【淡路島】『多彩な魚種が釣れる海釣りアイランド淡路島』の釣り場情報をご紹介

【淡路島】『多彩な魚種が釣れる海釣りアイランド淡路島』の釣り場情報をご紹介

瀬戸内海に浮かぶ淡路島。周りは大阪湾や播磨灘・紀伊水道に囲まれて、メバルやアジ・青物にアオリイカなど淡路島で釣れる魚は数知れず。

今回は、初心者からベテランまで釣り人にとっても楽園である淡路島の釣り場情報や釣れる魚、釣り方などをご紹介します。

釣り場としての淡路島

f:id:keeemura:20200427214946p:image

瀬戸内海に浮かぶ関西地方で一番大きな島、『淡路島』。

淡路島は周りを大阪湾・播磨灘・紀伊水道に囲まれており、潮の流れが速い場所や穏やかな場所など、様々な魚が集まる環境が整っています。

海岸線を車で走ると漁港や砂浜・ゴロタ浜やテトラ帯など釣りをするポイントが次々と出てきて、周りが様々な海に囲まれたその立地は、春夏秋冬ターゲットには困りません。

まさに淡路島は海釣りアイランドです。

Advertisement

【月別】淡路島で狙える主な魚たち

魚/月123456789101112
メバル
ハマチ
シロギス
タチウオ
アオリイカリリース期間リリース期間リリース期間
コブダイ


〇=期待大 △=狙える

淡路島でアオリイカを狙ってエギング

f:id:keeemura:20200427215009j:image
淡路島でエギングをしてアオリイカが釣れ始めるのは5-6月ころからです。

島の西側は底が砂地になっており、そこに生えている藻の周りにイカが付くようになります。

 春の親イカシーズンなので大型が狙えるのでタックルは多少強めのエギングタックルがおすすめ。

エギは3.5号以上のものを使い、海藻の切れ間や穴を丁寧に狙っていけば、藻についているイカが出てきます。

また、秋は9月ころから新子のシーズンが始まります。

ライトタックルでも狙えるこの時期は、エギを小さめの2.5号くらいで広範囲を探りましょう。

秋は淡路島のほぼ全域でイカが狙えます。

同じ場所にとどまらず、ランガンするのが数釣りをする秘訣です。

淡路島で実績のあるエギはこちら!

【淡路島でエギングをする時の注意点】

f:id:keeemura:20200427215022j:image

淡路島では、アオリイカの資源増大のため、お願いの看板が貼られています。

これからも淡路島のアオリイカを釣り続けれるようにするためにも、『7月から9月に釣れたイカはリリース』『胴長15cm以下はリリース』するようにしましょう。

Advertisement

淡路島でハマチを狙ってショアジギング

f:id:keeemura:20200427215039j:image

淡路島といえばハマチ(青物)という人もいるくらいハマチの釣果は期待できます。

淡路島は潮通しの良い場所が多く、ハマチ(青物)がよく回遊してきます。

イワシなどのベイトフィッシュが多くなる秋頃が最大の狙い目ですが、その他のシーズンでも釣れないことはありません。

とにかくベイトとなるアジやイワシなどの釣果が聞こえればハマチもそれを追って回遊している可能性があるので情報にアンテナを張っておくのが良いでしょう。

時にはショアからブリクラスも釣れたという話も聞きます。

私たちもメジロクラスまでは釣りあげましたので少し強めのタックルを用意しても良いかもしれません。

淡路島でのハマチ実績ルアーはこちら! 

淡路島でメバルを狙ってメバリング

f:id:keeemura:20200427215148j:image

 淡路島はメバルの魚影も濃いです。

主に夜がメインの釣りになりますが、海藻が生えているのがよく見える漁港やテトラなどメバルが隠れれる場所が多い漁港がメインのポイントとなります。

漁港の常夜灯などに集まるエビや小魚を積極的に食べるので、淡路島の漁港を見て回って『海藻やテトラが多く』『常夜灯がある』漁港を狙いましょう。

メバリングの詳しい解説はこちら

淡路島でシロギスを狙ってちょい投げ釣り

f:id:keeemura:20200427220302j:image

投げ釣りを本格的にする人にとって、淡路島は『シロギスの本場』と思われる方も少なくありません。

淡路島は至る所に砂浜があり、その砂浜ではシロギスの釣果が期待できます。

もちろん、本格的な投げ釣りタックルに越したことはありませんが、ライトタックルのちょい投げ釣りでも十分に楽しめます。

淡路島のサーフでのちょい投げ釣りはシロギスの他にもハゼやコチなどいろんな魚が釣れて面白いですよ。

ちょい投げ釣りの詳しい解説はこちら!

Advertisement

淡路島でタチウオを狙ってウキ釣り&ルアー釣り

f:id:keeemura:20200427220113j:image

淡路島の7月ころから晩秋にかけては、タチウオが狙えます。

タチウオは基本的に夕方から夜にかけてのまづめ時のみ釣れる魚であり、そのまづめ時をつかむのが釣る基本です。

狙うポイントは水深が深く、外洋に面した漁港がおすすめ。

淡路島では津名港や洲本港などが定番のポイント。

釣り方はウキ釣りやルアーなどで狙えて、初心者にも釣りやすいため、非常に人気の釣りです。

タチウオのルアーゲームを詳しく解説している記事はこちら!

淡路島でコブダイを狙ったぶっこみ釣り

f:id:keeemura:20200427220144p:image

淡路島で冬の人気者といえばコブダイです。

コブダイは、身近に釣れる大型魚として近年、人気が急上昇中。

淡路島のどの漁港にでも潜んでおり、シンプルな釣り方で強烈なファイトが楽しめます。

釣り物が少ない冬に熱くなれる貴重なターゲットです。

こちらでは、淡路島でコブダイを狙うポイントをご紹介していますので是非ご覧ください。

Advertisement

淡路島のとなりの島『沼島』も海釣りアイランド!

f:id:keeemura:20200427220128j:image

南あわじ市の土生港から渡船が出ている『沼島』もおすすめの釣り場です。

『沼島』は淡路島の南東側に位置する小さな島ですが、島の周囲は岩礁帯になっており、潮通しも良いので良い磯釣り場になります。

チヌを狙ったウキフカセ釣りや遊漁船に乗って沼島沖で狙うイシダイも人気の釣りです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。