【東京都】伊豆大島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

伊豆諸島で最大の伊豆大島は、東京から遠いようで遠くないフィールドでありながら、かなり離れているような離島感を感じれる環境と魚影の濃さが特徴です。

何気ない堤防からでも大型の青物や時にはマグロまで狙う事ができ、その他にもアオリイカやメジナ、マダイにイシダイなど超人気ターゲットが目白押しのフィールドです。

釣り場としての『伊豆大島』

f:id:keeemura:20210524110614p:image
出典:Googleマップ

伊豆大島は、伊豆諸島にある島の中で最大の島であり、修理90キロ、人口約6000人(2020年3月時点)の島です。

住所としては東京都になりますが、地理的には静岡県の伊豆半島からの方が近く、約25㎞ほどの距離です。

釣り場としては、年間の気温差が小さく、黒潮の影響を受けた温暖な海は1年を通して様々な釣りが楽しめます。

伊豆大島へのアクセス

伊豆大島へのアクセス方法は3つあります。
詳しくは下記URLより確認可能です。

大島観光協会ホームページ

アクセス・運航状況 | 大島観光協会
アクセス・運航状況 |

『伊豆大島』の主な釣りポイント

【野田浜】

乳が崎沖の激流の影響を受け、魚影が濃い1級の磯。
釣り座も大きいため、大人数での釣行も可能です。
大島で釣れる魚種が多く狙えます。

【赤禿】

メジナやヒラスズキの実績が高いポイント。
夏には良型のイサキが釣れるほか、夜釣りも楽しめるポイントです。

【赤岩】

シマアジのモンスター級が釣れることで有名な磯。
その他にもクロマグロが釣れたりと超大物狙いで実績があります。
ただ、足場が高く、少し釣りをしにくい事が難点なポイントです。

【万根崎】

別名オオツクロと呼ばれる地磯。
潮の流れが速く、起伏に富んだ一級の磯です。
イシダイやイシガキダイを始め、マダイやメジナ、青物などが狙えます。

【元町港】

港の堤防といっても、伊豆大島の堤防は一味違います。
もちろん、アジやイワシなどのファミリーフィッシングの対象魚も狙えますが、イシダイや青物等のベテランをも唸らす魚が狙えます。
伊豆大島の玄関口である元町港は伊豆大島のポテンシャルを感じれるポイントです。

【泉津港】

一見何ともなさそうな堤防からマグロが釣れたことで有名。
暖かいシーズンとなるとカゴ釣り師でにぎわうポイント。
水深は伊豆大島の漁港の中で一番深いとされており、泳がせ釣りやショアジギング等で大物を狙う人に人気のポイントです。

スポンサーリンク

『伊豆大島』で釣れる主なターゲット

【イシダイ】

f:id:keeemura:20210524110639j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

伊豆大島の磯を代表する魚。
70センチ越えの7キロオーバーが釣り上げられた記録もあります。

【メジナ】

f:id:keeemura:20210524110730j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

伊豆大島で超人気ターゲットがメジナです。
クチブト・オナガ共に狙えます。

【ヒラスズキ】

f:id:keeemura:20210524110756j:image
波が立ち、サラシが出来た磯場では、ルアーでヒラスズキが狙えます。
冬場は80cmを超える大型の実績もあり、その激しいファイトで多くの釣り人を魅了します。

【アオリイカ】

f:id:keeemura:20210524110839j:image
エギングで狙うのが超絶人気となっているアオリイカ。
春の親イカシーズンには3㎏越えの超大物も上がっています。

【マダイ】

f:id:keeemura:20210524110907j:image
伊豆大島はマダイの魚影が濃いことで有名。
カゴ釣りで狙うのが一般的ですが、最近ではフカセ釣りやルアーなどでも狙えるようになってきました。

【ヒラマサ】

f:id:keeemura:20210524111053j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

初夏から晩秋に掛けてはヒラマサのシーズン。
メタルジグで狙うショアジギングやミノーなどのプラグで狙うショアプラッキングが人気です。

【マグロ】

f:id:keeemura:20210524111108j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

伊豆大島では1mを超えるマグロが狙えます。
サバなどの活き餌の泳がせ釣りの他、ショアジギング、ショアプラッキングでも狙えます。

『伊豆大島』で釣りをする際のアドバイス

f:id:keeemura:20210524111157j:image

島内へ車の持ち込みは出来ない為、移動は基本レンタカーとなります。

ハイシーズンには全て出払っていることもあるので、事前に予約をしておくのがベスト。

また、飲食物やエサなども島内では欲しい時に買えなかったり、物によっては売っていなかったりするので準備物は伊豆大島へ着く前に準備していくのがおすすめです。

なお、最近ゴミや駐車問題で釣り禁止のポイントが増えています。
限りある釣り場を守る為にもゴミは持ち帰り、路上駐車はしないようにしましょう。

 【東京都】伊豆大島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介まとめ

大都市東京から最短で30分で行ける場所とは思えない魚影やターゲットがいるフィールドです。
事前の準備を万端にして、ルールとマナーを守った釣りを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました