【和歌山】熊野川の釣り場情報 釣れる魚や釣り方をご紹介

【和歌山】熊野川の釣り場情報 釣れる魚や釣り方をご紹介

熊野川が流れる熊野本宮大社と熊野速玉大社周辺は、紀伊山地の表詣道として世界遺産に登録されています。
古くから紀伊半島に流れる熊野川は、今も豊かな自然を保っており、アユやアマゴなどの淡水魚を始め、河口の汽水域ではスズキやチヌなどの魚影も豊富。
今回は、釣り人にとっても世界遺産な名大河【熊野川】の釣り場情報や釣れる魚や釣り方をご紹介します。

釣り場としての【熊野川】

f:id:keeemura:20200706160555j:image
熊野川は紀伊半島の中央部分を出発点とし、南下したあと東へ進路を変え、熊野灘に流入しています。
広大な砂利で形成された河原が特徴的であり、他の河川と比べると水の流れが溜まるような場所が少ない。
一言でいうと流れの押しが非常に強い川であり、その流れの中で掛けた魚は川の流れを受けていつも以上に引くようになるのでかなりスリリングなファイトが楽しめます。
また、熊野川支流ではアマゴなどの渓流魚も狙えて、本流ではアマゴが海で育って帰ってきたサツキマスも狙える。
加えて河口域ではマルスズキやヒラスズキ。チヌにメッキなど汽水域を好む魚の魚影も濃く、コンディション抜群の魚と出会えます。

Advertisement

熊野川で狙える主な魚

【アユ】

f:id:keeemura:20200706160727j:image
熊野川でのアユ釣りは、例年6月に解禁日が設定されています。
詳しくはその年ごとに確認が必要です。
アユの釣り方は【アユの友釣り】が主流であり、押しの強い流れの中掛かったアユは非常に引きます。
このスリリングなファイトこそ熊野川でアユ釣りをする醍醐味です。

【アマゴ】

f:id:keeemura:20200706160809j:image
熊野川でのアマゴ釣りは、支流が釣り場となります。
ルアーで狙うのが面白いですが、エサで狙う人が多く、ミミズやブドウ虫などがアタリのエサ。
熊野川の支流でアマゴ釣りをする際は、遊漁券が必要ですのでかならず購入しましょう。

【スズキ】

f:id:keeemura:20200706160907p:image
熊野川ではスズキと一口にいっても、マルスズキとヒラスズキの2種類が狙えます。
マルスズキを狙うのであれば、産卵前の秋から初冬がねらい目。
産卵前の荒食いをする個体が川へ入ってきますので大型の連発も期待できます。
また、ヒラスズキを狙う場合は、夏がおすすめ。
特に夏の大雨後にはヒラスズキが川を上り、積極的にエサを捕食するのでかなりチャンスです。
川でヒラスズキを狙うパターンはこちらの記事でご紹介していますので、是非ご覧ください。

【チヌ】

f:id:keeemura:20200706160933j:image
熊野川河口ではチヌの魚影も濃く、一年中狙う事ができます。
おすすめの狙い方はルアーでチヌを狙うチニング。
主なルアーは、エビやカニに似せたワームを付けるジグヘッドリグですが、夏の朝まずめにはポッパーやペンシルで狙うチヌのトップゲームも面白いです。

Advertisement

熊野川で釣りをする際の注意点

f:id:keeemura:20200706161008p:image

【遊漁可能期間と遊漁券】

熊野川でアユ・アマゴ・サツキマス・ウナギ釣りをする場合は、遊漁可能期間が定められており、遊漁券も必要となります。
熊野川本流で釣りをする際は、【熊野川漁業協同組合連合】のHPを確認したり、問い合わせをするなどして、ルールを守るようにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。