【狙え巨大ロックフィッシュ!】堤防からロックフィッシュを釣る方法・タックルなどをご紹介

【狙え巨大ロックフィッシュ!】堤防からロックフィッシュを釣る方法・タックルなどをご紹介

根魚をルアーで専門的に狙うロックフィッシュゲーム。

最近ではロックフィッシュゲーム専用の竿なども出たりしてロックフィッシュゲームは大人気になってきています。

今回は、そんな人気のロックフィッシュをしかも『巨大ロックフィッシュ』を釣る方法とタックルをご紹介していきます。

堤防から狙える巨大ロックフィッシュたち

堤防から狙える主な巨大ロックフィッシュを見ていきましょう。

どれも美味しくて人気の魚ばかりです。

【キジハタ】

f:id:keeemura:20200408223159j:image

キジハタはまたの名を【アコウ】といい、高級魚としても扱われます。

大阪湾にも多く生息しており、最大50センチくらいにもなります。

エサに対しては非常に貪欲で目の前を通るものには積極的にアタックしてきます。

大型になれば引き味も根に突っ込む強烈な引きを楽しめて、食べても上品な白身が美味しい巨大ロックフィッシュです。

【タケノコメバル】

f:id:keeemura:20200408223213j:image

タケノコメバルは最大約40センチを超える魚であり、巨大ロックフィッシュといえます。

本州から九州にかけて生息しています。

食べてもかなり美味しいので釣れるとみんな喜んで持って帰ります。

【アイナメ】

f:id:keeemura:20200408223231j:image

ロックフィッシュゲームの超人気ターゲットのアイナメ。

他のロックフィッシュより遊泳力が高く、遊泳力が高いゆえに引き味も良いのが人気の秘密です。

大きいものは50センチを超える個体もいるので、まさに巨大ロックフィッシュです。

Advertisement

堤防から巨大ロックフィッシュを釣るベストシーズンは?

f:id:keeemura:20200408233603p:image

ロックフィッシュは、1年中狙えます。

冬の寒いときでもロックフィッシュは根魚なので、その場に居ついています。

しかし、良く釣れるベストシーズンといえば【晩春から夏】と【秋から初冬】にかけてがベストシーズンといえるのではないでしょうか。

ロックフィッシュは魚種により、産卵時期などが異なるため、ベストシーズンを特定するのは難しいですが、アイナメを例に出すと【晩春から夏】はエサを活発に食べて、【秋から初冬】は産卵前の乗っ込みの時期なのでこれまたエサを積極的にとります。

このことから、巨大ロックフィッシュを狙うのであれば、【晩春から夏】か【秋から初冬】に狙うと良いでしょう。

Advertisement

堤防から巨大ロックフィッシュを狙うポイント

EPSON MFP image

ロックフィッシュを狙ううえで必ず必要な要素は【魚が隠れれる障害物があること】です。

ロックフィッシュとは呼んで時のごとく、根魚です。

根魚は普段岩陰や堤防のえぐれ、消波ブロックの間など、自分の身を隠せる場所に生息しています。

そういった身の隠し場所にルアーを通してあげるのが、巨大ロックフィッシュを釣る一番の近道です。

堤防から巨大ロックフィッシュを釣るタックル

【ベイトタックル】

EPSON MFP image

巨大ロックフィッシュを狙う場合、細い糸では太刀打ちできません。
その為、太いラインでキャストがしやすく、手返しの良いベイトタックルが使いやすくおすすめです。
最近では、ロックフィッシュ専用のベイトロッドなども発売されています。

『ロッド』

シマノから発売されているロックフィッシュ専用ロッドです。
巨大ロックフィッシュを掛けてからすぐに根から離せるようにロッドパワーが強くなっています。
ルアーウェイトも30gほどまでキャスト可能なので、深場を探るときに重めのリグを投げることも十分に可能です。
まさに巨大ロックフィッシュ狙いにぴったりです。

『リール』

海水OKのシマノ製NEWベイトリール。
ブラックバス用リールとして推されていますが、あらゆるリグに対応できる性能で、コストパフォーマンスの高いリールです。

『メインライン』

根の近くから巨大ロックフィッシュを一気に浮かせれるようにパワーファイトが出来る太めのラインを使用することをおすすめします。
リーダーは必ずつけるようにし、根ずれに強いフロロカーボンを使いましょう。

【スピニングタックル】

EPSON MFP image

根掛かりが少ないポイントを探る場合は、シーバスタックルなどでも代用可能です。
今回は私たちも実際に使っているシーバスタックルをご紹介。
このタックルで、45センチのキジハタは難なく釣りあげることが出来ましたよ。

