【泳がせ釣り入門編】堤防からヒラメやマゴチを狙う!

今回は、堤防からヒラメやマゴチを狙う泳がせ釣りの方法や、おすすめタックル・エサ・をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!

・ヒラメ・マゴチの釣り方を知りたい
・ヒラメ・マゴチを狙う泳がせ釣りを知りたい

目次

堤防からヒラメやマゴチを狙う!泳がせ釣りとは?

f:id:keeemura:20200303210437j:image

ヒラメ・マゴチを狙う泳がせ釣りは、

「生きた小魚を泳がせて大きな魚を釣る」

というシンプルな釣りです。

難しいテクニックは必要なく、活きのいいエサとタックルがあれば、初心者の方でも大物を狙える釣り方です。

堤防からヒラメやマゴチを狙う!堤防の周りは意外な大物ポイント

f:id:keeemura:20200303210533j:image

小魚が多い堤防の周りは、ヒラメやマゴチなど大型魚が集まる好ポイント。

堤防の足元付近でも、エサを捕食するため、近くまで来ています。

イワシやアジなど、マゴチやヒラメのエサとなる魚が集まっているポイントを見つけたら、釣れる可能性は高いです。

堤防からヒラメやマゴチを狙う!泳がせ釣りの仕掛け

f:id:keeemura:20200303212230j:image

堤防からヒラメやマゴチを狙う泳がせ釣りは、足元から20m以内のポイントを狙うため、2~3号くらいのオモリでOK。

また、針はチヌ針の4号前後、リーダーはフロロカーボンの3号くらい、道糸に中通しオモリを付けて、サルカンでリーダーと道糸を結びましょう。

堤防からヒラメやマゴチを狙う!泳がせ釣りのタックル

ロッド

堤防からヒラメやマゴチを泳がせ釣りで狙う場合、磯竿もしくは、3m前後のシーバスロッドがおすすめです。

生きエサを付けて、ちょい投げするだけなので、シーバスロッドが扱いやすくおすすめです。

リール

リールは、3000番前後のスピニングリールがおすすめ。

生き餌を泳がせるため、ヒラメやマゴチの他にシーバスや青物なども掛かる可能性があります。

大型の魚にも対応できるように、ドラグ性能の良いリールを使いましょう。

ライン

道糸は。PEラインの1号がおすすめ。

1号の太さがあれば、中型から大型の魚にも対応できます。

堤防からヒラメやマゴチを狙う!泳がせ釣りのエサ

ヒラメやマゴチの泳がせ釣りのおすすめのエサはアジです。

また、アジの以外であれば、イワシ・ハゼ・キスなどがおすすめ。

活きエサを確保できるように、アジやイワシを釣るサビキ釣りセット、もしくはハゼやキスが狙えるチョイ投げセットの用意が必要です。

【アジやイワシ用 サビキ釣りセット】

【ハゼやキス用 チョイ投げセット】

※エサが確保できない場合、釣具店で生き餌が売っていますが、高価なため、釣り場で調達することをおすすめします。

釣ったエサを生かしておくバケツとポンプも必要

ヒラメ・マゴチを狙う泳がせ釣りは、元気なエサを使うことが、釣果に大きく影響します。

そのため、確保したエサを元気に生かしておくために、バケツとポンプは必需品です。

堤防からヒラメやマゴチを狙う!泳がせ釣りで狙うポイント

f:id:keeemura:20200303212247j:image

堤防周りには、ヒラメやマゴチが狙えるおすすめポイントが3つあります。

・ 【船の通り道や港の出入り口】 
・ 【堤防護岸沿いのケーソン】 
・ 【堤防の湾曲部分】

【船の通り道や港の出入り口】

船の通り道や港の出入り口付近は、周りより深くなっており、魚が着きやすくなっています。

また、流れが変わっている反転流などもあるので、絶好のポイントです。

【堤防護岸沿いのケーソン】

堤防の基礎には、大きなブロックが入っています。

そのブロック周辺は、絶好のポイント。

潮が動いている時間帯は、エサが流れてくるのを待つヒラメやマゴチがいるのでチャンスです。

【堤防の湾曲部分】

堤防の曲がっている部分などは、流れの変化や小魚のたまり場となるので、ヒラメやマゴチも集まっています。

とにかくエサとなる小魚が多い場所は、チェックするべきポイントです。

堤防からヒラメやマゴチを狙う!泳がせ釣りのワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20200303212016j:image

アタリがあっても早合わせは禁物!

竿にグンっ!とアタリが合った時、早くアワセて巻きたくなりますが、早合わせは禁物。

ヒラメやマゴチは、エサを一気に飲み込まず、口で捕えた魚を徐々に飲み込んでいくので、早くアワセてしまうと針に掛からずバレてしまいます。

そのため、アタリがあっても、竿先が持っていかれるような強い引きがあるまで我慢しましょう。

堤防からヒラメやマゴチを狙う!泳がせ釣り編まとめ

身近な堤防から、ルアーロッドでチャレンジできる「 ヒラメやマゴチを狙う泳がせ釣り 」。

エサのアジやキスさえ用意できれば、誰でも簡単に大物のチャンスがあるので、面白い釣り方です。

今回ご紹介したタックルや釣り方、ポイントをしっかり確認して、ぜひチャレンジしてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

目次
閉じる