【アオリイカを釣る】堤防や磯から狙う泳がせ釣りを解説します。

【アオリイカを釣る】堤防や磯から狙う泳がせ釣りを解説します。

堤防や磯から狙うターゲットの中で、大人気なのがアオリイカ。

アオリイカの釣り方は、エギングの人気が圧倒的であり、ヤエン釣りなども根強いファンがいますが、そんな中でビギナーでもチャレンジしやすい釣り方がウキを使った泳がせ釣りです。

今回は、そんな誰にでもチャレンジしやすいアオリイカ狙いの泳がせ釣りを解説していきます。

【アオリイカを釣る】泳がせ釣り

f:id:keeemura:20200920221333j:image
身近な防波堤な地磯から釣れる高級魚として大人気のアオリイカ。
アオリイカの釣り方と言えばエギングが大人気であり、ヤエン釣りもコアなファンが多いですが、その二つはビギナーにとっては少し難しい釣りと言えます。
しかし、今回紹介する泳がせ釣りは、他の釣りに比べて極めて簡単。
それは、カンナが付いた活きアジを泳がせて、そのアジにアオリイカが抱き着けば、ウキが反応し、そのウキを見て人間が竿を立てれば自動的にカンナがアオリイカに掛かる仕組みになっているからです。
その為、仕組みは少し複雑ですが、ビギナーでもアオリイカをキャッチしやすい釣り方です。

【アオリイカを釣る】泳がせ釣りのフィールド

「堤防」

f:id:keeemura:20200920221432p:image

アオリイカは潮通しの良い堤防が大好きです。

何故なら、堤防には多くのエサとなる小魚が集まり、敷石などの着き場もあるからです。

近くの堤防にアオリイカの気配が無いかを見に行って見ましょう。

「磯」

f:id:keeemura:20200920221457j:image

磯はアオリイカが居付く絶好のポイント。

アオリイカが付くシモリや藻場が多くあります。

特にアオリイカは一部の地域でモイカと呼ばれるほどの藻好き。
その為、磯周辺に藻があれば要チェックです。

Advertisement

【アオリイカを釣る】泳がせ釣りのタックルと仕掛け

EPSON MFP image

「ロッド」

アオリイカの泳がせ釣りでは、2号~3号の5mほどの磯竿をを使用します。
この釣り方は、仕掛けの他に生きたアジを一緒に投げることになるので、繊細な穂先の竿は破損する可能性があるのでおすすめしません。
感度の良さなどは全く必要ない釣りなので、安いエントリーモデルの磯竿で十分です。

「リール」

リールは3000番前後の小型スピニングリールを使います。
キャストリトリーブが出来れば高性能な高いリールは必要ありませんが、万が一大型のアオリイカが掛かった時用に、ドラグ性能は信用できるリールを使った方が無難です。

「ライン」

ラインは、水に浮く素材のナイロンラインがおすすめ。
太さは4号前後を狙うアオリイカの大きさに合わせて使い分けます。
秋の小型以下であれば3号で十分ですが、春に磯などで大型を狙う場合は、4号以上を用意しておいた方が無難です。

「仕掛け」

仕掛けは市販の仕掛けがおすすめ。
ウキは、アジの引きで沈まない程度の、電気ウキタイプ。
仕掛けは、アジのハナカンとカンナが一緒になった「カツイチ イカキャッチャー」が簡単で良いです。
ウキに反応があれば、アジをしっかりと抱かせてから、竿を上げるだけでほぼ自動でアオリイカにカンナが掛かるようになっています。

Advertisement

【アオリイカを釣る】泳がせ釣りのエサ

「活きのよいアジ」

f:id:keeemura:20200920221520j:image

泳がせ釣りでは、釣り方の名前ともなっている通り、活きた魚を泳がせてアオリイカを狙う釣り方です。

その為、エサは活き餌になりますが、その泳がせる魚はアジ一択です。

アジは仕掛けをつけて泳がせても弱りにくく、泳ぎ回ってくれるので最高のエサになります。

「アジ以外でも釣れるけど…」

f:id:keeemura:20200920221620j:image

アオリイカはアジ以外にも様々な魚を捕食する獰猛なフィッシュイーターです。

その為、イワシ・小サバ・ベラ・小メジナ・チャリコ・ネンブツダイ・スズメダイなどもエサになるので、エサを現地調達も可能ですが、イワシや小サバは仕掛けをつけて泳がせると弱りが早いし、他のエサもアジに比べると食いつきが良くないので、おすすめできません。

やはり、アジが一番のエサになるでしょう。

【アオリイカを釣る】泳がせ釣りのポイント

EPSON MFP image

アオリイカは意外とどこでも生息しているもんですが、泳がせ釣りをする際、潮が速すぎると仕掛けがすぐに流されますし、浅い場所だと十分な仕掛けの長さが取れません。

の為、適度に潮通しが良く、3m以上の水深があるポイントがベストです。

狙うポイントは、主に藻場やシモリの周辺、カケアガリです。

また、夜は常夜灯周りでも釣果が期待できます。

【アオリイカを釣る】泳がせ釣りの釣れるポイントの見極め方

「墨跡の有無」

f:id:keeemura:20200923223757j:image

防波堤や磯に、アオリイカが吐いたであろう墨跡があればそこはアオリイカが付く場所と見極めがつきます。

また、その墨跡が古い物だと期待薄ですが、いかにも新しそうな墨跡であれば期待度はアップです。

足元を見てアオリイカのポイントかどうかを見極めると良いでしょう。

Advertisement

【アオリイカを釣る】泳がせ釣りのアドバイス

「エサの活きの良さが釣果に直結」

f:id:keeemura:20200920221934j:image

アオリイカを釣る泳がせ釣りは、エサの活きの良さが釣果に直結します。

その為、出来るだけ活きエサを弱らせないように、仕掛けの投げ直しや、ポイントの移動の際は、活きエサの活きを気遣うようにしてあげます。

もし、活きエサが弱ってきて、腹を見せながら泳いでいるようであれば、活きエサを交換するタイミングです。

【アオリイカを釣る】泳がせ釣りまとめ

アオリイカなんて簡単に釣れるの?と思う方もいるかもしれませんが、想像以上に簡単に釣れてしまうのが泳がせ釣りです。

今回ご紹介したポイントや釣り方で十分に釣れますので気軽にやってみてください。

海からイカがあがってきた時の喜びと、食べる美味しさは格別です。

Advertisement

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。