【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣り入門。釣り方やタックルなどご紹介。

【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣り入門。釣り方やタックルなどご紹介。

エビ撒き釣りとは、特に関西の瀬戸内地区でシーバスやチヌを狙う時に人気な釣り方です。
身近な堤防で、日中に大型のシーバスやチヌが釣れたり、数も狙えることから、初心者の方でも気軽に釣りの醍醐味を楽しめる釣り方です。

【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣りとは?

f:id:keeemura:20200304195519j:image

エビ撒き釣りとは、簡単に説明すると、活きたエビを撒いて、魚を寄せてから釣るという釣り方であり、関西方面では古くから親しまれてきた釣り方です。
生きたエビを用意する必要はありますが、生きたエビというこれ以上ないエサを撒いて魚を寄せる為、小型の魚はもちろん、大型の魚も寄って来て、釣れやすい状況を自ら作り出すという理にかなった釣り方です。
釣りやすい状況を作り出すので、魚も比較的容易にエサを食べるようになるので初心者の方にもおすすめの釣り方です。
また、近年では関西にとどまらず、全国的にも有効な釣り方として知られてきました。

シーバス(スズキ)狙いが特に人気

f:id:keeemura:20200304195609j:image

エビ撒き釣りで特に狙われている魚がシーバス(スズキ)です。
日中はエサを食わせるのが難しい大型のシーバスでも、エサが撒かれて食べやすい状況にある為、釣れやすくなります。
エビ撒き釣りは、日中でも大物の捕食スイッチを入れてくれます。

Advertisement

【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣りが有効なポイント

【外洋に面した防波堤など】

f:id:keeemura:20200304200942j:image

大型のシーバスやチヌ、乗っ込みのチヌを狙うのであれば、外洋に面した堤防がおすすめです。
外洋に面しているのに加えて、テトラポッドなんどのストラクチャーがあれば、なお良し。
外洋に面していれば、潮通しもよく、活性が高い魚の群れが回遊してきたりするので、エビを撒いて足止めして数釣りも楽しめます。

【漁港や防波堤の内側】

f:id:keeemura:20200304200950j:image

シーバスやチヌは、漁港や防波堤の内側へもよく回遊してきます。
外洋側が荒れているときや、回遊が無い時には、内側に溜まっていることもあるので、状況を見極めてポイントに入りましょう。
内側でエビ撒き釣りをする時は、堤防の壁きわや底付近を丁寧に探っていけば、釣果につながります。

Advertisement

【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣りに使うタックル

エビ撒き釣りには、1.5号ほどの磯竿と小型スピニングリールのタックルで十分です。
基本的にはシーバスもチヌも中型くらいが主に釣れるサイズなので、大型に合わせたタックルを用意する必要はありません。
大型が掛かった時は、磯竿のしなりを利用して、弱らせてから上げるようにします。
また、ラインについて、エビ撒き釣りはウキを使う釣りなので、水に浮くナイロンラインの2号前後が基本です。
※ここでは入門編に適したタックルをご紹介しています。

ロッド
【シマノ】ホリデー磯

リール
【シマノ】FX(ナイロンライン付き)

【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣りの仕掛け

f:id:keeemura:20200304220925j:image

エビ撒き釣りの仕掛けは、ウキを使うのが一般的です。
エビをついばむ小さなアタリも取れるように感度の良いウキを使うとなお良しです。

仕掛けは、市販されているものを使うとすぐに釣りが始めれるので便利です。

また、その日によって魚がかかるタナは違いますので、アタリが無い場合は、こまめにタナを変えるのが重要です。

【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣りのエサ

f:id:keeemura:20200304194740j:image

エビ撒き釣りのエサで最もポピュラーであるのがシラサエビです。
シラサエビは主に琵琶湖産であるものが多いですが、輸入のシラサエビもあります。
多くの釣具店で取り扱っているので、心配な方は、購入を検討されている釣具店に問い合わせているのも良いです。
また、どのくらいの量を買うかはどの程度の時間釣りをするかによるので、これも釣り店で相談するのがベストです。
なお、シラサエビが無いお店や地域がありますが、ブツエビと呼ばれるエビでも代用可能です。

※エビ撒き釣りはエビの鮮度が命です。
エビを生かしておく、ぶくぶく付きのクーラーが必要です。

【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣りの釣り方

f:id:keeemura:20200304220836j:image

エビ撒き釣りの手順①
潮の流れを確認し、狙ったポイントにエサが流れるように仕掛けを投入します。
仕掛けが全て着水したら、糸ふけをとります。

エビ撒き釣りの手順②
糸ふけをとり、ウキが起き上がってくるのと同時くらいに、仕掛け周りにエビを上から巻きます。
針に付けたエビの周りに、撒いたエビが降ってくるイメージです。

エビ撒き釣りの手順③
エビを撒いて、仕掛けがなじんだら、仕掛けを軽く手前に引いて、ラインを張らず緩めずの状態にし、アタリがあった時に次の動作がしやすい様にしておきます。

エビ撒き釣りの手順④
アタリが無い場合は、仕掛けを軽く引いて、エビを強制的に動かすようにして魚へアピールしましょう。
また、エビ撒き釣りはエビの活きの良さが非常に重要なので、こまめに付けエサをけるようにしましょう。

Advertisement

【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣りのエビの巻き方

f:id:keeemura:20200304220856j:image

【ストラクチャーがあるポイント】
テトラポッドや沈み根など、釣り場に何かしらのストラクチャーがある場所では、そのストラクチャー周辺が絶好のポイントになります。
その為、エビは上から撒くだけにし、撒いたエビが逃げ込む場所を重点的に探れるように仕掛けを投入しましょう。
ストラクチャーが多いポイントは、居付きの魚がいるだけではなく、外から回遊して来た魚が付く事もあるので、最も狙いたいポイントです。

【ストラクチャーが無いポイント】
ストラクチャーがないポイントでは、エビを撒いて自分でポイントを作り出すしかありません。
居付きの魚は期待できないので、回遊してくる魚をエビで足止めし、釣っていきましょう。
この場合は、カゴにエビを入れて底付近でエビを撒いてポイントを作っていくと良いです。

【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣りのワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20200304195713j:image

釣れない時は底付近を重点的に狙う!
エビを撒いても撒いても一向にアタリが無いときがあります。
そんな時、もしかしたら、タナが浅すぎるか、魚の活性がすごく低いかなどが考えられます。
タナは幅広く探る必要がありますが、釣れない場合は、底付近を重点的に探っていくと魚からの反応が得やすいです。

【堤防でシーバス・チヌを釣る】エビ撒き釣りであなたも大物をゲットしよう!

f:id:keeemura:20200304195802p:image

身近な堤防で大型のシーバスやチヌが狙えたり、数釣りが期待できるエビ撒き釣り。
道具をそろえれば、初心者でも比較的容易に釣ることができますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。