大きい根魚釣りたい人は見てください!実際に尺根魚を釣ったワーム3選のご紹介。

釣りのいろいろ

今回は、実際に私が30cmを超える根魚を釣ることができた信頼できるワームを3つご紹介します。

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

尺根魚を釣ったワーム1.「パワークラブ」

f:id:keeemura:20210728215551j:image

まずは、マルキュー「パワークラブ」です。

釣り餌メーカーのマルキューが作っている生分解性の「人工エサ」ですが、ワーム同様に使えるのが特徴。

f:id:keeemura:20210728215601j:image

パワークラブが釣れる2つの理由

根魚が大好きなリアルなカニのフォルム

マルキューが開発したエキスで集魚力と食わせ力が抜群

写真の通り、見た目はカニ!

根魚は甲殻類が大好きであり、もちろんカニも大好物。

大きい根魚ほど、効率よくお腹がいっぱいになるカニが好きという事も言われています。

f:id:keeemura:20210728215616j:image

そして、マルキューのエキスが染みこんでいて、集魚力と食わせ力は抜群!

根魚以外にもチヌやシーバスでも実績が多数あります。

f:id:keeemura:20210728215651j:image

根魚は、目の前の物に対して食ってきますが、大型の根魚は意外とシビアな時があり、簡単に食わない時がありますが、パワークラブであれば、食わせる確率はグンとあがります。

普段、「クロー系ワーム」で根魚を狙っているけど、釣果が出ていない人こそパワークラブを使ってみてください。

尺根魚を釣ったワーム2.「プニイカ」

f:id:keeemura:20210728214608j:image

ルミカより発売されている「プニイカ」シリーズです。

かなりソフトな素材で、水中をフワフワと泳ぐ小イカをイメージできるのが特徴。

f:id:keeemura:20210728214846j:image

プニイカが釣れる3つの理由

見た目がリアルなイカワーム

水中の抵抗が大きいのでフワフワとゆっくりアピールできる

・海底をフワフワ漂わせる動きは誰も試していない

見た目はまるで、小さなイカ。

根魚は、イカも大好きです。

ジグヘッドにプニイカを付けて、底付近をフワフワ漂わせると根魚が下から食いあげてきます。

根魚と言えば、ズル引き系ワームが定番ですが、底付近をフワフワと漂うワームは使っている人が少ないからか、アタリが多く、ガツンと食ってきます。

試している人が少ないからこそ、魚の反応も良いのかもしれません。

f:id:keeemura:20210728214949j:image

なお、使う時は、必ず「底付近をフワフワとただよう小イカ」をイメージして使ってください。

必ず根魚からの反応があるはずです。

f:id:keeemura:20210728214636j:image

尺根魚を釣ったワーム3.「アルカリシャッド」

f:id:keeemura:20210728215045j:image
※画像上に少しだけ写っています笑

シーバスルアーメーカーのコアマンから発売されている「アルカリシャッド」。

絶妙に小魚が泳ぐ波動を出すのが特徴です。

f:id:keeemura:20210728215206j:image
※キジハタ口から少し出ているのがアルカリシャッド

アルカリシャッドが釣れる2つの理由

・泳ぎが小魚の波動にかなり似ている

・大型根魚のハタ系は泳ぐ魚が大好物

ブリブリと動きすぎないテールの動きが、実際に泳ぐ小魚の波動とかなり似ているらしく、根魚に限らず、シーバス・青物にも効果抜群。

特にイワシ等の小魚が多い状況であれば、根魚も意識は泳ぐ小魚にあるので、アルカリシャッドの威力が発揮できます。

なお、キジハタやオオモンハタなどのハタ系は、泳ぐものに積極的に反応します。

大型のハタ系を狙うのであれば、かなり効果的です。

とにかく大きい根魚釣りたい人必見!実際に尺根魚を釣ったワーム3選まとめ

f:id:keeemura:20210728215144j:image

今回は、実際に尺根魚を釣ったワームを3つご紹介しました。

根魚系のワームは、「クロー系ワーム」が王道ですが、今回は1つも紹介していません。

実際に「クロー系のワーム」でも尺根魚を釣ったことはあるのですが、やっぱり今回紹介した3つのワームが根魚キャッチ率が非常に高いです。

とにかく!大きい根魚釣りたい人は是非この3つを使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました