【初心者でも簡単!】チョイ投げでのキスの釣り方とタックルなどご紹介。

魚の種類別釣り方紹介

今回は、初心者でもチョイ投げで簡単にキスを釣る方法をご紹介します。

この記事を書いた人

6歳で釣りを始めて釣り歴は25年。
怪魚から小魚まで、多くの魚釣りを経験してきました。
日本全国で釣りを楽しんでおり、結婚後は妻を釣りの世界へ引き込み中!
夫婦で釣り系Youtubeも配信中です!

タビカツリ旦那をフォローする

チョイ投げで釣るキスとは

f:id:keeemura:20200326161211j:image

砂浜や堤防から釣れるシロギスは、砂地に生息しており、エサとなる虫エサ類やアミエビなどを探しながら泳いでいます。

警戒心は強く、臆病な魚である為、必要以上に警戒させてしまうと、釣れなくなってしまいます。

チョイ投げでキスが釣れるシーズン

f:id:keeemura:20200326161304j:image

本格的な投げ釣りであれば、100m近く遠投し、深場を探りますが、今回ご紹介するチョイ投げ釣りは、2.30mくらいの近場を探ります。

その為、キスが接岸する初夏から晩秋の時期がベストシーズン。

チョイ投げでキス釣りのポイント

【底が砂地の堤防】

f:id:keeemura:20200330222316p:image

堤防でチョイ投げ釣りをする場合、底が砂地の場所を選びましょう。

砂地であるかの確認方法は、仕掛けを投げ、底に仕掛けを滑らせて、根掛かりしないかどうかで探るのがおすすめ。

なお、近くに砂浜がある堤防は、底が砂地であることが多いです。

【砂浜】

f:id:keeemura:20200330222352p:image

キス釣りは、砂浜でするのが基本。

砂地に生息するキスは、砂浜で狙うのがおすすめです。

スポンサーリンク

チョイ投げでキスを釣るタックル

f:id:keeemura:20200330222529j:image

キスを狙ったチョイ投げ釣りは、シーバスやエギングタックルで代用可能。

私たちもルアータックルを代用して、チョイ投げ釣りを楽しんでいます。

ロッド

シマノのコンパクトロッド。

ブラックバス・シーバス・ロックフィッシュ・タチウオなどのルアーゲームから、チョイ投げなどの釣りまで幅広くカバーできる万能竿です。

釣竿1本で、いろんな釣りをしたいという方におすすめロッドです。

リール

ダイワのスピニングリール。

手の届きやすい価格ですが、性能は中級品に迫ります。

シーバスからタチウオやチョイ投げ釣りにも使用できる汎用性の高いリールです。

ライン

PEラインは、細くて引張強度が強いという特徴があり、飛距離が欲しいチョイ投げ釣りにはぴったりです。

メジャークラフトから出ている弾丸ブレイドは、安くて強度もあり、コストパフォーマンスの高いPEラインです。

仕掛け

仕掛けは、チョイ投げセットを使いましょう。

市販のチョイ投げ釣りセットは、オモリから針まで全てセットになっているので、おすすめです。

チョイ投げでキスの釣り方

f:id:keeemura:20200330222228j:image


キスは、小さなカケアガリなど地形の変化がある周辺でエサを探して回遊しています。

その為、仕掛けを投げて、底についたら、少しずつ巻きながら、底を探ります。

巻くスピードは、魚の活性によって変わるので、いろいろ試してベストスピードを探しましょう。

チョイ投げでキス釣りのエサ

f:id:keeemura:20200326161355j:image

エサは、アオイソメやイシゴカイなどの虫エサを使います。

エサを針につける時は、キスが食い込みやすい様に切って付けると釣果が伸びます。

チョイ投げでキス釣り、数釣りをするワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20200326161404j:image

1匹釣れるとその場所にキスが溜まっていることもありますが、アタリが無くなれば別の場所を探る等、数釣りをするのであれば、ポイントを回って仕掛けを投入すると釣果があがります。

チョイ投げでキス釣りを気軽に楽しもう!

見た目も綺麗で食べても美味しいキスは意外と近くにいます。

手軽なタックルでキスのちょい投げ釣りを気軽に楽しみましょう♪

タイトルとURLをコピーしました