きで誘うと効果的です。

【ユムシ】

f:id:keeemura:20200323162402j:image

アオイソメを使っていて、エサ取りが多く、釣りにならない場合は、ユムシを使います。
ユムシは高価なエサですが、一匹掛けをして、必ず針先はユムシの体から少し出しましょう。

【魚の切り身】

f:id:keeemura:20200323162405j:image

サバなどの切り身でも狙えるみたいですが、個人的にあまりおすすめはしません。
理由は単純に釣れないからです。サバの切り身自体は万能なエサですが、シーバス狙いには進んで使用いなくても良い様に感じます。

Advertisement

投げ釣りでシーバスの狙うべきポイント

f:id:keeemura:20200330222119j:image

シーバスを狙うポイントの条件として、必ず頭に入れておきたいのが、エサが豊富で、流れの変化が起こる場所という事です。
そうなると、川の流れがありエサが豊富な河口付近や、潮通しの良い堤防などの先端などが良いポイントになります。
また、砂浜や干潟なども離岸流が生じたり、エサが意外と豊富にある為、シーバスが接岸してきたりでねらい目のポイントです。

【河口】

f:id:keeemura:20200323162625p:image

エサも豊富で流れもあり、シーバスを狙うには外せないポイントが河口です。

川の大小に関わらず、シーバスが付きやすいので、近くに河口があればチェックしましょう。

【堤防の先端など】

f:id:keeemura:20200323162759p:image

潮通しのよい堤防の先端は、シーバスの回遊ポイントです。

船の通り道であるミオ筋などもシーバスの捕食ポイントですので、良いポイントとなります。

【砂浜】

f:id:keeemura:20200323162901p:image

シーバスは砂浜にもエサを求めて回遊してきます。

離岸流など、流れが変化している場所や流れ込みなどを中心に狙っていきましょう。

Advertisement

シーバスを狙うエキサイティングな投げ釣りを楽しもう!

シーバスを狙う投げ釣りは、キスやカレイを狙う投げ釣りとはまた一味違って、掛けてからのファイトもかなりエキサイティングです。

難しい技術はそれほどいらず、大物が釣りやすいシーバスの投げ釣りにチャレンジしてみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。