【新潟県】粟島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

新潟県の北部、日本海に位置する粟島は日本海の荒波に立ち向かうかの様な岩場が続き、いずれも一級の磯場が続きます。

釣れる魚種も豊富で大物狙いのベテランも大興奮のフィールドです。

今回はそんな粟島の釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介します

釣り場としての『粟島』

f:id:keeemura:20210720210118p:image
出典:Googleマップ

粟島は新潟県北部の佐渡島の北東に位置する小さな島です。

人口は300人ほどの有人島で、手付かずの自然が多くあり、魚に限らず鳥や野草の宝庫でもあります。

スポンサーリンク

『粟島』で釣れる主なターゲット

【マダイ】

f:id:keeemura:20210720205929j:image

粟島はマダイの魚影の濃さ、型の良さが良いことで知られています。

特に初夏の乗っ込み時期では70センチを超える大物が上がることも少なくありません。

【チヌ】

f:id:keeemura:20210720210002j:image

チヌやグレもマダイに負けないくらいの魚影です。

シーズンはやはり、乗っ込みの5月前後がおすすめです。

【根魚】

f:id:keeemura:20210720210020j:image

磯まわりや漁港付近は、カサゴやアイナメなどの根魚の魚影も濃いです。

ルアーで狙うロックフィッシュゲームがおすすめ!

【青物】

f:id:keeemura:20210720205849j:image

メジロやヒラマサなどの青物は6月頃から12月初旬くらいまでがシーズン。

朝からのショアジギングがかなり人気です。

【イシダイ】

f:id:keeemura:20210720205837j:image
出典:ボウズこんにゃくの市場魚介類図鑑

磯場ではイシダイ釣りも根強い人気があります。

最盛期は初夏から晩夏にかけて。

アベレージサイズは40センチ前後ですが、時には大物が出ることとあります。

『粟島』の釣りポイントについて

f:id:keeemura:20210720205803j:image
出典:https://howtoniigata.jp/spot/awashima/4270/3/

新潟圏村上市の岩船港からフェリーが出ていますが、そのフェリーが着岸する内浦港も良いポイント。

夏場はチヌのフカセ釣りやアジのサビキ釣り、秋にはアオリイカのエギングも楽しめます。

それに対して、西側は切り立った岩場が続き、磯釣りエリアになります。

磯場は道路などから降りれる場所はほとんどなく、危険なので渡船を使うのが一般的です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

タイトルとURLをコピーしました