『ロッド』

シーバスロッドの基本ロッドです。
価格以上の性能で人気のハイコストパフォーマンスロッドです。

『リール』

シーバスからチョイ投げまで幅広く使えて、こちらも価格以上の性能を感じれます。

『メインライン』

スピニングタックルは、シーバスタックルの代用なので、メインラインはPEの1号前後です。
リーダーは必ずつけるようにしましょう。

堤防から巨大ロックフィッシュを狙うリグとおすすめワーム

ロックフィッシュを狙うリグは様々ありますが、今回は基本となる3つのリグをご紹介します。
リグにはそれぞれの特徴があります。
その特徴を生かせるように使用場所により使い分けをしていけばロックフィッシュが釣れる確率も上がります。
リグの特徴をしっかり理解して状況や場所に応じて使い分けましょう。

【テキサスリグ】

f:id:keeemura:20200408233617j:image

テキサスリグは、ブラックバス釣りでも多く使われているリグですが、巨大ロックフィッシュを狙う時も基本のリグになります。
バレットシンカーを付けてその先にオフセットフックをつけるというシンプルなリグですが、遠投性能にも優れ、オフセットフックを使用するので針先も出ず、根が荒い場所でも根掛かりを回避してくれます。

【ジグヘッドリグ】

f:id:keeemura:20200408233622j:image

ジグヘッドリグとは、オモリの先に針が固定されているジグヘッドを使用するリグです。
基本的にはワームから針先が大きく出る形となるので、根掛かりが多い所での使用はおすすめできません。
逆に針先が出ているという事はフッキング率は上がります。
根がそこまで荒くない場所で、ルアーをスイミングさせるアクション主体の時は非常に有効的なリグです。

【アンカーリグ】

f:id:keeemura:20200408233635j:image

アンカーリグとは、針の頭にオモリがセットされてあるリグで、ロックフィッシュ狙いの時にかなり有効です。
オフセットフックの先にナス型オモリなどをつけて、底をなめるように引いて来れるのが強み。
テキサスリグやジグヘッドリグよりも早く着底することが出来るので、潮の流れが速い場所や深い場所の底を丁寧に探る場合に有効的です。

【おすすめワーム】

『パワーホッグ』

ブラックバス用のワームですが、言わずと知れたロックフィッシュハンターワームです。

独特の匂いとアピール力抜群のシルエットで根魚の実績もかなりあります!

『カサゴ職人』バグアンツ

根魚用ワームの定番です。

タックルボックスに一つあれば心強い。

『アルカリシャッド』

ジグヘッドなどでスイミングさせる用のワームです。

ベイトフィッシュが小魚の時や、底がそんなに荒く無い場所などは、アルカリシャッドのスイミングで探っていくのも効率が良いです。

堤防から巨大ロックフィッシュを釣るルアーアクション

EPSON MFP image

堤防からロックフィッシュを狙う時に使う主なルアーアクションは『リフト&フォール』です。
リフト&フォールとは、文字の通り、仕掛けを上げたり落としたりしてロックフィッシュを誘う動作です。
動作自体はかなりシンプルですが、仕掛けを上げる速さや、オモリの重さを変えてフォールスピードを変える等、組み合わせは自由に変えていけます。
その他のアクションとしては、リグを底で踊らせるようにアクションさせるボトムバンピングやタダ巻きのスイミングなどもあります。
その日の魚の活性やベイトの状況等によってもアタリのアクションは変わってきますので、試行錯誤をしてアタリのアクションを探しましょう。

Advertisement

堤防から巨大ロックフィッシュを釣る時のワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20200408234101j:image

【魚が掛かったらゴリ巻きするべし!】

巨大ロックフィッシュが掛かってモタモタしていると、すぐに根に入られてしまいます。
根に入った巨大ロックフィッシュを根から出すのは至難の業であり、最悪の場合糸が切れてルアーもロストし、魚の口にもルアーが残ってしまう事になります。
そんな最悪な事態を防ぐためにも魚が掛かったらまずは根から遠ざける為にもゴリ巻きをしましょう。

堤防から巨大ロックフィッシュを狙ってみよう!

f:id:keeemura:20200408234122j:image

身近な堤防にもびっくりするような巨大ロックフィッシュが潜んでいる事があります。
私たちも近くの工業地帯の防波堤で40センチを超えるキジハタを釣ったこともしばしばあります。
今回ご紹介したタックルや釣り方で、身近な防波堤でロックフィッシュゲームをしたら意外な大物に出会える可能性も十分にあります。
堤防から巨大ロックフィッシュを狙ってみましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。