【もうエサは買わなくても良い!】本物のエサにも負けないワーム7選

アジ
スポンサーリンク

今回は【本物のエサにも負けないワーム7選】と題して、実際に使って本物のエサと同じくらい釣れる!と感じた7つのワームをご紹介。

そのワームで何が釣れるのかもご紹介するので是非チェックしてください。

ガルプ「サンドワーム2インチ」

言わずとしれた名ワーム、ガルプの「サンドワームシリーズ」です。

私が知る中では、エキスに浸けて味や匂いを染みこませるというワームはこれが初めです。

エキスが染み込みやすい素材で、見た目はまるで虫エサ。

小さな足が何本もついており、虫エサ感を増しています。

実際にジグヘッドに付けてチヌやメバル・アジ・シーバス・キス・根魚・ソゲ(ヒラメの幼魚)・などなど多くの魚を釣りました。

ただ、独自のエキスは何とも言えないクサさです(笑)

釣れるから良しとしましょう。

マルキュー「パワーイソメ」

大手釣り餌メーカーから発売されている「パワーイソメ」も本物のエサに負けず劣らずよく釣れます。

ワームというか、人工エサという仲間に含まれますが、ワームの様に保存・使用可能。

マルキュー独自のエキスに浸かっており、味と匂いが魚に口を使わせます。

見た目は、アオイソメそっくりで、ちぎって細かくしながらも使えます。

ジグヘッドに付けるもよし、チョイ投げの針に付けるも良しです。

実際に、シーバスやキス・チヌ・根魚・コチ・ハゼ・アジ・メバルなど言い切れないほどの魚を釣らせて貰いました。
 

マルキュー「パワークラブ」

「パワークラブ」も大手釣り餌メーカーであるマルキューより発売されている人工エサと呼ばれるタイプのものです。

パワーイソメ同様に、ワームと同じように使用・保存可能で本物のカニ並みに釣れます。

特にチヌと根魚には無類の強さを発揮し、使い勝手と釣果を総合的にみると本物のカニより良いんじゃない?と感じさせられるほど(笑)

チニングやロックフィッシュゲームで大活躍です。

エコギア「活アジ」

アジングやメバリングでかなり釣らせてもらっているのが「活アジ」シリーズです。

実際、めちゃくちゃ信頼していてライトゲームの際は必ず持って行くのですが、こんな事がありました。

エビ撒き釣りで「メバル」を狙うも全然釣れない…

試しに「活アジ」を投げてみると、ガンガン釣れる…メバルだけでなくアジもガンガン釣れる…
エサより全然釣れるやんけー!

という様な事が何度もあります(笑)

エコギア独自のエキスに浸かっていて味や匂いは抜群。

その上、吸い込みやすそうなプルプル感と形。

ライトゲームの大エースです。

過去には、アジやメバルだけでなく、カマスや根魚、40cmくらいのヒラメまで釣れました。

ガルプ アライブ「ベビーサーディン2インチ」

またまたガルプからですが、やはりエキスに漬け込み系は釣れます。

主にアジングやメバリングで使用されるワームですが、メッキやカマスなどライトゲームでは大活躍します。

よくこんな話を聞きます。

「周りは全く釣れてないのに、ベビーサーディンを使っている自分だけ釣れた。」

確かに、アタリが渋い時でもベビーサーディンを使えば、本気食いしてきてアジが連発したという事は多々あります。

恐らく、味と匂いでアジが本当にエサだと思って食ってきたのでしょう。

かなりおすすめです。

 コアマン「VJシリーズ」

世間ではシーバスのエサと言われているルアーがコアマン「VJシリーズ」です。

現在、その釣れっぷりから全く手に入らず、売っていたとしても定価よりも高いような状況ですが、その実力は本物で、何も考えずにピュッと投げて巻くだけでシーバスが釣れちゃいます。

控えめにバイブレーションするヘッドと、絶妙な波動を起こすワーム(アルカリシャッド)の組み合わせにより、スレているシーバスにも口を使わせます。

私の周りでは、VJで釣るのはズルいからダメとなるくらい釣れました。(笑)

シーバスだけでなく、青物系やヒラメ・マゴチ・チヌなどフィッシュイーターであれば何にでも効果抜群です。

もはやフィッシュイーターのエサです。
 

ゲーリーヤマモト「ヤマセンコー」

最後はバス用ワームですが、置いておくだけで良型ブラックバスを何匹も釣ったことがあるので入れました。

対象魚はブラックバスに限りますが、ピュッと投げて置いて竿を見ながらおにぎりでも食べているとアタリがあります。

これは過去に何回もあったので、本気でエサと感じました。(笑)

バスがなかなか釣れない方は、ヤマセンコーを買ってみるのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました