『しまなみ海道の釣り場紹介』釣れる魚や釣れるポイントわかります。

『しまなみ海道の釣り場紹介』釣れる魚や釣れるポイントわかります。

『しまなみ海道の釣り場紹介』釣れる魚や釣れるポイントわかります。
しまなみ海道は、釣れる魚をあげていくと無数に上がるんじゃないかというくらいさまざまな魚種が狙える場所であり、島々が点在するその景色は釣り人以外も多くの人々が魅了される場所です。
今回は、そんなしまなみ海道の釣り場紹介と釣れる魚や釣りポイントをご紹介します。

釣り場としての『しまなみ海道』

しまなみ海道は各島々を繋ぐ橋をまとめた道の事をさしますが、しまなみ海道でつながれた島々は、瀬戸内海らしい波穏やかな海の景色とどこか懐かしさを感じるロケーションが非常に魅力的。
そして、釣り場としても釣れる魚種の多さや魚影の濃さが魅力であり、岸から・船から問わず、人気の釣り場です。
春には瀬戸内海を代表する魚であるメバルがピークを迎え、また、マダイやチヌの乗っ込み時期も大きなチャンス。
夏にはシロギスやアジ・ベラといったファミリーフィッシングでも楽しめる魚種が釣れ始めます。
また、秋が近づくにつれてキジハタも狙え、ルアーではシーバスやハマチなどの青物も良く釣れ、アオリイカの数釣りも楽しめます。
冬にはまたメバルが釣れるようになり、アイナメやカレイも釣れ始めるので1年中釣りが楽しめます。

Advertisement

『しまなみ海道』で釣れる主なターゲット

【メバル】

メバルでも2種類います。
シロメバルが基本的によく釣れますが、クロメバルも混じります。
クロメバルは日中でも釣果が望めるので、クロメバルが居るエリアは覚えておきましょう。

・合わせて読みたい【メバル】の釣り方紹介

【チヌ】

各島の波止で狙える人気ターゲット。
釣り方もフカセやダンゴ、ルアーと様々であり楽しい。
キビレも混じって釣れます。

・合わせて読みたい【チヌ】の釣り方紹介

【マダイ】

投げ釣りや船釣りの人気ターゲット。
瀬戸内マダイのブランドがつく高級魚で、引き締まった白身は非常に美味です。

・合わせて読みたい【マダイ】の釣り方紹介

【キジハタ】

かなり美味しい高級魚。
探り釣りやぶっこみ釣りで狙う事が出来ますが、最近はロックフィッシュゲームとしてルアーで狙うのが非常に人気。
エサで釣る場合は、魚の切り身やエビ・虫エサなどなんでも釣れます。

・合わせて読みたい【キジハタ】の釣り方紹介

【ガシラ】

防波堤回りを探っていると良く釣れる魚。
1年中釣れて味も良く、引きも強く面白いので人気です。

・合わせて読みたい【ガシラ】の釣り方紹介

【アオリイカ】

秋にはコロッケサイズが漁港で連発します。
エギングで狙うのが一般的。

【アジ】

サビキ釣りなどで手軽に狙えるターゲット。
ファミリーフィッシングでは無類の人気を誇りますが、ルアーでも狙えるフィッシュイーターであり、ライトタックルで狙うアジングはかなり楽しいです。

・合わせて読みたい【アジ】の釣り方紹介

【ベラ】

シロギス・カレイなどと並ぶ瀬戸内海で人気な投げ釣りターゲットの1種です。
白身で非常に美味な魚です。

【シーバス】

近海の大物シーバス。

比較的どこでも狙えて、ルアーでもエサでも楽しいファイトをしてくれます。

身は白身でムニエルなどにするとかなり美味しいです。

・合わせて読みたい【シーバス】の釣り方紹介

Advertisement

『しまなみ海道』の主なポイント

【因島・鏡浦漁港】

しまなみ海道の島に点在する小さな漁港のひとつ。

足場の良い堤防からチヌやメバルが狙えて、潮通しの良いエリアではアオリイカも狙えます。

このような小さな漁港は駐車スペースが十分でなく、近くに住宅街もあるため、マナーを守った行動を心掛けましょう。

【生口島・名荷港】

チヌ釣りなどで人気の漁港。

潮の流れが速く、難しい一面もあるため、腕が試されます。

駐車場もあり、便利です。

【大三島・奥栗瀬戸港】

潮の流れが非常に速い漁港。

潮の流れのヨレを見つけて探っていけばアオリイカなどが狙えます。

【因島・因島大橋下】

春の終わりから秋にかけて、サビキでママカリやアジが狙えます。
ただ、ターゲットが回遊してきた時に釣果が見込めるだけなので、岡山や広島エリアの釣具店釣果情報などを確認すると良いでしょう。

【生口島・サンセットビーチ】

レジャー施設の真正面にある砂浜です。
波が穏やかなでのんびりとした雰囲気ですが、砂浜横の石積み波止からは投げ釣りが楽しめ、夏はシロギス・冬はカレイの釣果が期待できます。
トイレもレストランもある為、ファミリーで訪れても不便はしないポイントです。

Advertisement

『しまなみ海道』を楽しむワンポイントアドバイス

しまなみ海道は各島々を結んでいるが、その島々にはそれぞれ特産品があり、いろんなグルメが楽しめます。
道の駅がある島や有名なカフェやお食事処がある島など探せばいろんなグルメが出てくるので、釣りの合間の休憩などで各島の特産品を楽しむのもしまなみ海道を楽しむ一つの方法です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

K村夫婦でした⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。