【静岡の釣り場】狩野川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介

【静岡の釣り場】狩野川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介

静岡県伊豆半島を流れる狩野川の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介をご紹介します。

釣り場としての【狩野川】

出典:国土交通省

沼津市や三島市、伊豆市などを流れ、駿河湾に注ぐ狩野川は、天城連山からの水に加えて富士山からの伏流水もあり、水量は豊富な上、水質も良いです。

そんな良い環境には、アユやアマゴなど多くの渓流魚が生息しており、海とぶつかる河口では大型のシーバスを育んでいます。

アユ釣り師やシーバスを狙うルアーマンには憧れの場所です。

【狩野川】の主なポイント(シーバス編)

「狩野川河口」

ランカーシーバスが数多く上がっているポイント。

対岸にルアーをフルキャストし、馬瀬やカケアガリなどの地形の変化を探っていけばシーバスがヒットします。

なお、落ち鮎シーズンはとにかく落ち鮎がどう流れてきているかを意識するのがベターです。

「黒瀬橋」

沼津警察署裏に位置するのが黒瀬橋。

水深は浅いのでデイゲームでは厳しいですが、ナイトゲームでは浅瀬にエサを食べに来たシーバスを狙えます。

足場が良いので、ナイトゲームでサクッとシーバス釣りを楽しみたい人にはおすすめのポイントです。

【狩野川】の主なポイント(アユ編)

「二百枚橋」

アユが狙えるポイントとしては最上流部に当たる二百枚橋。

川幅は狭く、水深もないですが、非常に釣れるエリアです。

「嵯峨沢橋」

嵯峨沢周辺は狩野川の上流部を代表する名ポイント。

程度の良い石が点在しているのでアユが着きやすく、数釣りが可能なポイントです。

「宮田橋」

大きなアユ釣り大会が行われるほどのエリアが宮田橋周辺。
超人気のポイントだけに人の出入りも多い場所です。

Advertisement

【狩野川】で狙える主な魚

【アユ】

狩野川と言えばアユの友釣りというくらい人気のターゲット。

近代の友釣りは狩野川が発祥の地ともいわれています。

温暖な気候と緩やかな流れがアユの生育に適しており、サイズ・数共に釣果が期待できます。

【アマゴ】

出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

狩野川でアマゴ釣り場は良いポイントがたくさん。

本流であれば宮田橋より上流がおすすめ。

ただ、アユ釣り解禁後は人が増えるので、支流へチェンジした方が無難です。

【コイ】

狩野川のほぼ全域で狙う事ができるコイ。

大型のコイも多いことから人気のターゲットになりつつあります。

【シーバス】

狩野川は過去に80cmを超えるシーバスの実績が多くある超一級フィールド。

その中でも特に良いのが河口付近です。

1年中シーバスを狙う事が出来て、デイゲームでもシーバスを狙えます。

狩野川と言えばシーバスと言うくらいメインのターゲットです。

【チヌ(クロダイ)】

シーバスが釣れるエリアではチヌも狙えます。

ワームやルアーを使ってチヌを釣るチニングがおすすめ。 

【狩野川】で釣りをする際の確認事項

狩野川では、漁協が定めた禁漁期間と区域・遊漁料があります。

主にアユやアマゴ、コイやフナなどの淡水魚を狙う場合に定められたものですので、それらのターゲットを狙う場合は、漁協のホームページ等で確認することをおすすめします。

狩野川漁業協同組合

Advertisement

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。