【愛知県】渥美半島の釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介

全国釣りポイント紹介

渥美半島は、波の静かな堤防から、波が激しく打ち寄せる砂浜など多彩なフィールドがあり、多くの魚との出会いがあるフィールドです。

今回は、そんな渥美半島の釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介します。

釣り場としての『渥美半島』

出典:Googleマップ

渥美半島は、南側は激しい波が打ち寄せる太平洋、北側は波の静かな三河湾に面しており、2つの顔をもっています。

釣り場としては、北側ではハゼやメバル、サヨリ、カレイなど馴染みのある魚が狙え、南側ではヒラメにサワラ、ブリ、マダイなど大型回遊魚が狙えます。

『渥美半島』の主な釣りポイント

南側

【伊古部海岸】

 渥美半島の付け根に位置する海岸。

沖まで遠浅が続いているので、シロギス狙いには最適なポイント。

【大草海岸】

 渥美半島の太平洋側、真ん中くらいにある海岸。

水深があるので、マゴチ、ヒラメ、シーバス、青物などの大型魚が狙えます。

【越戸海岸】

渥美半島の太平洋側は砂浜のポイントが多いですが、 越戸海岸だけは岩礁帯が連続するポイント。

その為、アイナメやカサゴなどの根魚が狙えます。

【赤羽根漁港】

渥美半島の太平洋側にある唯一の漁港。

足場が良いのでファミリーフィッシングに最適です。

【一色前畑海岸】

 水深がある海岸なので、さまざまな魚が狙えます。

特に人気のシロギス狙いでは、ランガンをしながら魚の居場所を探るのがおすすめ。

北側 

【泉港】

足場が良いためファミリーフィッシングに最適。

シロギス、チヌ、根魚などが狙えます。

【福江港】

砂浜、岩礁帯があるバラエティ豊かなポイント。

シロギスやカレイ、岩礁帯では根魚が狙えます。

【白谷海岸】

 水深が浅くて岩礁帯エリアが多いのが特徴。

特に根魚の魚影が濃いです。

スポンサーリンク

『渥美半島』で釣れる主なターゲット

【シロギス】

 砂浜が多い渥美半島で、人気のターゲットがシロギス。

ハイシーズンの夏頃には、ちょい投げで数釣りが楽しめます。

【シーバス】

ルアーフィッシングでは、シーバスが大人気。

渥美半島では、特に伊良湖岬での実績が高いです。 

【青物】

 近年大人気のショアジギングで狙う青物。

渥美半島では、太平洋側のサーフが狙い目です。

【カレイ】

 砂地エリアの多い渥美半島では、カレイも人気のターゲット。

特に伊良湖周辺は、中日本を代表するカレイの釣り場となっています。

【チヌ】

f:id:keeemura:20210706205447p:image

各港や岩礁帯では、チヌの魚影も濃いです。

乗っ込みの春頃がハイシーズン。

【アオリイカ】

f:id:keeemura:20210524110839j:image

渥美半島では、アオリイカが狙えます。

キロアップの実績も多数あります。

『渥美半島』で釣りをする際のアドバイス

f:id:keeemura:20210706205658p:image

渥美半島では、人気の釣り物であるキス、青物、シーバスが同じ時期に、同じ場所で釣れることがあります。

ただ、シロギスが釣れている間は、シーバスや青物などの大型魚はあまり釣れず、シーバスや青物が釣れている間は、シロギスはあまり釣れません。

その為、渥美半島で1日釣りを楽しむのであれば、それぞれのタックルを1つずつ持っていくと、釣り物に合わせて時合を楽しむことができます。

【渥美半島の釣り】関連記事まとめ

タイトルとURLをコピーしました