磯のヒラスズキゲーム!釣り人憧れの魚『ヒラスズキ』の釣り方やタックルをご紹介。

磯のヒラスズキゲーム!釣り人憧れの魚『ヒラスズキ』の釣り方やタックルをご紹介。

ヒラスズキ、その魚は荒磯の王者とも呼ばれ、希少性の高い魚でもあります。

ヒラスズキを釣ろうと思うと、磯場を歩き、波が立つ危険な場所で竿を振り、魚の姿が見えるまではかなり過酷な釣りです。

しかし、ヒラスズキが1匹でもキャッチできると今までの苦労は忘れてその魚体の魅力にとらわれる。

今回は、そんなルアーマン憧れの魚『ヒラスズキ』の釣り方やタックルをご紹介します。

磯のヒラスズキゲーム『ヒラスズキとは?』

f:id:keeemura:20200415161549j:image

ヒラスズキとは、一般的なマルスズキによく似ていますが、名前の通り体高がマルスズキよりも広く、平たい体型をしており、頭に対して目が大きく、クリクリした目もヒラスズキの特徴ひとつです。

暖かい海を好み、主に外洋に面した暖流の影響を受ける沿岸沿いに棲息しています。

関西地区では和歌山県や三重県の紀伊半島沿い・関東地区では外房エリア・四国では徳島県や高知県沿岸沿い、九州は五島列島などに多く生息していると言われていますが、生態など不明な部分が多い魚といわれています。

