釣行レポートvol.1『初夏の野池をトップ&カバー撃ちで攻略!小バス爆釣』

釣行レポートvol.1『初夏の野池をトップ&カバー撃ちで攻略!小バス爆釣』

釣行レポートでは、釣れたルアーや方法・雰囲気を出来るだけわかりやすく、読んで頂いている人が見て、イメージしやすい様に書いていきます。
記念すべき第一回目は、私の大好きな【野池のバス釣り】です。
野池はストラクチャーも多く、小技を多用する場所もあり、いろんなルアーを試せる飽きない釣り場です。
そんなナイスな野池のバス釣り釣行レポートを見てきましょう。

今回のフィールド【兵庫県内のとある野池】

f:id:keeemura:20200706155445j:image
野池と一言にいっても、山間の野池や街中にある皿池など様々ですが、今回は兵庫県の山間にある山上型野池です。
このような山上型野池は、足場はあまりよくないですが、地形の変化やオーバーハングなど、とにかくバスがつきそうな変化がいっぱいで楽しいんです。
そんな変化をトップとカバー撃ちで攻めていきます。

今回のコンセプト【トップ&カバー撃ち】

f:id:keeemura:20200706155506j:image
バス釣りに行く際、誰しも『このルアーで釣ってやる』というコンセプトがあると思います。
そんな今回のコンセプトは【トップ&カバー撃ちで攻めの釣りをする】です。
夏の野池だからこその虫パターンや、野池に多く存在するブッシュなどを撃っていってバスを釣り上げます。

【テキサスのカバー撃ちで早々ヒット!】

f:id:keeemura:20200706155703j:image
野池について、まず出迎えてくれるのがこじんまりとしたカバー。
小さなカバーでもバスの着き場となるので、かならずチェックしましょう。
そして丁寧にカバーを撃っていくと釣果がついてきます!

f:id:keeemura:20200706155719j:image

7gのシンカーにザリガニワームを付けたテキサスリグをカバーに打ち込んで、着底後1アクション目であたりました。
25センチにも満たない小バスですが、ゴツンとあたる感触は気持ちいい!

※テキサスリグの早合わせは禁物。アタリがあれば一呼吸おいて思いっきりフッキングしましょう。

【オーバーハングをトップで狙うと…】

f:id:keeemura:20200706155858j:image
山上型野池に必ずあるのが、木が水面に覆いかぶさったオーバーハングです。
オーバーハングは、日陰となる為、バスが着く超一級ポイント。
その上、夏場前後は木から虫が落ちる為、それを狙った食い気満々のバスもいるのでトップへの反応も良し。
木から落ちたセミなどの虫をイメージしてノイジー系ルアーでねちねちと水面を攻めると…

f:id:keeemura:20200706155915j:image

出ました!
着水後、ネチネチともがく虫の様にアクションさせていると、【バシュっ】と水面を割って捕食する音と同時に竿先に重みがのります。
やっぱりトップで釣りとエキサイティングで楽しい!

丁寧にオーバーハングを撃っていき、トップで連発しました。
ただ、サイズが小さい…
もっと大きなバスが釣りたい…

【バックスライドは対岸カバー撃ちの最強ルアー】

f:id:keeemura:20200706160200j:image
虫を意識していたバスは小型ばかりであったので、大型はカバーにいるんじゃないかと思い、足場の対岸のカバー撃ちをしていくことに。
対岸のカバーにテキサスを撃っていくのでも良いですが、もっと楽にそしてスローに誘いたい…ということでバックスライド系ワームでカバーを撃ちます。
バックスライド系ワームは、名前の通り後ろにスライドするワームです。
カバーの手前に投げて、糸を送り込んでいけば勝手にカバーの中へ入っていってくれる優れもの。
対岸のカバーへバックスライド系ワームを送り込んでいくと…

f:id:keeemura:20200706160119j:image
出ました。
この日最大の32cmのバス!
少しだけですがサイズアップが出来ました。

そしてこのパターンがはまり、小バスが爆釣。
サイズアップを狙ってカバー内をしたのに小バスばかり。
アタリがあるのは楽しいけど、サイズが小さいのでちょっと複雑な気分。
でも、対岸のカバー攻めは、飛距離も稼げてカバーに自動で入ってくれるバックスライド系ワームが最強です。

Advertisement

【今回の釣行レポート】

f:id:keeemura:20200706160316j:image
今回の釣行を一言でまとめると『大自然の中、野池のバス釣りは楽しい!』です。
サイズこそいまいちであったものの、午前中だけの釣行でキャッチしたバスは15匹以上。
それも、トップやカバー撃ちなど攻めの釣りで爆釣できなので非常に楽しい釣行となりました。
バス釣りは野池に限らずですが、その日その場所のバスの着き場と食わせ方を見つけるのが本当に楽しいです。

【今回の釣行で活躍したルアー】

『スパイニークロー』


デプス スパイニークロー 4inch deps SPINY CRAW 【1】

テキサスリグで使用。
大きな爪と全身にまとったリブでフォール中はもちろんのこと、底でステイ中もバスにアピールします。
テキサスリグのワームは必ずこれを使用するといっても過言ではないおすすめルアーです。

『ポンパドールjr』

オーバーハングのトップゲームで使用したノイジー系ルアー。
巻いてくるとポコポコと音を立てながらバスにアピール。
虫パターンでは最強です。
なお、フックはフェザーフックに変えるとなお良しです。

『ボムスライド』

対岸のカバーをバックスライドで攻めた時に使用したワーム。
バックスライドするように重心が設定されており、飛距離も稼げます。
4インチに少しの扁平ボディでボリュームは多少大きめに見えるかもしれませんが、小型のバスでも大口開けてくらいついてきます。

Advertisement

【今回の使用タックル】

1本目:トップ・バックスライドで使用

ロッド:ポイズンアルティマ1610M
リール:19アンタレスHG右
ライン:フロロカーボン12ポンド

2本目:テキサスリグで使用

ロッド:エクスプライド172MH
リール:06アンタレスDC右
ライン:フロロカーボン16ポンド

Advertisement

【バス釣りに関する記事】

他にもバス釣りに関する記事がありますので是非ご覧ください。

もっとバスを釣る!『バスフィッシング』フィールド別攻略法

【バス釣りの準備&基本編】バス釣りのタックルやルアー・ワームでの釣り方を教えます。

ブラックバスをもっと釣る為のシーズナルパターン&ルアーを使った季節別の釣り方

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

K村夫婦でした⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。