【新潟県】粟島の釣り場情報|釣れる魚・釣り方をご紹介

粟島は釣れる魚種も豊富で、大物狙いのベテランも大興奮のフィールドです。

今回は、そんな粟島の釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!

・粟島で釣れる魚を知りたい
・釣れる魚の釣り方を知りたい

目次

釣り場としての『粟島』

f:id:keeemura:20210720210118p:image
出典:Googleマップ

粟島は、新潟県北部の佐渡島の北東に位置する小さな島。

人口は300人ほどの有人島で、手付かずの自然が多くあり、魚に限らず鳥や野草の宝庫です。

『粟島』|釣りポイントについて

f:id:keeemura:20210720205803j:image
出典:https://howtoniigata.jp/spot/awashima/4270/3/

新潟圏村上市の岩船港から出たフェリーが着岸する内浦港が良いポイント。

夏場はチヌのフカセ釣りやアジのサビキ釣り、秋にはアオリイカのエギングも楽しめます。

それに対して、西側は切り立った岩場が続き、磯釣りエリアになります。

なお、磯は道路などから降りれる場所がほとんどなく、危険なので渡船を使うのが一般的です。

『粟島』で釣れる主なターゲット

【マダイ】

f:id:keeemura:20210720205929j:image

粟島はマダイの魚影の濃さ、型の良さが良いことで知られています。

特に初夏の乗っ込み時期は、70センチを超える大物が上がることあります。

近年はタックルやルアーの進化によってマダイを岸から狙えるようになりました。

なお、こちら↓の記事では「岸からルアーでマダイを釣る方法」を解説しているので、マダイ狙いの方はご覧ください。 

>>マダイをルアーで釣る|釣り方・タックルを詳しくご紹介

【チヌ】

f:id:keeemura:20210720210002j:image

粟島はチヌやグレも魚影が濃いです。

狙うシーズンは、産卵前の5月前後がおすすめ。

なお、チヌのおすすめの釣り方は↓こちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

>>チヌが簡単に釣れる|パワークラブの落とし込み釣り

【根魚】

f:id:keeemura:20210720210020j:image

磯まわりや漁港付近では、カサゴやアイナメなどの根魚を釣ることができます。

釣り方は、ルアーで狙うロックフィッシュゲームがおすすめ!

なお、こちら↓の記事ではロックフィッシュゲームの「釣り方」「おすすめワーム」などを詳しく紹介しているのでご覧ください。

>>狙え巨大ロックフィッシュ!|堤防からロックフィッシュを釣る方法・タックルをご紹介

【青物】

f:id:keeemura:20210720205849j:image

メジロやヒラマサなどの青物は、6月頃から12月初旬くらいまでがおすすめのシーズン。

釣り方は、ルアーやジグで狙うショアジギングで狙うのが人気です。

なお、こちら↓の記事では「ただ巻くだけで青物が釣れるルアー」を7つ紹介しているので、ルアー選びに迷っている方はご覧ください。

>>ただ巻くだけ|青物が釣れるルアー7選

【イシダイ】

f:id:keeemura:20210720205837j:image
出典:ボウズこんにゃくの市場魚介類図鑑

磯場では、イシダイ釣りも根強い人気があります。

アベレージサイズは40センチ前後ですが、時には大物が出ることとあります。

【粟島の釣り】おすすめの関連記事まとめ

>>マダイをルアーで釣る|釣り方・タックルを詳しくご紹介

>>チヌが簡単に釣れる|パワークラブの落とし込み釣り

>>狙え巨大ロックフィッシュ!|堤防からロックフィッシュを釣る方法・タックルをご紹介

>>ただ巻くだけ|青物が釣れるルアー7選

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる