手軽に大物が狙えるかぶせ釣り|釣り方・ターゲット別の攻略法をご紹介

今回は、かぶせ釣りの始め方から、ターゲット別の釣り方までご紹介します。

この記事はコレを知りたい人におすすめ! 

・ かぶせ釣りに使用するカキはどこで手に入れるの? 
・ かぶせ釣りの釣り方は? 
・ターゲット別の攻略法は?

目次

手軽に大物が狙えるかぶせ釣りをいざ実践

f:id:keeemura:20200602160933j:image

かぶせ釣りで狙える魚や使用するタックルのご紹介は、↓こちらの記事でご紹介しています。

>>手軽に大物が狙えるかぶせ釣りのエサ・タックル・ポイントをご紹介

かぶせ釣りの基本的なことを知りたい人は、ぜひチェックしてください。

なお、「かぶせ釣り」釣り方を知りたい方は、このまま読み進めてください!

 かぶせ釣りのエサ『カキ』は自分で調達できる

f:id:keeemura:20200602161214j:image

かぶせ釣りのエサ「カキ」は、全国各地の海岸や岸壁に生息しているため、自分で獲ることが可能です。

このカキがあれば、撒きエサは一切不要。

エサ代もかかりません。

カキなどの貝類採取が禁止されている場所では絶対採らないでください

カキを採るコツ

【カキの採取はハンマーとバールを使用】

 カキの採取には、ハンマーとバールを使用します。

小型のものでOKなので用意しましょう。

【干潮時が狙い目】

カキは普段、海の中に浸かっている貝なので、満潮時に露出はしません。

その為、潮が引いてカキが海から露出しているときが狙い目です。 

 【カキを剥がす】

護岸や岸壁、岩などに張り付いているカキは、バールとハンマーで叩けば取ることが出来ます。

なお、カキの殻は尖っており、手が簡単に切れてしまうので、手袋をすることをおすすめします。 

手軽に大物が狙えるかぶせ釣りの釣り方

【カキを用意して針につける】

用意したカキを少しだけ割って、針につけます。

カキの身が少し出ているくらいがおすすめ。

【足元に仕掛けを投入】

f:id:keeemura:20200602161336j:image

針にカキをつけたら、足元から竿1本分くらいのところへ落としておきます。

魚は足元にいます。

【ラインは張らず緩めずでエサを着底させる】

f:id:keeemura:20200602161538p:image

エサを投入後、着底すればラインを張らず緩めずの状態で置いておきます。

なお、エサを落としている最中にアタリがある場合もあります。

【着底後、アタリを待つ】

着底した瞬間もアタリが多いので気を抜かず、着底後はいつアタリがあっても良いように集中することが大事です。

【カキを割って撒きエサにする】

アタリが無ければ魚を集めたり、活性を高めるように、カキを割って撒きエサをします。

このとき、撒きエサは一度にたくさん撒かず、少しずつ継続的に足元に撒くのがおすすめ。

【時には誘いを入れる】

f:id:keeemura:20200602161853j:image

撒きエサをしてもアタリが無ければ、誘いをいれるのもおすすめ。

竿先を30~100センチほど動かし、エサを持ち上げて再度着底させます。

魚は動くものに反応するので、有効な手段です。

【アタリがあれば、思いっきりアワセる!】

竿先にアタリがあれば、思いっきりアワセましょう!

竿全体に魚の重みが伝わり、ファイトが始まります。

【釣りが終われば、足元を綺麗に流す】

カキを砕いてエサにする「かぶせ釣り」は、足元が汚くなります。

釣り場を綺麗に保つため、釣りが終われば、足元を洗い流して釣りを終えましょう。

手軽に大物が狙えるかぶせ釣りのイメージ

EPSON MFP image

魚は上から落ちてくるものに対して強い興味を示します。

かぶせ釣りは、砕いたカキをエサとして投入するので、カキの身だけでなく、カキ殻やカキ付着している小生物も落ちていくので、多くの魚の興味を引くことが可能です。

かぶせ釣りターゲット別攻略法

【チヌ】

f:id:keeemura:20200602161914j:image

チヌは足元から約5m範囲内の場所でエサを食べます。

潮が流れていれば、潮に乗せてカキを流していき、チヌが溜まる場所へエサを流せば釣果が期待できます。 

【コブダイ】

f:id:keeemura:20200602161935j:image

 コブダイは岸壁に沿って回遊しながらエサを探すので、足元にエサを投入しておくのがおすすめ。

エサを丸のみするので、針掛かりをさせるのは簡単ですが、引きがかなり強く、根に潜るので釣りあげるのが大変。

アタリがあれば、ガチンコ勝負であげてきましょう。

【イシダイ】

f:id:keeemura:20200602161946j:image
出典:ボウズこんにゃくの市場魚介類図鑑

かぶせ釣りで狙えるイシダイは、小さなサイズが多いです。

そのため、繊細なアタリを取って素早いアワセを決める必要があります。

手軽に大物が狙えるかぶせ釣りの注意点

【釣りが終われば釣り座を綺麗にする】

かぶせ釣りはカキを砕いて撒く釣りなので、釣りが終わった後はカキの殻や身で散らかります。

カキの身や殻を放置すると異臭を放ち、虫も多く来るので、バケツやバッカンで水を汲んで洗い流し、釣り座を綺麗にして帰りましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

目次
閉じる