【東京都など】江戸川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介

スポンサーリンク

日本の大都心部を流れる大河川「江戸川」。河川敷では、多くの人が野球や散歩を楽しんでいますが、その横を流れる川では、ハゼやテナガエビ・シーバスやコイに1mを超えるアオウオなど、多くの魚が釣れます。

今回は、そんな江戸川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介します。

釣り場としての『江戸川』

f:id:keeemura:20210421221253p:image
出典:Googleマップ

江戸川は、東京・千葉・茨城・埼玉を流れ、東京湾に注ぐ一級河川で、その総延長距離は約59キロです。

この江戸川で昔から有名なのが江戸前のハゼ釣りです。有名なポイントでは、時期になると多くの人がハゼ釣りを楽しみます。

また、海から遡上してくるシーバスもルアーマンには超人気であり、アオウオやソウギョ・レンギョなど中国原産の巨大魚たちを狙った釣り人も少なくありません。

大都市部を流れながらもいろいろな魚種が狙える釣り場です。

『江戸川』で釣れる主なターゲット

【ハゼ】

f:id:keeemura:20210421221348j:image
ハゼ釣りは、行徳可動堰堤より下流、江戸川放水路が有名な釣り場です。

仕掛けは小さな玉ウキを使ったウキ釣りがメインで、ファミリーフィッシングでも楽しめます。

初夏になれば初心者でも比較的簡単に釣れます。


【シーバス】

f:id:keeemura:20210421221501j:image
シーバスはもともと海水の魚ですが、淡水への適用力が高く、川にもどんどん入ってきます。

特に早春のバチ抜けシーズンや稚鮎が遡上する季節になると江戸川でシーバスが釣れるようになるので、時期とポイントを見定めて釣りにいくと良い釣果が望めます。

【テナガエビ】

f:id:keeemura:20210421221737j:image
テナガエビは杭やテトラなどの周りが狙い目です。

有名なポイントとしては、北総開発鉄道高架下やJRの高架下で実績があります。

仕掛けはハゼと同じく、玉ウキを使ったウキ釣りが一般的。

とにかくテナガエビが隠れていそうな障害物付近を狙うのがキモです。

【コイ・アオウオ】

f:id:keeemura:20210421221951j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

コイやアオウオは同じような場所がポイントとなりますが、特に川がカーブしている外側で、なおかつ障害物の絡むエリアであれば絶好のポイントです。

また、コイや特にアオウオの引きは強烈で、大物を釣り為には強靭なタックルが必要。

針は20号、道糸にはナイロン20号ほどを使うのがおすすめ。

エサはタニシが良いとされています。

スポンサーリンク

【東京都など】江戸川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210421222021j:image
東京都心部をながれる川でありながら、様々な魚種を狙えるフィールド「江戸川」。
ハゼを狙ったファミリーフィッシングから、ルアーでシーバス、そしてコアな釣りであるアオウオ狙いなどいろんな釣りが楽しめます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

ウェイブは釣具買取専門店ならではの高値を実現

タイトルとURLをコピーしました