【和歌山】枯木灘の釣り場情報 釣れる魚やポイントをご紹介

【和歌山】枯木灘の釣り場情報 釣れる魚やポイントをご紹介

枯木灘とは、夏の海水浴や和歌山の観光地で有名な和歌山県白浜町から本州最南端の潮岬までの海岸線約70キロの事をさします。

その枯木灘は、大小さまざまな磯が点在し、黒潮の影響も受けて多種多様な魚が泳ぎまわる一級の釣り場です。
今回は、そんな枯木灘の釣り場情報と釣れる魚やポイントをご紹介します。

釣り場としての【枯木灘】

f:id:keeemura:20200826225658j:image
枯木灘は、大小さまざまな磯が点在し、実績の高い釣り場が数多く存在します。
そのなかでも「江須崎」「見老津」「すさみ」「口和深」の4つのエリアは黒潮の恵みを受けて魚種が多く、魚影も濃いです。

磯釣りの定番ターゲットであるグレや荒磯の王者ヒラスズキや大型青物まで超人気ターゲットたちが目白押しの枯木灘は最高の釣り場です。

Advertisement

【枯木灘】で狙える主な魚

【グレ】

f:id:keeemura:20200826230058j:image
出典:ぼうずこんにゃくの市場魚介類図鑑

枯木灘の磯はグレ釣りがかなり人気です。
一般的に、夏は数釣りが出来て冬は一発大型狙いというイメージですが、近年では海水温の上昇からか冬場でも数が狙えるようになっています。

繊細なコマセワークでいかにエサを食わせるかというエサ釣りの中でも繊細でゲーム性の高い釣りであり、引きの強いターゲットなので、一度やり始めるとハマってしまう人が続出です。
浮きフカセ釣りで狙うのが一般的です。

【青物】

f:id:keeemura:20200826225306j:image

枯木灘では、ブリ・ヒラマサの両方が狙えます。
その引き味は強烈であり、特にヒラマサは根に突っ込む為、非常にスリリング。
カゴ釣りやショアジギングで狙うのが一般的。

なお、回遊魚の為、いつ仕掛けの届く範囲に近づいてくるかがわかりません。
その為、付近の渡船屋や釣具店などの釣果情報にアンテナを張っておくとよいでしょう。

【クエ】

f:id:keeemura:20200826230107j:image
出典:ぼうずこんにゃくの市場魚介類図鑑

クエは言わずと知れた超高級魚であり、滅多に釣れないターゲットなだけにクエを狙っている釣り人は、他の釣りに比べるとごくわずかです。

しかし、枯木灘はそんな幻のターゲットが狙えるフィールドであり、地域の名物にもなっています。
釣れるシーズンは、夏から秋で、大きい物ではメーターを超える超大物も狙えます。

【イシダイ】

f:id:keeemura:20200826230217j:image
出典:ぼうずこんにゃくの市場魚介類図鑑

枯木灘にてグレの次に人気のターゲットがイシダイです。
春と秋がメインシーズンであり、その時期になると磯には多くの底物師が竿を並べます。

置き竿スタイルで、一発大物を狙う事も可能であり、エサは主にウニ・サザエ・アカガイが使用されています。

【ヒラスズキ】

f:id:keeemura:20200826225354j:image

枯木灘沿いの磯場が少し荒れて、磯周りにサラシが出来るような状況であればヒラスズキのチャンス大です。
地磯をランガンし、丁寧にサラシを撃って行けば、荒磯の王者ヒラスズキに出会えるでしょう。

磯でトルクフルな引き味のヒラスズキとファイトするとそのスリルが病みつきになってしまいます。
なお、荒れた磯場は非常に危険ですので、無理な釣行は避け、必ずライフジャケットを着用するようにしましょう。

「ブダイ」

f:id:keeemura:20200826230117j:image
出典:ぼうずこんにゃくの市場魚介類図鑑

和歌山県では「イガミ」とも呼ばれるブダイは、和歌山県では高級魚として扱われています。
地磯からでも狙える魚であり、引き味もトルクフルで釣り人を楽しませてくれます。
枯木灘の磯で釣りをしていると大型のブダイを見かけることがよくあります。

「イサキ」

f:id:keeemura:20200826230122j:image
出典:ぼうずこんにゃくの市場魚介類図鑑

イサキはグレと同じく浮きフカセ釣りで狙う事ができます。
初夏が旬の魚であり、食味が抜群です。

付けエサに同調させながらコマセを巻いて食わせます。
群れに当たれば良型の連発も期待できます。

Advertisement

【枯木灘】渡船を使って良い磯を探す。

f:id:keeemura:20200826225738j:image
枯木灘の各釣り場にはいくつもの渡船屋があり、日替わりで磯割りを決めて営業しています。

そんな渡船屋は枯木灘沿いを走る国道42号線に大きな看板を出していたり、近くの釣具店にチラシが置いてあったりするのでそれを見て問い合わせてみるのも一つの手です。

また、ネットでも渡船店の磯割り表などが掲載されているサイトもあるので確認可能です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。