リール1台でいろんな釣りする方法!「番手とスプールに注目です」

釣りのいろいろ
スポンサーリンク

今回は、リール1台で身近な釣りをなんでもこなす方法をご紹介

リールをたくさん買えないけど、色んな釣りがしたい人や、今から釣りを始めようと思っているけど、どんなリールを買えばわからないという方は是非参考にしてみてください。

釣りは対象魚や釣り方に応じてリールを変えなくてはいけない

f:id:keeemura:20210819074009j:image

釣りというと、アジやイワシなどの小魚から、ブリやヒラマサ、マグロなど大型魚まで様々なターゲットがいます。

そのターゲットに合わせて、リールを用意するのが理想であり、アジング用のリールでマグロは釣れませんし、マグロ用のリールでアジングもできません。

本来、快適に狙いのターゲットを釣ろうと思えば、狙いのターゲットに応じたリールを買うのが理想です。

何台もリールは変えないのが現実

f:id:keeemura:20210819074104j:image

狙いのターゲットに応じたリールを買うのが理想と言いましたが、何台もリールを買えないのが現実です。

最近のリールは性能も良い分、価格も高くなっているので、ある程度のクラスのリールを2.3台買うとすぐに5万円10万円と財布に大ダメージを与えてきます。

リール1台で色んな釣りが出来たら良いのに!

f:id:keeemura:20210819074151j:image

色んな釣りがしたい!だけど、リールを何台も買う余裕もない…

そんな時、「リール1台で色んな釣りが出来たら良いのに…」と思いますよね。

その願望、叶えることが出来る方法があります。

それが2500番手のリールを買って、替えスプールをいくつか持つ方法です。

詳しく説明していきます。

「番手は2500番手がおすすめ」

f:id:keeemura:20210825062926j:image

まずは、リールの大きさ。

リールの大きさは、〇〇番手という言い方で表しますが、例えばアジングやメバリングなど小さなワームやルアーを扱う釣りであれば、1000番手という小さなリールを使います。

逆に船からマグロを狙ったりする場合は、30000番手という超大型のリールを使います。

さすがに、アジからマグロまでをカバーする方法はありませんが、一般的に身近な釣りを全てカバー出来るリールが2500番手という事です

身近な釣りとは、「堤防からのアジング~河口域でのチニング~堤防や河川でのシーバス~堤防でのロックフィッシュゲーム~池やダムでのバス釣り」この辺の事を言います。

もちろん、堤防からのタチウオワインドや、エサを使ったチョイ投げ釣り、サビキ釣りでもOK。

なぜ、2500番手がおすすめかというと、身近な釣りで使うリールの大きさの丁度真ん中の大きさだからです。

ここで、だいたい推奨されるリールの大きさを「対象魚」「釣り方」から見ていきましょう。

アジ、メバル :ルアー  1000番手 2000番手
ブラックバス:ルアー   2000番手 2500番手
ロックフィッシュ:ルアー 2500番手
チヌ:ルアー       2500番手、C3000番手
シーバス:ルアー     C3000番手、3000番手 4000番手


このことから、2500番手は、ちょうど真ん中に位置している事がわかります。

2500番手から離れているアジングやシーバスをストレスなく楽しめるかというと、少し大きかったり、少し頼りなかったりしますが、十分に釣りは出来る程度です。

2500番手は有能です。

「替えスプールを用意する」

f:id:keeemura:20210825062938j:image

リールの大きさは2500番手を用意すれば、身近な釣りに対応できることがわかりました。

しかし、それだけでは快適に色んな釣りができません。

そこで、用意するのが「替えスプール」です。

スプールというと、糸を巻くパーツの事をいいますが、スプールをいくつか用意して、対象魚に合わせて糸を変えてやれば1台のリールで快適に釣りが楽しめます

ここで「シマノ ツインパワー2500」を例に見ていきます。

f:id:keeemura:20210825063234j:image
出典:シマノカスタマーセンターHP

「シマノ ツインパワー2500」の取扱説明書にはそれぞれ推奨のライン号数が書かれていますが、3つスプールを用意して「PEライン 0.6号」「PEライン 0.8号」「フロロカーボンライン 1.5号」をそれぞれ巻けば、身近な釣りには全て対応できます。

「PEライン0.6号」

アジング・メバリング

「PEライン 0.8号」

シーバス チヌ ロックフィッシュ

「フロロカーボンライン 1.5号」

ブラックバス

この様に、1台のスプールで多くの役割を果たせます。

替えスプールは、本体を買うのに比べると安く手に入ります。

例:20ツインパワー2500S 本体価格:44,000円
  替えスプール1個:8700円

もし購入する場合は、最寄りの釣具店に問い合わせをすると取り寄せ可能です。

リール1台で身近な釣りは何でも楽しめる!

f:id:keeemura:20210819074301j:image

釣りは、対象魚に合わせてリールを用意するのが理想です。

ただ、必ずそうしないと釣れないのかというと、そうではありません。

工夫次第では、リール1台で身近な釣りが全て楽しめます。

リールをたくさん買えないけど、色んな釣りがしたい人や、今から釣りを始めようと思っているけど、どんなリールを買えばわからないという方は、「2500番手」と「替えスプール」を是非試してみてください。

関連のおすすめ記事はこちら!

釣りのいろいろ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

小学生の時から大人になるまで趣味はずっと釣り。怪魚から小魚まで魚釣りであれば何でもします。日本全国で釣りをしており、今では妻を釣りの世界へどっぷり浸からせ中。(笑)
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリブログ
タイトルとURLをコピーしました