【五目釣り】ジグヘッドを使ったお手軽五目釣りを徹底解説

【五目釣り】ジグヘッドを使ったお手軽五目釣りを徹底解説

今回はジグヘッドを使ったお手軽五目釣りを徹底解説します。
釣れる魚はキスやハゼなど砂地の魚からチヌやシーバスなどの大物まで。
特別なタックルは必要なく、テクニックもいらない為、初心者の人でもしっかりと楽しめます。
短時間でも楽しめる釣り方なので、空いた時間にサクッと魚を釣りたい人におすすめです。

『ジグヘッドを使った五目釣り』とは?

f:id:keeemura:20200729204531j:image
『ジグヘッドを使った五目釣り』とは、字の通りオモリと針が一体となったジグヘッドにエサを付けて色んな魚を狙おうという釣り方です。
用意する道具もシンプルであり、エサも一般的な虫エサやオキアミで出来る釣りなので、誰でも楽しめます。
また、釣れる魚の種類も多く、時には大物もかかることがあるのでベテランアングラーも楽しめます。
魚が掛かっても、上げてくるまで何が掛かっているかわからないのがドキドキで魅力的です。

『ジグヘッドを使った五目釣り』が出来るフィールド

「漁港・堤防」

f:id:keeemura:20200729204651p:image
漁港や堤防は色んな魚が棲むお魚天国です。
底が砂地であればハゼやキスが居ますし、壁きわにはチヌや根魚もいます。
また、潮通しが良ければサバなどの回遊魚も回ってくるので、いろんな魚を狙う『ジグヘッドを使った五目釣り』には一番おすすめのフィールドです。

「砂浜・砂利浜」

f:id:keeemura:20200729204737p:image
砂浜や砂利浜にもジグヘッドをキャストして届く範囲に魚は沢山います。
波が低い内湾の砂浜がベスト。
波が高い砂浜はおすすめできません。

『ジグヘッドを使った五目釣り』で狙うポイント

「カケアガリ」

f:id:keeemura:20200729204917j:image
地形の変化や船道にあるカケアガリは魚が着く絶好のポイントです。
ジグヘッドを思いっきりキャストし、カケアガリをなめるように通してくると様々な魚が狙えます。

「ゴロタ場」

f:id:keeemura:20200729205037j:image
ゴロタ場も魚が潜む絶好のポイント。
根掛かりに注意しながらゴロタ場を通してくると根魚などゴロタ場を好む魚が釣れます。

「壁きわ」

f:id:keeemura:20200729205122j:image
漁港や堤防の際にも魚は多く着いています。
きわをフォールさせたり、堤防の基礎周りや敷石を攻めるのがセオリーです。
壁きわには、チヌやシーバスなどの大物が着いている可能性が高いのでまずは足元から攻めるのも良いです。

Advertisement

『ジグヘッドを使った五目釣り』のタックル

『ジグヘッドを使った五目釣り』ではライトなジグヘッドを使用する為、アジングやメバリングタックルがおすすめです。
今回は、私たちが使用しておすすめできるタックルをご紹介します。

【ロッド】

「ソアレBB S610S-L」

シマノのアジングロッド。
1万円程という価格ですが、感度や軽さは他社の中価格帯以上に迫ります。
ソリッドティップなのでキスやハゼの吸い込みバイトにも対応できますし、チヌやシーバスなどの大型が掛かってもファイトは可能。
私も実際に65cmオーバーのシーバスや45cmオーバーのチヌを釣り上げています。

【リール】

「ソアレBB C2000SSPG」

シマノから発売されているライトゲーム専用のリール。
価格は1万円代ですが、機能や見た目はハイエンドモデルに迫ります。
巻き心地も良く、低ドラグ域でも微調整が効きますので細い糸を使用する時でもドラグを使ったファイトで大型にも対応できます。

【ライン】

「ピットブル0.6号」

ラインはPEの0.4号から0.6号くらいがおすすめ。
ナイロンラインやフロロラインでも良いですが、出来るだけ飛距離を出すため、メインラインには細くて強いPEラインを使いましょう。

【リーダー】

「フロロカーボン1号」

メインラインにPEラインを使う際は必ずリーダーをつけましょう。
素材は感度が良く、根擦れに強いフロロカーボンがおすすめ。
長さは1mほど取れば十分です。

『ジグヘッドを使った五目釣り』の仕掛け

【ジグヘッド】

もちろん、『ジグヘッドを使った五目釣り』ではジグヘッドを使います。
むしろ、仕掛けはこれ以外使いません。
ジグヘッドにもヘッドの形状や針先の形状などさまざまなものがありますが、アジングやメバリングに使用するノーマルなジグヘッドでOKです。
大物にも対応できるようにする為、太軸のジグヘッドでもOK。
食い込み重視枝ればアジングなどで使う細軸の方が良いでしょう。

『ジグヘッドを使った五目釣り』のエサ

【アオイソメ】

f:id:keeemura:20200729205356j:image
五目釣りで定番のエサであるアオイソメは、『ジグヘッドを使った五目釣り』で一番おすすめのエサです。
キスやハゼ、根魚を始めアジ・シーバス・チヌなど漁港で釣れる魚であればほぼアオイソメで狙う事ができます。

