実際に根魚を連発させたワーム厳選7つご紹介!

釣りのいろいろ
スポンサーリンク

今回は根魚を狙うおすすめワームのご紹介です。

ワームと言ってもなかなかのお値段がするので、出来ればしっかりと釣れるワームを選びたいところ

そこで今回は、根魚のワームゲームが大好きな筆者が、実際に使用して根魚を連発させる事ができたワームを7つご紹介します。

是非あなたのお気に入りワームを見つけてみてください。

根魚を連発させたワーム7選

マルキュー「パワークラブ L」

まずは、カニをイメージして使いたい「パワークラブ」です。

見た目はまるでカニで、マルキュー独自のエキスに浸かっているので集魚力と食わせ力は抜群

ジグヘッドに付けてズル引き・壁きわにフラフラと落とす使い方がおすすめ!

ジャッカル「チャンクロー 2.8インチ」

根魚はエビやカニの甲殻類が大好物で、目の前を通る甲殻類にガツンと食いに行きます。

チャンクローは見た目はエビの様なカニのような感じで、特徴的な爪を震わせて波動を出し、根魚にアピールします。

ジグヘッドやテキサスリグ、直リグなどにつけて底を這うようにして使えば根魚の強いアタリが出るはずです。

エコギア「バグアンツ カサゴ職人 インチ」

根魚用のワームと言えば王道の「バグアンツシリーズ」。

大手釣り具量販店に行けば超高確率で置いているワームですが、それほど実績抜群で多くの人に使われているという事です。

ボディには小さな爪が複数付いており、ボディ後方には細いテールが2本ついていて絶妙な波動と動きを演出し、カサゴにアピールします

まさに根魚入門用のワームと言った感じです。

ルミカ「プニイカ」

とある根魚を釣った時、なかなかの良型なので持って帰って食べる事にしました。

その時、根魚の胃袋チェックをすると、まさに「プニイカ」くらいのイカが3匹も出てきました。

底付近をフワフワと泳ぐ子イカをイメージしながら泳がせるとガツンというアタリがあり、不思議と釣れるサイズは良型ばかり!

釣り場で「イカ系ワーム」を使っている人はあまり見かけませんが、実はめちゃくちゃ効果ありな気がします。

コアマン「アルカリシャッド 3インチ」

 

根魚は元気よく泳ぎ回る小魚を追いかけ回して捕食することは少ないですが、弱って底付近で力なく泳ぐ小魚や底付近を泳ぐハゼ類は大好物です。

アルカリシャッドはまさにそんな小魚を演出できるワームで、実績抜群

特に30センチを超えるキジハタやタケノコメバルを多く釣らせてもらいました。

エコギア「アジマスト 2インチ」

次はアジ用ワームの「アジマスト」です。

特に根魚自体のサイズが小さい時に大活躍

エビ系やカニ系のワームを投げて反応が無い時は、投げてみてください。

今までアタリが無かったのが嘘のようにアタリが増えます。

マルキュー「パワーイソメ 太」

根魚は、ゴカイやアオイソメなどの虫エサも大好物!

なので、見た目がアオイソメそっくりな「パワーイソメ」への食いつきも抜群です。

「パワークラブ」同様にマルキュー独自のエキスに浸かっています。

カニ系・エビ系・小魚系のワームに反応が無ければ、最終兵器として使うのがおすすめ。

ジグヘッドに頭から刺して、底を這うゴカイをイメージして使いましょう。

根魚はエサに貪欲

f:id:keeemura:20210916115732j:image

根魚というとカサゴやキジハタ、ソイやアイナメなど、主に海底の穴や物陰に潜む魚をさします。

この根魚たちはエサに対して貪欲であり、カニやエビはもちろん、大きさが変わらないくらいの魚やイカ、そしてゴカイ類など、とにかく目の前を通るものに対して果敢に食ってかかります

そんなに貪欲なら、ワームなんて何でも良いんじゃない?と思うかもしれませんが、それは間違いで、時と場合によってはワームによって釣果に大きく差がでます。

ワームで釣果は変わります!

f:id:keeemura:20210916115832j:image
根魚は春夏秋冬、24時間いつでも狙える魚で、大きい物であれば40cm以上も狙える楽しいターゲットです。

エサやワームに対して獰猛ではありますが、やはり使うワームが合っていないと思う様な釣果が出ない事もあります。

今回ご紹介したワームを使えば間違いなく根魚ゲームを楽しめるはず。

実際に根魚を連発させたワーム7種一覧

タイトルとURLをコピーしました