【茨城県】涸沼・涸沼川の釣り場情報|釣れる魚・釣り方をご紹介

涸沼と涸沼川は、海とつながっている汽水域のため、釣れる魚種は多種多様。

特にスズキやハゼなどの魚影は濃く、多くの釣り人が通います。

今回はそんな涸沼・涸沼川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ! 

・涸沼・涸沼川で釣れる魚が知りたい
・涸沼・涸沼川の釣り場について知りたい

目次

釣り場としての『涸沼・涸沼川』

f:id:keeemura:20210602143933p:image
出典:Googleマップ

茨城県水戸市に近い涸沼は、もともと海であった場所が河川の堆積作用で封鎖されて汽水湖になりました。

そのため、海抜は0mであり、海の干満の影響をダイレクトに受けるフィールド。

その干満の影響を味方につけることができれば、良い釣果が望めます。

『涸沼・涸沼川』の釣りポイント

f:id:keeemura:20210602144606j:image
出典:https://14hp.jp/activity/hinuma-shizenkouen-campsite/

涸沼や涸沼川で釣りをするなら、足場が良くて釣りがしやすいキャンプ場などがおすすめポイントです。

ハゼや小さなチヌ釣りなどであればキャンプ場周辺。

大型のスズキ狙いであれば、橋の下や涸沼川と那珂川との合流点が人気です。

『涸沼・涸沼川』で釣れる主なターゲット

【スズキ】

f:id:keeemura:20210602144047j:image

涸沼や涸沼川でのメインターゲットはスズキ(シーバス)です。

ルアーで狙うのが一般的で、釣り場の状況を読んでルアー・ポイント選択するのが釣果のカギ。

釣り場についたら、ベイト・潮の流れを確認しながらルアーとポイントを絞っていきましょう。

なお、こちら↓の記事では「シーバス狙いのおすすめルアー」を15種類紹介しているので、ルアー選びに迷っている方はご覧ください。

>>涸沼・涸沼川|シーバス狙いのおすすめルアー15選

【ハゼ】

f:id:keeemura:20210602144135j:image

ハゼ釣りは6月頃から釣れ始め、11月ころまで楽しむことができます。

20センチを超える大物も狙え、簡単に釣れるのでファミリーフィッシングでもおすすめです。

なお、ハゼの釣り方はこちら↓で詳しく紹介しているので、手軽にハゼを釣りたい方はご覧ください。

>>ダイソーのべ竿で釣る|ハゼ釣りをご紹介

【コノシロ】

f:id:keeemura:20210602144206j:image

沼川では、コノシロやサッパのサビキ釣りが楽しめます。

タックルは、アジやイワシなどのタックルでOK。

 【チヌ】

f:id:keeemura:20210602144222j:image

涸沼川ではチヌ釣りが楽しめます。

釣り方は、ワームを使ってチヌを狙うチニングがおすすめ。

なお、チニングのおすすめワームはこちら↓の記事で紹介しているので、必ずチヌが釣りたいという方はご覧ください。

>>チニングのワーム【パワークラブ最強説】どんなワームよりおすすめ!

 【茨城県】涸沼・涸沼川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210602144713j:image

キャンプ場なども多く、ファミリーフィッシングでも十分に楽しめる涸沼・涸沼川。

ランカークラスのシーバスも狙えるため、ベテランアングラーにも絶好のフィールドです。

【茨城県】涸沼・涸沼川の釣り場情報|釣れる魚・釣り方をご紹介

>>涸沼川でチニングするならこのワーム!最強ワーム7選 

>>チニングのワーム【パワークラブ最強説】どんなワームよりおすすめ!

>>涸沼・涸沼川のシーバス狙いのおすすめルアー15選

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる