【高知県】『仁淀川』の釣り場情報|釣れる魚や釣り方をご紹介

今回は『仁淀川』の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ! 

・仁淀川で釣れる魚が知りたい
・釣れる魚の釣り方が知りたい

目次

釣り場としての【仁淀川】

f:id:keeemura:20200416210931j:image

仁淀川は水質が良いことで有名で、四国屈指の清流です。

そんな清流『仁淀川』には、淡水魚から汽水を好む海水魚まで多くの魚種が棲んでおり、アユ・アマゴは大人気。

また、河口では大型のシーバスやアカメが釣れることでも有名です。

【仁淀川】|狙える主な魚たち

アユ(淡水流域)

f:id:keeemura:20200416212122j:image

仁淀川のアユは友釣りで狙うのが一般的。

仁淀川の激流で掛けるアユの引きは強く大興奮です。

なお、アユの友釣りについては、↓こちらで詳しく紹介しているのでご覧ください

>>アユの友釣り|基本動作を徹底解説

※禁漁期間・遊漁料などは要確認

問い合わせ先:仁淀川漁業組合

アマゴ(淡水流域)

f:id:keeemura:20200416212219j:image

仁淀川の支流ではアマゴが狙えます。

ルアー・毛ばり・フライで狙うのが人気です。

※禁漁期間や遊漁料など要確認

問い合わせ先:仁淀川漁業組合

シーバス(汽水域)

f:id:keeemura:20200416212328j:image

仁淀川の河口域では、マルスズキ・ヒラスズキ・タイリクスズキの3種類のシーバスを狙う事ができます。

特にタイリクスズキは1mを超える個体があがった実績もあり、ランカーシーバスを求めて通う人も多いです。

なお、仁淀川でシーバスを狙うおすすめルアーを↓こちらで紹介しているのでご覧ください。

>>河川シーバス攻略|おすすめルアー15選

アカメ(汽水域)

f:id:keeemura:20200416212454p:image

アカメは高知市の浦戸湾や四万十川が主な生息地と知られていますが、仁淀川でも狙えます。

実際に私がアカメを釣った経験談をもとに、↓こちらの記事 を書いたのでご覧ください。

>>幻の巨大魚アカメ|釣り方紹介と実際に釣った経験談

※アカメは非常に貴重な魚です。釣りあげた際は、蘇生して出来るだけ速やかにリリースしてあげてください。

【仁淀川】でランカーシーバスを狙う

f:id:keeemura:20200416212532p:image

仁淀川では、80cmを超えるランカーシーバスを狙うことができます。

私も80センチを超えるランカーヒラスズキをキャッチすることができました。

なお、川でランカーシーバスが狙えるパターンを↓こちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

>>ランカーヒラスズキ|川ヒラスズキパターンのご紹介

【仁淀川】で渓流魚狙い

『アユ』

f:id:keeemura:20200416212614j:image

アユの友釣りは奥が深く難しいですが、一度ハマると病みつきになります。

高価な専用タックルや道具を揃える必要がありますが、揃える価値がある釣りです。

『アマゴ』

f:id:keeemura:20200416212620j:image

アマゴはルアー・毛ばり・フライなどで狙えますが、一番気軽にできるのはルアー釣りです。

アマゴ用の小さなルアーを投げる専用タックルが必要ですが、安い物でも十分に釣ることができます。

【仁淀川】で釣りをする時の注意点

『禁漁期間や区間などに注意しましょう』

アユ釣りやアマゴ釣りをする時には、禁漁期間や区間に気を付けましょう。

渓流の釣りは、この日からこの日はアマゴ釣りをしたらダメなどというルールが存在します。

ルールを知らずに釣りをしてしまうと罰則等がありますので、漁業組合などに確認するのがおすすめです。

問い合わせ先:仁淀川漁業組合

『川で遊ぶのは釣り人だけではありません』

仁淀川は大自然に囲まれている清流という事で、釣り以外のレジャーを楽しみに訪れる人も多数います。

特にラフティングやカヌーなど釣りをするフィールドに近い場所にもいますので、お互いルールを守って気持ちよく遊びましょう。

【仁淀川の釣り】おすすめの関連記事まとめ

>>アユの友釣り|基本動作を徹底解説

>>河川シーバス攻略|おすすめルアー15選

>>幻の巨大魚アカメ|釣り方紹介と実際に釣った経験談

>>ランカーヒラスズキ|川ヒラスズキパターンのご紹介

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる