【徳島の釣り場】牟岐大島の釣り場情報 釣れる魚や釣り方をご紹介

【徳島の釣り場】牟岐大島の釣り場情報 釣れる魚や釣り方をご紹介

徳島県の南沖合に浮かぶ牟岐大島。

メジナやイサキの魚影が濃く、フカセ釣り師がしのぎを削る超有名フィールドです。

釣り場としての【牟岐大島】

f:id:keeemura:20200928213502j:image
出典:マルキュー

牟岐大島は磯の多さ、魚影の濃さともに徳島県内では随一。

古くから磯釣り道場とも呼ばれ、徳島県内の人間のみならず、県外からも多くのベテラン磯釣り師が訪れます。

釣り場は大きく、「表まわり」「裏まわり」「佐本まわり」「港まわり」と決められており、渡船で渡る際にくじ引きをして渡礁する磯を決めます。
 

Advertisement

【牟岐大島】で狙える主な魚

【グレ】

f:id:keeemura:20200928213028j:image
出典:ぼうずこんにゃくの市場魚介類図鑑

牟岐大島で一番人気のグレです。

ただ、連日攻め立てられていることからスレているグレが多い状況。

魚影は濃いのに釣るのが少し難しい状態という事で釣り師の腕が試されます。

「グレの釣り方」

グレを狙う場合、メインの付けエサは生のオキアミが多く使われています。
生のオキアミではエサ取りの猛攻に困るという時はボイルのオキアミを使用。
磯際からしっかりとコマセを流れに乗せて、付けエサはコマセに同調させて誘うようにするのがベストです。

【イサキ】

f:id:keeemura:20200928213045j:image
出典:ぼうずこんにゃくの市場魚介類図鑑

イサキは5.6月にベストシーズンを迎え、味も最高潮の時期です。

群れに当たれば連発も可能であり、引き味も楽しい魚なのでナイスターゲットです。

【イシダイ】

f:id:keeemura:20200928213119j:image
出典:ぼうずこんにゃくの市場魚介類図鑑

上物釣りが中心の牟岐大島では、底物であるイシダイは少しマイナーなターゲットですが、釣れる魚は60センチ以上の実績も多いことから、県外からも多くの底物師が訪れます。

「イシダイの釣り方」

イシダイ釣りで使われるエサは主にウニです。

主なポイントは、ノコギリ・電気・沖ソエ・ヤカタ・オオバエ・佐本のゴマなどが有望な磯となります。

【ヒラスズキ】

f:id:keeemura:20200928213200j:image
牟岐大島の磯場が少し荒れて、磯周りにサラシが出来るような状況であればヒラスズキが狙えます。
一回磯に渡ってしまえば、いろんな磯をランガンはできませんが、その分丁寧にサラシを撃って行けば、サラシで捕食待ちをしているヒラスズキに出会えるでしょう。

「磯でのヒラスズキの釣り方」

 磯でヒラスズキを釣る方法はこちらをご覧ください。

Advertisement

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。