【奈良】ランカーバスの聖地|池原ダムの釣り場情報

奈良県の山間に位置する池原ダムは風光明媚な景色の中、ロクマルを超えるバスが狙えるので、バスアングラーにとってあこがれの場所です。

今回は、そんな池原ダムの釣り場情報をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!

池原ダムのブラックバス釣りについて知りたい

目次

釣り場としての池原ダム

f:id:keeemura:20200610211441j:image

池原ダム(池原貯水池)は、奈良県吉野郡にある日本でも最大級の大型ダム。

日本記録のブラックバスが釣れた !

ランカーバスを釣るなら池原だ!

と有名になり、今ではランカーバスの聖地と呼ばれています。

また、水質は極めてクリアであり、立ち木や岩場などの障害物も豊富でブラックバス以外の魚たちにとっても非常に良い環境です。

池原ダムでブラックバスを釣るシーズンについて

f:id:keeemura:20200610211506j:image

池原ダムのブラックバスは1年中狙う事が可能ですが、最も大型が期待できる時期が産卵期の4月から6月頃です。

また、初心者の方でも簡単に狙える時期は5月下旬から9月ころまで。

秋は過ごしやすい気候になり、バスも活発にエサを追うので様々なルアーでバス釣りが楽しめるシーズンです。

池原ダムのブラックバスを釣る戦略

f:id:keeemura:20200610211840j:image

池原ダムでバス釣りをするときは、ほとんどがボートからの釣りになります。

水が非常にクリアなので、バスに気づかれないように立ち振る舞う事が重要。

釣り人が多くプレッシャーの高い時期は、バスに余計なプレッシャーを与えないことが釣果へ結びつきます。

ブラックバス釣りについての記事

f:id:keeemura:20200610212024j:image

ブラックバス釣りについては、他の記事にて『ブラックバスを釣る為の準備』から『おすすめのワーム』や『季節別のブラックバスの狙い方』などをご紹介していますので是非ご覧ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる