【三重】鳥羽の釣り場情報 釣れる魚や釣り方をご紹介

今回は、三重県鳥羽の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介します。

目次

釣り場としての【鳥羽】

f:id:keeemura:20200807053416j:image

鳥羽の海は、チヌのカカリ釣りやカレイ・アイナメの釣り場として人気の釣り場として知られています。

鳥羽の北側には、木曽三川が流れ込む伊勢湾、南側には太平洋へと続く遠州灘があり、複雑な海岸線が続いています。

鳥羽で狙える主な魚

【チヌ】

f:id:keeemura:20200706160933j:image
チヌは、鳥羽に浮かぶイカダやカセで、掛かり釣りで狙うのが人気。

チヌ狙いにベストなシーズンは、大物が狙える乗っ込み時期である春と数釣りが楽しめる秋です。

特に春は50センチを超える年無しチヌも釣れるので非常に楽しいです。

【カレイ】

f:id:keeemura:20200806065850j:image

カレイは、鳥羽市街の堤防から投げ釣りで狙う事が出来ます。

鳥羽は、沖にある坂手島との間の水の通り道となり、潮が速い為、潮止まり前後を狙うのがおすすめ。

底が砂地のエリアを中心に探り、エサはマムシ・アオイソメを使うのが一般的です。

【アイナメ(その他根魚)】

f:id:keeemura:20200806070010j:image

鳥羽市では、40センチオーバーのアイナメを狙う事が出来ます。

釣り方は投げ釣りで、エサはカレイと同じマムシやアオイソメを使用します。

岩礁帯を中心に狙う事が釣果のカギです。

鳥羽で釣りをする際の注意点

f:id:keeemura:20200706161008p:image
【鳥羽の海は根掛かりしやすい】

鳥羽周辺の海は、海底が複雑で潮の流れも速いため、根掛かりが多い場所でもあります。

海底が複雑な分、魚の隠れる場所も多いという事なので喜ばしい事ですが、釣り人からすると少しやっかい。

特に岩礁帯を狙う時の釣りでは、針の本数を少なくするなどして根掛かり対策をするのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる