【狙え巨大ロックフィッシュ!】堤防からロックフィッシュを釣る方法・タックルなどをご紹介

ロックフィッシュ

今回は、人気のロックフィッシュを、しかも『巨大ロックフィッシュ』を釣る方法とタックルをご紹介していきます。

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

堤防から狙える巨大ロックフィッシュたち

【キジハタ】

f:id:keeemura:20200408223159j:image

キジハタ(アコウ)は、高級魚として有名です。

エサに対して貪欲で、目の前を通るものに積極的にアタックしてきます。

【タケノコメバル】

f:id:keeemura:20200408223213j:image

タケノコメバルは、最大約40センチを超える巨大ロックフィッシュ。

本州から九州にかけて生息し、食べても美味しい人気ターゲットです。

【アイナメ】

f:id:keeemura:20200408223231j:image

ロックフィッシュゲームの超人気ターゲットのアイナメ。

他のロックフィッシュより遊泳力が高く、引き味が強いのも人気の秘密です。

堤防から巨大ロックフィッシュを釣るベストシーズンは?

f:id:keeemura:20200408233603p:image

ロックフィッシュは、1年中狙えます。

しかし、良く釣れるベストシーズンといえば【晩春から夏】と【秋から初冬】です。

アイナメを例に出すと【晩春から夏】はエサを活発に食べて、【秋から初冬】は産卵前の乗っ込みの時期でエサを積極的に食べます。

このことから、巨大ロックフィッシュを狙うのであれば、【晩春から夏】か【秋から初冬】に狙うのがおすすめです。

堤防から巨大ロックフィッシュを狙うポイント

EPSON MFP image

ロックフィッシュを狙うとき、大事な要素は【魚が隠れる障害物があること】です。

ロックフィッシュは普段、岩陰や堤防のえぐれや消波ブロックの間など、身を隠せる場所に生息しています。

そのため、障害物周辺にルアーを通すのが、巨大ロックフィッシュを釣る一番の方法です。

スポンサーリンク

堤防から巨大ロックフィッシュを釣るおすすめタックル

【ベイトタックル】

EPSON MFP image

巨大ロックフィッシュを狙う場合、太いラインが必要。

その為、太いラインでキャストがしやすく、手返しの良いベイトタックルが使いやすくおすすめです。

『ロッド』シマノ 19ハードロッカーBB B76MH

出典:シマノ公式HP

ロックフィッシュゲームで使うロッドは、アタリがあれば力強く巻き上げができるように強い竿がおすすめです。

シマノ「ハードロッカーシリーズ」は、ロックフィッシュ専用に作られた竿で、もし大型のロックフィッシュが掛かっても力負けしないように作られているため安心して使えます。

『リール』シマノ 19SLX MGL 70HG 右

出典:シマノ公式HP

ロックフィッシュゲームでは、広範囲を探れる遠投性・魚が掛かった時に負けない剛性を持ったリールが必要です。

シマノ「19SLXシリーズ」は、遠投性に優れたスプール・そして剛性のある金属ボディのため、大型ロックフィッシュを狙った釣りでも安心して使えます。

『メインライン』メジャークラフト PEライン 弾丸ブレイド 1.5号

ベイトタックルでロックフィッシュゲームをするときは、PE1.5号以上のラインを使用します

大型のロックフィッシュが掛かっても力負けしないよう、強めのラインがおすすめです。

【スピニングタックル】

EPSON MFP image

根掛かりが少ないポイントで釣りをするならスピニングタックルでもOK。

私たちは、スピニングのシーバスタックルを代用しています。

『ロッド』シマノ シーバス ロッド 18 ディアルーナ S86ML

出典:シマノ公式HP

根掛かりが少ないポイントであれば、シーバスロッドでもOK。

シマノ「ディアルーナシリーズ」は、シーバスロッドの超定番。

感度・軽さ・使いやすさが優れており、コストパフォーマンスが高いロッドなのでおすすめです

『リール』シマノ 19ストラディックC3000HG

出典:シマノ公式HP

シマノ「19ストラディックシリーズ」は、リールの基本である『巻き・耐久性・飛距離』が進化したリール。

ロックフィッシュが掛かっても力負けしないボディ・広範囲を探れる遠投性能が備わっていながら、コストパフォーマンスにも優れているためおすすめです。

『メインライン』メジャークラフト PEライン 弾丸ブレイド 0.8号

堤防から巨大ロックフィッシュを狙うリグ(仕掛け)

今回は基本となる3つのリグをご紹介します。

リグにはそれぞれの特徴があり、使い分けをすることで、ロックフィッシュが釣れる確率も上がります。

【テキサスリグ】

f:id:keeemura:20200408233617j:image

テキサスリグは、巨大ロックフィッシュを狙う時の基本のリグ。

遠投性能にも優れ、オフセットフックを使用し針先が出ていないため、根掛かりが多い場所でも使えます。

【ジグヘッドリグ】

f:id:keeemura:20200408233622j:image

ジグヘッドリグはワームから針先が大きく出るので、根掛かりが多い場所での使用はおすすめできません。

しかし、針先が出ているという事でフッキング率は上がります。

根掛かりが少ない場所で、ルアーをスイミングさせるアクション主体で狙う際ときには有効なリグです。

【アンカーリグ】

f:id:keeemura:20200408233635j:image

アンカーリグは、オフセットフックを使用し、根掛かり回避ができるので、根掛かりが多い場所でもOK。

また、テキサスリグやジグヘッドリグよりも早く沈めることが出来るので、潮の流れが速い場所や深い場所を探るときにも有効です。

堤防から巨大ロックフィッシュを狙う おすすめワーム

ピュアフィッシングジャパン『パワーホッグ』

出典:ピュアフィッシングジャパン公式HP

多くの人がロックフィッシュゲームで使用するワーム。

独特の匂いとアピール力抜群のシルエットで、巨大ロックフィッシュの実績も抜群です!

エコギア『カサゴ職人』バグアンツ

出典:エコギア公式HP

ロックフィッシュ用ワームの定番。

どのワームを買えば良いかわからない場合は、とりあえずこれでOKです。

堤防から巨大ロックフィッシュを釣るルアーアクション

EPSON MFP image

堤防からロックフィッシュを狙うとき、主なアクションは『リフト&フォール』を使います。

動作自体はシンプルですが、仕掛けを上げる速さや、落とす速さを変えるなど、組み合わせを工夫すると魚の反応も変わります。

その日の魚の活性や、ベイトの状況によってもアタリが多いアクションは変わるので、工夫して魚を誘いましょう。

スポンサーリンク

堤防から巨大ロックフィッシュを釣る時のワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20200408234101j:image

【魚が掛かったらゴリ巻きするべし!】

巨大ロックフィッシュはルアーを食べた後、すぐに根に潜ろうとします。

もし根に入られると、なかなか出てこないし最悪の場合糸が切れてしまいます。

そのため、魚が掛かれば、根に潜られる前にゴリ巻きして釣りあげましょう。

堤防から巨大ロックフィッシュを狙ってみよう!

f:id:keeemura:20200408234122j:image

身近な堤防でも、びっくりするような巨大ロックフィッシュが潜んでいます。

今回ご紹介した釣り方やワームで、防波堤から巨大ロックフィッシュを狙ってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました