【初心者でも簡単!】チョイ投げ釣りでキスの釣り方とタックルをご紹介

今回は、初心者でもチョイ投げで簡単にキスを釣る方法をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!

・チョイ投げ釣りでキスを釣りたい
・キスが簡単に釣れる方法を知りたい

目次

チョイ投げ釣りで釣るキスとは

砂浜・堤防から釣れるシロギスは、おもに砂地エリアに生息しており、エサとなる虫エサ・エビなどを探して泳いでいます。

身近な海に生息しているため、どこでも釣果が期待できるうえ、食べても美味しく見た目も綺麗なので、海釣りの人気ターゲットです。

チョイ投げ釣りでキスが釣れるシーズン

f:id:keeemura:20200326161304j:image

キス狙いの釣りは、100mほど仕掛けを遠投して遠くのポイントを探る投げ釣りが有名ですが、今回ご紹介する「チョイ投げ釣り」は、20mほどの近場を探ります。

そのため、キスが接岸する晩春から晩秋の時期がベストシーズンになります。

地域にもよりますが、5月~9月くらいまではチョイ投げ釣りでキスが狙えます。

チョイ投げ釣りでキス釣り|ポイント

【底が砂地の堤防】

f:id:keeemura:20200330222316p:image

キスを狙って堤防でチョイ投げ釣りをする場合は、底が砂地の場所を選ぶのが絶対です。

砂地であるかの確認方法は、仕掛けを投げ、底に仕掛けを滑らせて、根掛かりしないかどうかで判断するのがおすすめ。

なお、近くに砂浜がある堤防は、底が砂地であることが多いです。

【砂浜】

f:id:keeemura:20200330222352p:image

砂浜は、キス釣りの超基本的なポイントです。

波が高い砂浜よりも、穏やかな波が打ち寄せるポイントがおすすめです。

チョイ投げ釣りでキスを釣る|タックル

f:id:keeemura:20200330222529j:image

キスを狙ったチョイ投げ釣りは、シーバスやエギングタックルで代用可能。

私たちもルアータックルを代用して、チョイ投げ釣りを楽しんでいます。

今回は、キス釣りに代用できるおすすめルアータックルをご紹介します。

ロッド

フリーゲームXT S86MLは、シマノのコンパクトロッドです。

仕舞えば56cmに収まるため、持ち運びに便利で気軽にどこでもいつでも持って行くことができます。

また、チョイ投げ釣りはもちろん、ブラックバス・シーバス・ロックフィッシュ・タチウオなどのルアーゲームも楽しめるため、1本持っていれば何でもできる万能ロッド。

「竿を何本も買いたくない」という方にはおすすめです。

リール

ダイワの小型スピニングリール。

手の届きやすい価格ですが、性能は中級品に迫ります。

シーバスからタチウオやチョイ投げ釣りにも使用できる汎用性の高いリールなので、リール一台でなんでもしたいという方におすすめです。

ライン

PEラインは、細くて引張強度が強いという特徴があり、飛距離が欲しいチョイ投げ釣りにはぴったりです。

メジャークラフトから出ている弾丸ブレイドは、安くて強度もあり、コストパフォーマンスの高いPEラインです。

仕掛け

仕掛けは、市販のチョイ投げセットを使うのがおすすめ。

針・オモリ・仕掛けがセットになっているので、釣り場で結ぶだけですぐにキス釣りを始めることができます。

チョイ投げ釣りでキス|釣り方

f:id:keeemura:20200330222228j:image

キスは、砂地の地形が変化している場所でエサを探して回遊しています。

そのため、仕掛けを投げたら少しずつ巻きながら、底の凹凸を探るのがおすすめ。

巻くスピードは、魚の活性によって変わるので、いろいろ試してベストスピードを探しましょう。

チョイ投げ釣りでキス釣り|エサ

エサは、アオイソメやイシゴカイなどの虫エサを使うのがおすすめ。

なお、エサを針につける時は、キスが食い込みやすいように3cm~5cm切って使うとキスが掛かりやすくなります。

チョイ投げでキス釣り|ワンポイントアドバイス

f:id:keeemura:20200326161404j:image

キスは、1匹釣れるとその場所に溜まっていることがあります。

そのため、1匹釣れたらその場所を丁寧に探るのがおすすめ。

逆に、何匹か釣ってアタリがなくなれば、テンポよく違う場所を探していくのが数釣りをするコツです。

チョイ投げでキス釣りを気軽に楽しもう!

見た目も綺麗で食べても美味しいキスは、チョイ投げ釣りで簡単に釣ることができます。

手軽なタックルでキスのチョイ投げ釣りを楽しみましょう♪

よかったらシェアしてね!

コメント

目次
閉じる