【淡路島】『多彩な魚種が釣れる海釣りアイランド淡路島』の釣り場情報をご紹介

全国釣りポイント紹介

淡路島は、周りが大阪湾や播磨灘・紀伊水道に囲まれて、メバルやアジ・青物にアオリイカなど多くの魚が狙えます。

今回は、そんな淡路島の釣り場情報や釣れる魚、釣り方をご紹介します。

釣り場としての淡路島

f:id:keeemura:20200427214946p:image

瀬戸内海に浮かぶ関西地方で一番大きな島、『淡路島』。

淡路島は周りを大阪湾・播磨灘・紀伊水道に囲まれて、潮の流れが速い場所や緩やかな場所など、多くの魚が集まる環境です。

海岸線を車で走ると、漁港や砂浜・ゴロタ浜やテトラ帯など釣りをするポイントが次々と出てきて、春夏秋冬ターゲットには困りません。

淡路島でアオリイカを狙う

f:id:keeemura:20200427215009j:image
淡路島でアオリイカが釣れ始めるのは5.6月ころからです。

島の西側は底が砂地になっており、そこに生える藻の周りにイカが付きます。

なお、秋は9月ころから新子のシーズンが始まります。

エギングが人気ですが、初心者でも狙いやすい、泳がせ釣りもおすすめです。

【淡路島でアオリイカを狙う時の注意点】

f:id:keeemura:20200427215022j:image

淡路島では、アオリイカの資源増大のため、注意喚起の看板が貼られています。

淡路島のアオリイカを釣り続けれるよう、『7月から9月に釣れたイカはリリース』『胴長15cm以下はリリース』するようにしましょう。

淡路島で 青物(ハマチなど) を狙ってショアジギング

f:id:keeemura:20200427215039j:image

淡路島といえば、関西の青物(ハマチなど)の聖地という人もいるほど、 釣果が期待できます。

イワシなどのベイトフィッシュが多くなる秋頃が狙い目ですが、その他のシーズンでも十分に釣れます。

とにかく、アジやイワシの釣果情報があれば、 青物(ハマチなど) もそれを追って回遊している可能性があるので、情報にアンテナを張っておくのがおすすめ。

淡路島でメバルを狙ってメバリング

f:id:keeemura:20200427215148j:image

 淡路島は、メバルの魚影も濃いです。

主に夜釣りがメインですが、漁港やテトラなどメバルが隠れる場所が多いポイントが狙い目。

漁港の常夜灯に集まるエビや小魚を積極的に食べるので、淡路島の漁港を見て回って『海藻やテトラが多く』『常夜灯がある』漁港を狙いましょう。

淡路島でシロギスを狙ってちょい投げ釣り

f:id:keeemura:20200427220302j:image

淡路島は、多くの砂浜があり、シロギスの釣果が期待できます。

本格的な投げ釣りタックルで挑むのが最適ですが、ライトタックルのちょい投げ釣りでも十分に楽しめます。

淡路島の砂浜のちょい投げ釣りは、シロギスの他に、ハゼやコチなどが釣れてファミリーフィッシングに最適です。

淡路島でタチウオを狙ってウキ釣り&ルアー釣り

f:id:keeemura:20200427220113j:image

8月ころから晩秋にかけては、タチウオが狙えます。

タチウオを岸から狙う場合は、夕方から夜かけてが基本。

狙うポイントは水深が深く、外洋に面した漁港がおすすめです。

淡路島でコブダイを狙ったぶっこみ釣り

f:id:keeemura:20200427220144p:image

淡路島の冬の人気者といえばコブダイです。

コブダイは、身近に釣れる大型魚として人気が急上昇中。

淡路島のどの漁港にでも潜んでおり、シンプルな釣り方で強烈なファイトが楽しめます。

淡路島のとなりの島『沼島』も海釣りアイランド!

f:id:keeemura:20200427220128j:image

南あわじ市の土生港から渡船が出ている『沼島』もおすすめの釣り場。

『沼島』は淡路島の南東側に位置する小さな島ですが、島の周囲は岩礁帯になっており、潮通しも良いので良い釣り場になります。

チヌを狙ったウキフカセ釣りや遊漁船に乗って沼島沖で狙うイシダイも人気の釣りです。

タイトルとURLをコピーしました