そして食味もかなり美味しく、漁では捕れない魚なので高値で取引されることもあります。

Advertisement

磯のヒラスズキゲーム『荒れた日が狙い目』

f:id:keeemura:20200415161902j:image

ヒラスズキは、非常に警戒心の強い魚なので、普通の日ではなかなかルアーにアタックしてきてくれません。

その為、海が荒れて波が立ち、【サラシ】が出る荒れた日に狙うのが一般的です。

サラシが出れば、ヒラスズキの警戒心も少し薄れ、隠れている場所から出てきて積極的にエサを食べるようになります。

ヒラスズキ釣りの基本は【サラシ】を狙うことになるので【荒れた日】が狙い目です。

磯のヒラスズキゲーム『タックル』

EPSON MFP image

ヒラスズキを狙うタックルは、過酷な条件下でも使用可能なロッドとリールが必要です。

各メーカーから、磯でのハードなヒラスズキゲームを 想定したロッドやリールが発売されています。

今回はその中でも、実際に使っておすすめ出来る強靭なタックルをご紹介します。

【ロッド】

荒ぶる磯でビッグヒラスズキを掛けたとしても相手に主導権を握らせないパワーが売りです。

磯際では、出来るだけ飛距離が出て、波に飲み込まれないようにする為に10フィート以上の長さを使用するのがおすすめです。

【リール】

波しぶきが多くかかろうが、ヒラスズキとパワーゲームをしようが、つぶれないリールが必要です。

ツインパワーXDはそんな過酷な条件下でもしっかりと仕事をしてくれる堅牢なリールです。 

【ライン】

メインラインはPE1.5号前後を 使用フィールドや状況によって使い分けます。

ヒラスズキを掛けて、根に入られても持ちこたえられるように、リーダーは必ずつけるようにしましょう。

Advertisement

磯のヒラスズキゲーム『ルアー』

 ヒラスズキを狙うルアーといえば、ミノーが最も一般的です。

しかし、フィールドの形状や状況によってはバイブレーションやフローティングルアーが重宝することもあるので、数種類は用意したいところです。

今回は、各種おすすめのルアーをご紹介します。

『ミノー』

フローティングミノーが一般的です。

実績も高い間違いないミノーがショアラインシャイナーです。 

『バイブレーション』

ミノーよりも深いレンジを探りたいときに有効です。

足元まで急深な地形を探れたり、向かい風でも飛距離が望めたりすので必ず持っておきたいのがバイブレーション。

そんなバイブレーションの中でも立ち上がりが良く、飛距離がでるのがサルベージソリッドです。

『フローティングペンシル・ポッパー』

 魚が上ずっている時や、浅いサラシを狙う時などに重宝するのがフローティングペンシルやポッパーです。

いざという時のため、タックルボックスに一つや二つは入れておきたいルアーです。

磯のヒラスズキゲーム『狙うポイント』

EPSON MFP image

【沖の沈み根】

沖にある沈み根周りは、潮通しが良く、ヒラスズキも付きやすい好スポットです。

サラシが少ない日でも可能性のあるポイントです。

【急深地形の箇所】

足元が急に深くなっている場所は、ヒラスズキがついている可能性が高い。

サラシが出てそのサラシの中にエサを見つけるとすごい勢いでヒラスズキは出てきます。

サラシの具合を見ながらルアーを通してやるとヒットする確率アップです。

【潮通しの良い岬周辺】

岬状に張り出すスポットは、最もヒラスズキが付きやすいポイントのひとつです。

回遊してくるベイトを待っているヒラスズキがいれば食ってくる確率は高いです。

サラシが少ない日でもヒラスズキがついている可能性が高いので、必ずチェックしたポイントです。

『基本はサラシを狙う』

f:id:keeemura:20200415161923j:image

磯でヒラスズキを狙ううえで基本中の基本であるのが『サラシ』を狙う事です。

『サラシ』とは、波が磯に打ち付けられて泡状になり、海が白くなっている箇所の事を言い、この『サラシ』がヒラスズキの警戒心を薄めてくれてヒラスズキがルアーにアタックしやすくなります。

狙いところがわからない人は、まずは『サラシ』を狙うところから始めると良いでしょう。

Advertisement

磯のヒラスズキゲーム『掛けた魚を確実に獲る』

f:id:keeemura:20200415162223j:image

 磯でヒラスズキを掛けた際、ヒラスズキのトルクフルな引きにも苦労をしますが、いざという時に最も苦労するのが取り込みの時です。

波が強く打ち付ける磯場や足場が高い場所など、磯場は取り込みに適した場所が少ないものです。

ヒラスズキが掛かってから取り込む場所を探しているようでは遅いです。

掛けた魚を確実に獲るため、ルアーを投げる前、ポイントに着いた時など、ヒラスズキが掛かればどこで取り込むか迄を考えるようにしましょう。

磯のヒラスズキゲーム『安全を意識した3つの事』

f:id:keeemura:20200415162010p:image

『必ずライフジャケットを着用する』

磯場は本当に危険です。

特に危険なのが磯から落ちて落水したり、不意な波に飲み込まれたりした場合です。

荒れた海で人間の力は無力であり、すぐに沖に流されて命を落としてしまいます。

せめてもライフジャケットを付けていれば助かることも多々あるので、必ず着用しましょう。

※実際に磯場で落水したり、波に飲み込まれた経験がありますが、 命の危険を心底感じました。ライフジャケットを着ていなければどうなっていたのだろうと思う事もありました。

『波のパターンを読む』

波は一見すると、一定の間隔や大きさに見えますが、急に大きな波が来たり、波の間隔が変わったりします。

そんな波に注意をしていなければ不意の大波に体を持っていかれてしまいます。

その為、荒れた磯でヒラスズキを狙う時は、波にも気を張って釣りをするようにしましょう。

『潮位に注意する』

釣りに夢中になっていると、気づかないうちに潮が満ちていて来た道が戻れなくなってしまっているなんて事があります。

釣行前にはタイドグラフをしっかり確認し、潮位の変化に応じたポイント選択をしましょう。

タイドグラフはスマホのアプリやネットで調べればたくさん出てきますので、使いやすいものを見つけましょう。 

Advertisement

ヒラスズキは磯以外でも釣れる?

f:id:keeemura:20200415162033p:image

 ヒラスズキは磯で釣るのが一般的ですが、条件次第では川でも釣れるんです。

実際に川で80センチを超えるランカーヒラスズキを釣ったパターンを紹介しておりますので是非ご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。