【ぶっこみ釣り】何が釣れるかお楽しみ!楽しすぎるぶっこみ釣りをご紹介

今回は、「ぶっこみ釣り」のご紹介。

ぶっこみ釣りってシンプルなのに、よく釣れてめちゃくちゃ楽しいんです!

この記事はこんな人におすすめ!

・ぶっこみ釣りについて知りたい
・ぶっこみ釣りの仕掛け・道具・釣り方を知りたい

目次

ぶっこみ釣りの魅力

『何が釣れるかわからない!』

f:id:keeemura:20201027140933j:image

ぶっこみ釣りの魅力は『何が釣れるかわからない』点です。

例えば、エサを魚の切り身にすると根魚やアナゴが釣れますが、アオイソメをエサにするとチヌやシーバスが釣れます。

エサ・フィールド・時間・季節によって何が釣れるかわからないの点がドキドキで楽しいです!

ぶっこみ釣りが出来るフィールド

『漁港』

f:id:keeemura:20201027141034p:image

漁港はぶっこみ釣りの定番ポイントです。

各漁港によって、底質や生息している魚が違うので何が釣れるかはお楽しみ!

『磯』

f:id:keeemura:20201027141057j:image

磯もぶっこみ釣りを楽しめるポイント。

特に大型の根魚やマダイなど、一発大物狙いは磯がおすすめです。

ぶっこみ釣りで使える主なエサ

ぶっこみ釣りは魚の切り身・虫エサ・オキアミ・エビなど何でもエサになります。

何を使うかは、狙う魚やあなたのセンス次第です。

『魚の切り身』

ぶっこみ釣りの定番エサです。

サバ・イワシ・アジ・サンマなど、匂いが強い青魚の切り身がとくにおすすめ。

アナゴ・根魚・チヌ・マゴチ・エイなど、多くの魚が狙えます。

関連記事:>>【ぶっこみ釣り最強のエサ】魚の切り身の塩漬けの作り方と作るメリットを徹底解説

『イカの切り身』

釣りエサ用のイカの切り身でも良いですが、スーパーに売っているイカソーメンでもOK。

針持ちが良いので、エサ取りが多い時はおすすめ。

アナゴ・根魚・チヌ・など多くの魚を狙えます。

『シーフードミックス』

市販されている冷凍のシーフードミックスは、ぶっこみ釣りで使えるエサになります。

主にエビ・貝・イカなどを小さく切ったものが入っているので、撒きエサに使いながら釣るのもおすすめ。

アナゴ・チヌ・根魚・ベラ系など多くの魚が釣れました。

『虫エサ』

f:id:keeemura:20201027141204j:image

アオイソメやイワイソメなどの虫エサは、ぶっこみ釣りの定番エサ。

シーバス・チヌ・アナゴ・根魚など多くの魚が狙えます。

なお、針には3匹ほど房掛けをするのがおすすめです。

『ユムシ』

f:id:keeemura:20201027141702j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

気持ち悪い見た目の釣りエサですが、大物キラーのエサです。

シーバスやマダイなどを狙う際は、特効エサになります。

釣具店に売っていますが、非常に高価なので一発大物狙いの人は気合を入れて買いましょう。

ぶっこみ釣りで釣れる主な魚

『チヌ』

f:id:keeemura:20201027141837p:image

底にある物を探して食べているので、ぶっこみ釣りのターゲットになります。

虫エサやユムシで狙うのがおすすめ。

『アナゴ』

f:id:keeemura:20201027141900j:image

夜釣りでぶっこみ釣りをすれば、高確率で釣れる魚。

魚の切り身・虫エサ・イカの切り身・シーフードミックスなど、なんでも食べる魚です。

『根魚』

f:id:keeemura:20201027141936j:image

漁港や磯などで高確率で釣れるのが、カサゴやソイなどの根魚です。

大きな口で魚の切り身も丸のみです。

『シーバス』

f:id:keeemura:20201027141953j:image

潮通しの良い場所では、ぶっこみ釣りでシーバスも狙えます。

エサは虫エサかユムシがおすすめ。

『外道』

f:id:keeemura:20201027142030j:image

ぶっこみ釣りではエイやウミヘビ・ウツボなど、普段釣れない魚も多くかかります。

私たちが釣って一番びっくりしたのはウミヘビです。

ぶっこみ釣りの釣り方

ぶっこみ釣りの釣り方はシンプル。

エサをつけてポイっと投げ込んでおくだけ。

シモリや地形の変化など、魚が着きやすそうな場所に仕掛けを投げるのがおすすめです。

ぶっこみ釣りのタックルと仕掛け

ぶっこみ釣りでは、ブラックバス・シーバス・エギングなどのタックルでOK。

ここでは、手軽にぶっこみ釣りができるタックルと仕掛けをご紹介します。

『ロッド』|メジャークラフト「ファーストキャスト シーバスFCS-902ML」

シーバスロッドは汎用性が高く、ルアー釣りからエサ釣りまで、なんでもできます。

このメジャークラフト「ファーストキャスト シーバスFCS-902ML」は、シーバスやチヌなど、ぶっこみ釣りで釣れる大物が掛かっても安心してやり取りできる強さがあり、ぶっこみ釣りで快適に使用できます。

手の届きやすい価格で手に入るので、手軽に釣りを始めたい人におすすめのロッドです。

関連記事:>>知らないと損!【新しいロッドを安く買う方法】

『リール』|シマノ「 21 ネクサーブC3000HG」

ぶっこみ釣りはチヌ・シーバス、時には大きなエイなども掛かるので、大物にも負けない強さとドラグ性能が良いスピニングリールがおすすめ。

こちらのシマノ「 21 ネクサーブC3000HG」は、入門用のリールで手に入れやすい価格ながらも、安心のシマノブランドでシーバス・チヌなどの大物が掛かっても安心してやり取りできます。

また、メジャークラフト「ファーストキャスト シーバスFCS-902ML」とあわせることで、ルアーフィッシングを楽しむこともできるので、これから釣りを始めたい人に強くおすすめできるリールです。

関連記事:>>知らないと損!【新しいリールを安く買う方法】

『ライン』

ぶっこみ釣りは仕掛けを投げて基本放置の釣りなので弱いラインは厳禁。

細くて強いPEラインがおすすめ。

なお、PEラインを使用する場合は、リーダーを必ず付けましょう。

※リーダーは3号以上がおすすめ

『仕掛け』

仕掛けは市販のものでOK。

オモリの重さはフィールドによって使い分けます。

重すぎるとすぐにな掛かりしますし、軽すぎると仕掛けが流されてしまいます。

ぶっこみ釣りにあれば便利なもの

『竿立て三脚』

ぶっこみ釣りは基本待ちの釣りです。

待っている間ずっと竿を持つことはできないので、竿立て三脚があれば便利です。

アタリもわかりやすいので、必需品です。

ぶっこみ釣りを楽しもう

f:id:keeemura:20201027142247j:image

ぶっこみ釣りは初心者からベテランまでのんびりと楽しめる釣りです。

何が釣れるかわからないぶっこみ釣りを楽しんでください。

【ぶっこみ釣り】おすすめの関連記事まとめ

>>【ぶっこみ釣り最強のエサ】魚の切り身の塩漬けの作り方と作るメリットを徹底解説

>>【アナゴのぶっこみ釣り】100%釣れる釣り方とポイントの選び方を教えます

>>ぶっこみ釣りで使える【ブラクリ仕掛けを自作】釣果もばっちり!3分で出来る「簡単ブラクリ仕掛けの作り方」

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる