【大分県】大野川の釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

九州を代表する阿蘇山や傾山からの湧水により、美しい流れをようして別府湾へと流れる大野川。

清流に住む美しい魚から、豊富なエサで大きく育つパワフルな魚まで多くの魚と出会う事ができます。

ファミリーからベテランまで楽しめる大野川の釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介します。
 

釣り場としての『大野川』

f:id:keeemura:20210725190719p:image
出典:Googleマップ

大野川は九州の中でも最大級の流域面積を誇る大河であり、その流域には白水の滝、原尻の滝などの景勝地もあり、釣り以外にものんびりと観光が楽しめるフィールドです。

大野川で釣れる魚の種類は多く、河口から源流までさまざまなターゲットがいますが、その中でも「アユ」「アマゴ」「シーバス」の3種類が人気のあるターゲットです。

その中でも特にアユは人気であり、天然遡上の個体が多い事で知られています。

『大野川』で釣れる主なターゲット

【アユ】

f:id:keeemura:20210725070419j:image

アユの解禁日からすぐは、体長15cmくらいがアベレージですが、夏を迎えてくると20センチを超えるアユが釣れるようになります。

天然遡上のアユは年によって数にムラがあるものの、放流と比べて引きが強く、パワフルなファイトが楽しめます。
 

【アマゴ】

f:id:keeemura:20210725070523j:image
出典:https://www.zukan-bouz.com/sp/syu/アマゴ

アマゴは、大野川本流と支流(緒方川や稲葉川など)で釣果が見込めます。

エサ・ルアー・フライともに釣果が期待でき、40cmクラスの実績もあります。

【シーバス】

f:id:keeemura:20210725070314j:image

シーバスは河口域が一番のメインポイント。

4月から12月くらいまでがシーズンとなり、夏はコノシロ・秋は落ち鮎など季節によってベイトが変わるので、それに合わせてルアーを選ぶのが釣果を左右します。

『大野川』の主な釣りポイント

【犬飼大橋】

犬飼大橋から下流の筒井大橋にかけてはドンコの瀬、合ヶ瀬、地蔵の瀬など好ポイントが連続します。
大アユのポイントとして人気の為、人も多い。

【舟本大橋上流】

シーバスを狙うのであれば、このポイントが最上流部となります。
堰堤付近を丁寧に攻めていきたい場所。

【白滝橋】

アユ釣りで人気のポイント。
護岸の消波ブロック付近ではテナガエビ釣りも楽しめます。

【河口周辺~大在大橋】

橋の橋脚周辺から加工部分にかけて良いポイントが点在しています。
シーバスはもちろん、チヌやマゴチなども狙えるポイントです。

【川添橋】

シーバス狙いのメインポイント。
立ちこめば広範囲を攻めることが出来ます。

スポンサーリンク

『大野川』で釣りをする際のアドバイス

f:id:keeemura:20210725070235p:image

【遊漁券の購入とルールの厳守】

大野川でアユやアマゴなどを狙って釣りをする場合は、必ず遊漁券が必要となります。

魚種によって料金も異なり、釣りをして良い区間なども異なる為、詳しくは漁協、もしくは近くの釣具店に確認するのがおすすめです。

また、場所によっては釣りが禁止になっていたりする場所もあるので、注意が必要です。

大野川漁協 釣り具スーパーイヴ戸次店

【大分県】大野川の釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210725070151j:image
出典:https://www.ana.co.jp/travelandlife/article/000974/

景勝地やその他観光地もある素晴らしいフィールドの中釣りが楽しめる大野川。

多くの美しい魚が生息しており、ベテランからビギナーまで楽しめます。

ルールを守って釣りを楽しみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

タイトルとURLをコピーしました