【パワーイソメ】

f:id:keeemura:20200729205433j:image
虫エサを触れないという方は、人口食わせエサであるパワーイソメでもOK。
アオイソメに迫る釣れっぷりです。
人工エサって本当に釣れるの?と疑問の方は、その疑問を解消する記事があるのでご覧ください。

【ボイルオキアミ】

f:id:keeemura:20200729205508j:image
釣具屋さんで売っているボイルオキアミもおすすめのエサです。
アオイソメより針持ちは悪いですが、エビを好んで食べる魚には効果的です。

『ジグヘッドを使った五目釣り』の釣り方

釣り方①「ジグヘッドにエサを付ける」

まずはジグヘッドにエサを付けます。
アオイソメであれば1匹丸ごとつけると大きすぎるので適度な大きさでカットしましょう。
また、オキアミをつける場合は、針にオキアミが収まるようにつけるのが基本です。

釣り方②「ジグヘッドをキャスト」

ジグヘッドにエサをつけ終わればポイントへ向けてキャストします。
この時エサが飛んでいかないように注意しましょう。

釣り方③「ズル引きしながらアタリを取る」

キャストが終わればジグヘッドをボトムまで落として、底をズルズルと引いてきます。
ボトムまで落としている途中にもアタリはありますし、ズル引きだけではなく、たまに少しダートさせてやると食わせの瞬間を作れたりします。
基本はズル引きで、たまにアクションを加えるような感じでOKです。

釣り方④「ジグヘッドを吸い込ませてフッキング」

アタリがあれば一瞬吸い込ませてフッキングしましょう。
フッキングが早すぎると針までエサを食べていないことがあるので、フッキングの間は大切です。
これに関しては、魚によって当たり方も違いますので何回もアタリを感じて経験を増やして慣れていくのが良いでしょう。

Advertisement

『ジグヘッドを使った五目釣り』で釣れる魚の種類

「キス」

f:id:keeemura:20200729205706j:image
砂地の場所で釣れる魚です。
エサはアオイソメなどの虫エサがおすすめ。
見た目も綺麗で小気味良い引きをしてくれる人気ターゲットです。

「ハゼ」

f:id:keeemura:20200729205726j:image
キスと同じような場所にいます。
ハゼにも多くの種類がいるので釣った種類のハゼを観察してみるのも面白いです。
天ぷらなどにして食べるとかなり美味しい魚。

「アジ」

f:id:keeemura:20200729205820j:image
ジグヘッドのフォール中にアタる魚です。
小さい割に引きが強く、食べても美味しいので超人気ターゲットです。

「チヌ」

f:id:keeemura:20200729205844j:image
ボトムをズルズルしているとコツコツ当たってくるのがチヌです。
50センチを超えるサイズもかかる為、『ジグヘッドを使った五目釣り』で釣れる魚の中では大物です。
エサはアオイソメがおすすめ。

「シーバス」

f:id:keeemura:20200729205910j:image
アオイソメをエサにボトムをズルズル引いてきたり、壁きわを探っているとガツンとアタってきます。
正直『ジグヘッドを使った五目釣り』では釣れる確率は少ないですが、掛かる確率はゼロではありません。
ファイトが最高に楽しい人気ターゲットです。

「根魚」

f:id:keeemura:20200729205947j:image
ゴロタ場や壁きわを探っていると食ってきます。
カサゴやキジハタ・ソイなど種類も豊富で、居ればくってくる魚たちなので比較的簡単に釣れます。
エサはアオイソメでもエビでもOKです。

「サバ」

回遊があればサバもヒットします。
底をズルズルしているだけでは釣れませんので、ダートしてみたり、ジグヘッドのフォール中に当たったりします。
よく走る引きが楽しい魚です。

「ベラ」


壁きわにやカケアガリを探っていると釣れるのがベラ。
小さな口で上手にエサを食うのであわせるのが少し難しいですが、しっかり食い込ませればフッキングは決まります。

『ジグヘッドを使った五目釣り』おすすめアイテム

「携帯サシエサ入れ」

f:id:keeemura:20200729210201j:image
『ジグヘッドを使った五目釣り』でかなり重宝するのが「携帯サシエサ入れ」です。
『ジグヘッドを使った五目釣り』はその場でじっと待つ釣りでは無く、歩いてポイントをまわり、ルアーの様にエサを動かすので、エサをいちいち持って歩くのはめんどくさいです。
でも、「携帯サシエサ入れ」があれば腰に付けて歩き回れて、エサをつけたいときにパッと出せますし、アオイソメなどの活きエサを使う際は、エサの弱りもかなり遅くなります。
『ジグヘッドを使った五目釣り』をする際、「携帯サシエサ入れ」があれば便利にスマートに、そして活きの良いエサを使用して釣りが出来ます。

Advertisement

『ジグヘッドを使った五目釣り』まとめ

f:id:keeemura:20200729210241p:image
いかがでしたか?
『ジグヘッドを使った五目釣り』は持っているタックルで、必要な仕掛けはジグヘッドのみという誰にでも始められて、尚且ついろんな種類の魚を手軽に釣れるおすすめの釣り方です。
空いた時間での釣りやファミリーフィッシングなどで五目達成を狙って『ジグヘッドを使った五目釣り』をしてみてはどうでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

K村夫婦でした⭐

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。