【ぶっこみ釣り】何が釣れるかお楽しみ!楽しすぎるぶっこみ釣りをご紹介。

魚の種類別釣り方紹介

今回は、ぶっこみ釣りのご紹介。

ぶっこみ釣りってシンプルで、よく釣れてエキサイティングでめちゃくちゃ楽しいんです

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

ぶっこみ釣りの魅力

『何が釣れるかわからない!』

f:id:keeemura:20201027140933j:image

ぶっこみ釣りの魅力は『何が釣れるかわからない』点です。

ぶっこみ釣りはシンプルで、仕掛けにエサをつけて投げ込んでおくだけ。

例えば、エサを魚の切り身にするとチヌやアナゴなどが釣れます。

エサ・フィールド・時間・季節によっても何が釣れるかわからないのがドキドキして楽しいです!

ぶっこみ釣りが出来るフィールド

『漁港』

f:id:keeemura:20201027141034p:image

漁港はぶっこみ釣りの定番ポイントです。

各漁港によって、底質や着いている魚が違うので、何が釣れるかはお楽しみ!

『磯』

f:id:keeemura:20201027141057j:image

磯もぶっこみ釣りを楽しめるポイント。

特に大型の根魚やマダイなど、一発大物狙いは磯がおすすめです。

ぶっこみ釣りで使える主なエサ

ぶっこみ釣りは、魚の切り身や虫エサ、オキアミやエビなど、何でもエサになります。

何を使うかは、狙う魚やセンス次第です。

『魚の切り身』

ぶっこみ釣りの定番エサです。

サバ・イワシ・アジ・サンマなど、匂いが強い青魚の切り身がとくにおすすめ

アナゴ・根魚・チヌ・シーバス・マゴチ・エイなど、多くの魚が狙えます。

『イカの切り身』

釣り餌用のイカの切り身でも良いですが、スーパーに売っているイカソーメンでもOK。

針持ちが良いので、エサ取りが多い時はおすすめ。

アナゴ・根魚・チヌ・など多くの魚を狙えます。

『シーフードミックス』

市販されている冷凍のシーフードミックスも、ぶっこみ釣りで使えるエサになります。

主にエビ・貝・イカなどを小さく切ったものが入っているので、撒き餌に使いながら釣るのもおすすめ。

アナゴ・チヌ・根魚・ベラ系など、多くの魚が釣れました。

『魚肉ソーセージ』

魚肉ソーセージは、ぶっこみ釣りのエサに使えます。

ただ、針持ちが非常に悪いので注意してください。

根魚やベラ系の釣果がありました。

『虫エサ』

f:id:keeemura:20201027141204j:image

アオイソメやイワイソメなどの虫エサは、ぶっこみ釣りの定番エサ。

シーバスやチヌ・アナゴに根魚など多くの魚が狙えます。

針には、3匹ほど房掛けをするのがおすすめです。

『ユムシ』

f:id:keeemura:20201027141702j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

気持ち悪い見た目の釣り餌ですが、大物キラーのエサです。

シーバスやマダイなどを狙う際は、特効エサになります。

釣具店で売っていますが、非常に高価なので、一発大物狙いの人は気合を入れて買いましょう。

ぶっこみ釣りで釣れる主な魚

『チヌ』

f:id:keeemura:20201027141837p:image

底にある物を探して食べているので、ぶっこみ釣りのターゲットになります。

虫エサやユムシ、魚の切り身で狙うのがおすすめ。

『アナゴ』

f:id:keeemura:20201027141900j:image

夜釣りでぶっこみ釣りをすれば、高確率で釣れる魚。

魚の切り身・虫エサ・イカの切り身・シーフードミックスなど、なんでも食べる魚です。

『根魚』

f:id:keeemura:20201027141936j:image

漁港や磯など、高確率で釣れるのが、カサゴやソイなどの根魚です。

大きな口で、魚の切り身も丸のみです。

『シーバス』

f:id:keeemura:20201027141953j:image

潮通しの良い場所では、ぶっこみ釣りでシーバスも狙えます。

エサは虫エサかユムシがおすすめ。

『外道』

f:id:keeemura:20201027142030j:image

ぶっこみ釣りでは、エイやウミヘビ・ウツボなど、普段釣れない魚も多くかかります。

私たちが釣って一番びっくりしたのは、ウミヘビです。

ぶっこみ釣りのタックルと仕掛け

ぶっこみ釣りでは、ブラックバス・シーバス・エギングなどのタックルでOK。

ここでは、手軽にぶっこみ釣りが出来るタックルと仕掛けをご紹介します。

『ロッド』

シーバスロッドは、汎用性が高く、ルアーからエサ釣りまでなんでもできます。

手軽に始めたい人におすすめのロッドです。

『リール』

ぶっこみ釣りはチヌやシーバス、時には大きなエイなども掛かるので、ドラグ性能が良いスピニングリールがおすすめ。

手軽に始めたい人は、このリールがおすすめです。

『ライン』

ぶっこみ釣りは仕掛けを投げて基本放置の釣りなので、弱いラインは厳禁。

細くて強いPEラインがおすすめ。

なお、PEラインを使用する場合は、リーダーを必ず付けましょう。

『仕掛け』

仕掛けは市販のものでOK。

オモリの重さはフィールドによって使い分けます。

重すぎるとすぐにな掛かりしますし、軽すぎると仕掛けが流されてしまいます。

ぶっこみ釣りの釣り方

ぶっこみ釣りの釣り方はシンプル。

エサをつけて投げ込んでおくだけ

シモリや地形の変化など、魚が着きやすそうな場所に仕掛けを投げるのがおすすめです。

ぶっこみ釣りにあれば便利なもの

『竿立て三脚』

ぶっこみ釣りは基本待ちの釣りです。

待っている間、ずっと竿を持つことはできないので、竿立て三脚があれば便利です。

アタリもわかりやすいので、必需品です。

ぶっこみ釣りを楽しもう

f:id:keeemura:20201027142247j:image

ぶっこみ釣りは、初心者からベテランまでのんびりと楽しめる釣りです。

何が釣れるかわからないぶっこみ釣りを楽しんでください。

【ぶっこみ釣り】おすすめの関連記事まとめ

タイトルとURLをコピーしました