【投げ釣り】堤防からカレイを釣る方法・タックルをシンプルにご紹介。

魚の種類別釣り方紹介

今回は、堤防から投げ釣りでカレイを釣る方法とタックルをわかりやすくご紹介します。

日本各地の身近な堤防でも十分狙えるので、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

堤防からカレイを釣る仕掛けとタックル

【仕掛け】

f:id:keeemura:20200330222607j:image

仕掛けは、天秤(オモリ)の先に、1mほどの幹糸に2.3本の枝スがついた仕掛を使用するのが一般的。

なお、天秤(オモリ)と仕掛けがセットになっている物を買えば、すぐに使えて便利です

【タックル】

ロッド

価格は、他の投げ竿に比べ安価ですが、十分な飛距離と爽快な投げ心地です。

投げ釣りを始めるなら、まずはこれで十分です。

リール

シマノの投げ釣りエントリーモデルのリールです。

カレイ釣りに十分な飛距離も出る為、コストパフォーマンスの良いリールです。

竿立て

カレイの投げ釣りは、仕掛けを投入すれば、あとは基本待つだけです。

その際、ずっと竿を持つことも出来ないので、竿を立てる竿立てが必需品です。

堤防からカレイを釣るエサ

f:id:keeemura:20200326161534j:image

エサは、安価で手に入るアオイソメを使うのがおすすめ。

アオイソメの頭に針を掛けて、3~5匹ほど房掛けしましょう。

堤防からカレイを釣るポイント選びとベストシーズン

f:id:keeemura:20200330222656j:image

・ カレイは砂地の魚なので、底が砂や泥の場所がポイント。

・カレイは 産卵をする為に浅瀬へ接岸する。

・ 産卵前は、エサを積極的に食べる。

・ 産卵直前や産卵中は、汽水域を好むため、砂地の河口などが良いポイント。

・ 産卵後は、体力回復の為、荒食いをするので、砂浜や砂地の堤防がねらい目。

このことから、堤防からカレイを釣るには、「 産卵に絡む冬から春 ・砂地の浅場」がカレイを釣るシーズンとポイントになります。

スポンサーリンク

堤防からカレイを釣る釣り方

f:id:keeemura:20200330222804j:image

堤防からカレイを釣る時、特別な誘い方は必要ありません。

どちらかというと、ポイントに仕掛けを投入したら、あとはじっと待つというのが基本。

ただ、ずっと待っていても釣れない時も多いので、10分に1回ほど、竿をあおって仕掛けを動かしましょう。

じっくり待って釣れたカレイは格別

f:id:keeemura:20200326161553j:image

カレイ釣りは待ちの釣りですが、アタリがあるかドキドキしたり、意外とおもしろい釣りです。

寒い時期に狙うので、辛いこともありますが、防寒対策をしっかり行い、食べて美味しいカレイを堤防から狙いましょう。

タイトルとURLをコピーしました