5分でわかる『チヌ・キビレゲーム』の釣り方とオススメルアーをご紹介。

チヌ
スポンサーリンク

チヌ・キビレと言えば、どの釣り場に行っても専門で狙っている人がいて、その釣り方も多彩な超人気ターゲット。

今回は、そんなチヌ・キビレをルアーで釣る『チヌ・キビレゲーム』の釣り方とオススメルアーをご紹介します。

『チヌ・キビレゲーム』はいつ・どこでやればいいの?

【場所】

f:id:keeemura:20201125163716j:image

チヌ・キビレゲームが楽しめる場所と言えば、河口や港湾部の浅いエリアが主なフィールドです。

水深2mくらいまでがベスト。

浅いエリアをチヌが泳いでいる姿を見つけたらチャンスです。

【時期】

ハイシーズンは5月から9月ごろ。

ただ、1月2月の厳冬期を除けばハイシーズンには劣りますが、ほかの月でも十分に狙うことは可能です。

【時間】

時間はデイでもナイトでも、どちらでも楽しめます。

ただ、ナイトのほうが難易度は低くなります。

チヌはエサをじーっと見て食べるので、デイであればルアーだと見切られて食ってくれないことが多々あります。

また、デイであれば人間の存在も気づかれやすいので、ナイトでやるのがおすすめです。

『チヌ・キビレゲーム』の釣り方

f:id:keeemura:20201125163801j:image

このチヌ・キビレゲームの釣り方はめちゃくちゃ簡単。

ルアーをキャストしたら、着底させてあとは、ズルズルと底を這わせながら巻いてくるだけ。

ルアーが底に当たるコツコツを感じながら巻いてきます。

それに加えて、たまにリフト&フォールさせるのも有効です。

スポンサーリンク

『チヌ・キビレゲーム』のタックル

近年、チヌをルアーで狙う専用のロッドなどが出ていますが、シーバスタックルやエギングタックルで十分です。

特別新しく買う必要はありません。

ここではシーバスでもチヌゲームでも使えるタックルのご紹介をします。

【ロッド】

シーバスタックルでもチヌゲームと兼用するなら柔らかめがおすすめ。

MLくらいがベストです。

【リール】

リールはシーバスのスタンダートモデルでOK。

だいたいC3000から3000くらいが使いやすくておすすめです。

【ライン】

メインラインはPEの0.8号を使います。

慎重なやり取りをするのであれば0.6号でもOK。

【リーダー】

リーダーは必ず付けましょう。

チヌゲームは基本的に底にズルズルと這わせる釣りなので、チヌが掛かった後に、底の岩などの障害物にすられる可能性があります。

その為、根ずれに強いフロロカーボン素材で14lbくらいを使います。

『チヌ・キビレゲーム』のルアーの選び方

【チヌ専用ルアー】

f:id:keeemura:20201125165334j:image

各メーカーから発売されているチヌゲーム専用ルアー。

チヌゲーム専用ルアーは、水中での比重が軽くなるように作られているので根掛かりしづらいのが特徴。

フックには好みのトレーラーを付けて使うのが一般的です。

デイゲームでもナイトゲームでも使えるので、チヌゲームをするのであれば用意したいルアーです。

【ジグヘッド】

f:id:keeemura:20201125165344j:image

ジグヘッドもチヌゲームで使えます。

根魚用やバス用などいろいろ売っているので、種類が豊富で入手しやすいですが、根掛かりが非常に多くなるのが難点。

ナイトゲームで使うのが基本です。

【テキサスリグ】

f:id:keeemura:20201125165351j:image

フィールドが岩だらけ、障害物だらけ、であればおすすめのリグ。

ボリュームのあるワームをセットしたり、ほかのルアーよりも遠投できるのが特徴。

バレットシンカーとオフセットフックを用意する必要がありますが、遠投して広範囲を探りたいときはおすすめです。

デイゲームでもナイトゲームでも使えます。

【直リグ】

f:id:keeemura:20201125165425j:image

オフセットフックに垂直のオモリがセットになったリグです。

根掛かりがしにくく、遠投もできますし、正直チヌゲームで一番オススメのリグ。

デイゲームでもナイトゲームでも使える万能ルアーです。

『チヌ・キビレゲーム』にオススメのワーム

【パワークラブ】

マルキューから発売されている生分解性のエサ。

名目上はエサですが、ワームと同じ使い方が出来る優れもの。

そして、もはやチヌのエサと思うくらいの釣れっぷり。

私自身チヌゲームで必要不可欠になっています。

【パワーホッグ】

言わずと知れた名作ワーム。

とりあえず、チヌ用ワームを買うのであればパワーホッグを買うことをおすすめします。

投げてゆっくり巻くだけで、手足がバタバタして、匂いと味で食わせます。

実績はピカイチ。

【チャンクロー 2.8】

ここ最近でよく釣れるなーと思うチヌワームです。

特にナイトゲームで水が濁っているときには、この大きな爪でアピールしてくるのでよく釣れます。

テキサスや直リグで使うのがおすすめです。

『チヌ・キビレゲーム』で使うワームのカラーチョイス

f:id:keeemura:20201125165435j:image

ワームを買うとき、いろんなカラーがありすぎて迷うことがあると思います。

だからと言ってすべてのカラーを買うわけにもいきませんし、どうしよかなーと思っている人もいるはず。

そんな方へ、参考になればと思いますが、チヌゲームで使うワームのカラーは基本レッドがおすすめ。

大きなチヌから小さなチヌまでレッドカラーのワームはよくアタリます。

ただ、その中でも特にサイズを狙うのであればブラックベースのカラーを使うのが良いです。

私の中で、ブラックを使うと高確率で良いサイズが出ています。

スポンサーリンク

5分でわかる『チヌ・キビレゲーム』の釣り方とオススメルアーをご紹介。まとめ

f:id:keeemura:20201125163953j:image

特に道具も買いそろえる必要がなく、今あるタックルで始められるのがチヌ・キビレゲームです。

ルアーを使って、食わせるという楽しみに加えて、チヌは独特の叩く引きで釣り人を楽しませてくれます。

是非、手軽に始めれるチヌ・キビレゲームにチャレンジしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

タイトルとURLをコピーしました