【岡山の釣り場】塩飽諸島の釣り場情報 釣れる魚や釣り方をご紹介

【岡山の釣り場】塩飽諸島の釣り場情報 釣れる魚や釣り方をご紹介

大小さまざまな島からなる塩飽諸島は、岡山県と香川県の間に位置し、チヌやマダイ・シーバスにメバルなど瀬戸内海の人気ターゲットたちが狙えます。

島という事でベテラン向きと思われがちですが、瀬戸内海の穏やかな海のため、初心者の方でも楽しめるポイントが多くあり、多くの釣り人が訪れる好フィールドです。

釣り場としての【塩飽諸島】

f:id:keeemura:20200909194904j:image
出典:コトバンク

塩飽諸島は岡山県と香川県に挟まれる位置にあり、大小28の島から構成されています。

塩飽諸島は、名前の由来が「潮が湧く」という事から、その潮通しは良く、潮の流れをどう攻略するかにかかっています。

壮大な瀬戸大橋をバックにチヌやマダイを狙って竿を振るのは本当に気持ちがよく、釣りの醍醐味を味わえる釣り場です。

Advertisement

【塩飽諸島】で狙える主な魚

【マダイ】

f:id:keeemura:20200827124420j:image

塩飽諸島の超人気ターゲットであるマダイは、5月前後の乗っ込みシーズンと8~9月がベストシーズンで、12月の初旬くらいまでは狙えます。

基本的にはウキフカセとマダイで狙うのが一般的であり、40センチ前後が平均サイズです。

しかし、70センチを超える大物も釣り上げられており、ロマンあふれるターゲットです。

「マダイの釣り方」

マダイはウキフカセ釣りで狙うのが一般的ですが、カゴ釣りや投げ釣りでも釣果があがっています。

朝夕のまづめ時や夜を中心にポイントの深場を探りましょう。

【チヌ】

f:id:keeemura:20200909194948p:image

チヌは一年中狙う事が出来ますが、良く釣れる時期は、5月前後と8月から10月です。

平均的なサイズは30~40センチほどですが、50センチ超えの、いわゆる年無しも多く上がっています。

「チヌの釣り方」

チヌはウキフカセ釣りが中心ですが、ダンゴ釣りやルアーでも狙えます。

近年はチヌに対しても様々な釣り方がありますので、自分好みの釣り方を試してみるのも面白いです。

【メバル】

f:id:keeemura:20200909195040j:image

塩飽諸島では、1年中メバルを狙う事が可能です。

しかし、やはりメバルは「春告魚」と呼ばれるだけあって、ベストシーズンは春になります。

「メバルの釣り方」

メバルはウキ釣り・探り釣り・ブラクリ釣り・ルアーなど多くの釣り方で楽しめます。

日中でも釣れますが、やっぱり本番は日が落ちてからです。

潮が動いている時間帯を見て狙いましょう。

【シーバス】

f:id:keeemura:20200909195110j:image

シーバスも一年中狙う事が出来る好ターゲット。

一年の中でも春・夏・秋は特に良い魚が狙えるベストシーズンです。

「シーバスの釣り方」

シーバスはエビ巻きウキ釣り・ルアー・投げ釣りで狙う事ができ、70センチを超える大物も掛かります。

日中や夜は関係なく、潮のタイミングを見ることが重要です。

【キジハタ】

f:id:keeemura:20200909195142j:image

塩飽諸島では、底がゴロタや岩場であればキジハタも狙う事ができます。

キジハタは基本的に底に居ついている魚のなので一年中狙う事ができます。

冬場でも積極的に食いついてくる貴重なターゲットです。

「キジハタの釣り方」

キジハタは投げ釣りやルアーで狙えます。

投げ釣りで狙う場合は、根掛かりに気を付けながら、エサはアオイソメやマムシなどの虫エサが良いです。

虫エサを付けて投げていれば、キスやコチなどのターゲットも同時に狙えます。

また、ルアーでのロックフィッシュゲームも非常に面白いです。

Advertisement

【塩飽諸島】で釣りのワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20200909195303p:image

冒頭でもご紹介した通り、塩飽諸島は非常に潮の流れが利くフィールドですので、魚が掛かった時の引きも自然と強くなります。

掛かった魚が大きければ大きいほどなかなか寄ってこない為、普段よりワンランク上のタックルや仕掛けを用意しておくと、速い流れと魚の引きに対応できます。

【塩飽諸島】アクセス

塩飽諸島へは岡山県下津井港から渡船で渡ることが出来ます。

下津井港の渡船情報はこちらでご紹介されていますので是非ご覧ください。

Advertisement

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。