【ブラクリ釣り】確実に根魚が釣れるブラクリ釣りをご紹介。ビギナーにもおすすめです。

ロックフィッシュ

小さな針とオモリが一体となった「ブラクリ」は、海底や壁際などに生息するカサゴやアイナメなどの根魚を狙うのに適した仕掛け。

今回は、確実に根魚が釣れるブラクリ釣りをご紹介します。

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

【ブラクリ釣り】魅力

f:id:keeemura:20200817083639j:image

 根魚は、岩礁帯や堤防の基礎や捨て石、ケーソンの隙間、消波ブロックの隙間など、とにかく自分の身を隠せる場所に生息し、エサを待ち構えています。

この根魚の習性を利用した釣りが、ブラクリ釣り。

ブラクリにエサを付けて、根魚が居そうな場所へブラクリを投入するだけの釣り方なので、初心者でもチャレンジ出来て、釣れる確率も高いのがブラクリ釣りの魅力です。

【ブラクリ釣り】狙える主な魚

「カサゴ」

f:id:keeemura:20200817084026p:image

根魚の代表的な魚であるカサゴ。

目の前を通るものに大きな口でアタックしてきます。

「ソイ」

f:id:keeemura:20200817083658j:image

日本全国どこでも見れる根魚。

機敏にエサに食らいついてくるので、初心者にも釣りやすい魚です。 

「アイナメ」

f:id:keeemura:20200817083808j:image

根魚の中でも、人気ターゲットのアイナメ。

大きいもので50センチ以上にもなり、引き味も強く、食べても美味しい魚です。

「ハタ系」

f:id:keeemura:20200817083935j:image

キジハタやオオモンハタなどのハタ系もブラクリ仕掛けで狙えます。

大型のハタが掛かれば面白いファイトが楽しめます。

【ブラクリ釣り】タックル・仕掛け・小物

EPSON MFP image

「ロッド」

ロッドは、ルアーロッドでも磯竿でも、ブラクリをキャスト・壁際に落とすという動作ができればOK。

キジハタやアイナメなどの大型根魚が掛かることを想定すると、シーバスロッドか磯竿がおすすめです。

「リール」

リールはキャスト・リトリーブが出来て、ドラグの調整が出来るスピニングリールであればOK。

シーバスやエギングで使っているものを代用できます。

「ライン」

メインラインはPEの0.8号から1号程度がおすすめ。

PEラインを使用する場合は、必ずリーダーをつけましょう。

「ブラクリ仕掛け」

 ブラクリ仕掛けは、市販されているものでOK。

オモリの重さや針の大きさなどに種類があるので、使用する場所や状況に合わせて選択しましょう。

「エサ箱」

ブラクリ釣りは一か所に留まらず、ランガンで仕掛けを投入する釣りなので、バッグやベルトに取り付けできるエサ箱が便利です。

エサ箱に入れておくと、虫エサの活きも長くなるのでおすすめです。

「小物ケース」

 サイズや重さの違うブラクリを入れたりするのに便利な小物ケース。

カバンやポケットに入れておけば、仕掛けチェンジも容易です。

【ブラクリ釣り】エサ

「アオイソメ」

f:id:keeemura:20200817084118j:image

アオイソメは価格が安く、どこでも手に入りやすいエサ。

エサ持ちがよいので遠投でもOKです。

「イワイソメ」

f:id:keeemura:20200817084210j:image

西日本では、マムシと呼ばれるエサ。

アオイソメに比べると高価ですが、虫エサの中で最も食いつきが良いエサです。

【ブラクリ釣り】フィールド

「漁港や堤防」

f:id:keeemura:20200817084315p:image

漁港や堤防は、根魚の魚影が濃いポイントです。

堤防や漁港の周りには、捨て石や基礎があり、魚の隠れ場所となっています。

また、漁港や堤防自体が大きな魚の棲み処となっているため、ブラクリ釣りの定番ポイントです。

「小磯やゴロタ場」

f:id:keeemura:20200817084428j:image

岩礁帯には、多くの根魚が生息します。

磯やゴロタ場が、絶好の隠れ場所となります。

【ブラクリ釣り】主なポイント

EPSON MFP image

海底に岩礁や捨て石などの障害物があれば、根魚の一級ポイント。

その為、堤防周りでは基礎となる捨て石やケーソン部分、消波ブロック周りが最も良いポイントです。

【ブラクリ釣り】釣り方

EPSON MFP image

底に着いたブラクリが目立つように、上下に動かしたり、底を這う小生物のように、ズル引きして誘います。

常に動かして誘い続けるだけでなく、食わせの間を作れるように仕掛けをそのまま動かさずに置いておくのも効果的。

スポンサーリンク

【ブラクリ釣り】釣れないときの工夫

f:id:keeemura:20200817084528p:image

潮などの状況によっては、食いが悪い時間帯があります。

そんな時は、魚の目の前にエサを持っていってやる必要がある為、とにかく広範囲に何度もブラクリを投入することが必要です。

また、エサを大きめに付けてアピールするのも効果的です。

タイトルとURLをコピーしました