キジハタ(アコウ)をルアーで釣ろう!身近な高級魚の釣り方やタックルをご紹介。

キジハタ(アコウ)をルアーで釣ろう!身近な高級魚の釣り方やタックルをご紹介。

キジハタ(アコウ)というと1匹数千円以上する高級魚ですが、実は岸から気軽に狙えて案外難しくないターゲットなんです。

今回はそんな高級魚キジハタをルアーで釣る釣り方やタックルなどをご紹介します。

キジハタは身近な高級魚

f:id:keeemura:20200422235516j:image

キジハタは別名アコウとも呼ばれ、近所のスーパーなどでは手に入りづらい高級魚です。

そんな高級魚が岸から釣れるという事で近年人気があがってきていますが、特にキジハタをルアーで狙う釣りは瀬戸内を中心に人気があり、地形の変化や潮流を読んで狙うゲーム性の高さが人気の秘密です。

Advertisement

キジハタがルアーで釣れるフィールド

キジハタは青森県以南に生息する根魚の仲間で、九州地方では60センチを超える大物も釣り上げられています。

そんなキジハタは主に『漁港や堤防周辺』『沖堤防』『岩礁場』で狙う事ができます。

『漁港や堤防周辺』

f:id:keeemura:20200422235548p:image

漁港や堤防の周辺は、船の通り道によってできたカケアガリや堤防のえぐれや繋ぎ目、消波ブロックの隙間などキジハタが居つくポイントが多数あります。

キジハタを手軽に狙う時には外せないフィールドのひとつです。

『沖堤防』

f:id:keeemura:20200422235731j:image

沖堤防は潮通しも良く、車で行ける堤防や漁港に比べて人が少ないことから、キジハタの数は減りにくいとされています。

沖堤防に渡った際は、足元の地形の変化を狙うのが中心となります。

『岩礁場』

f:id:keeemura:20200422235605p:image

地磯などの岩礁地域もキジハタが隠れれる場所が多くあり、また、エサも豊富なことからキジハタを狙う良いポイントです。

足場が悪くなるため、しっかりとした装備が必要です。

キジハタがルアーで釣れる時間

f:id:keeemura:20200422235808p:image

キジハタは、日中でも釣れることがありますが、基本的には夜行性の魚なので夕まづめ以降に積極的に動きます。

その為、キジハタを狙って釣りたい人には夜の釣行がおすすめです。

なお、キジハタは灯りの周りに集まる魚ではないので、どちらかというと明るさに変化が無い地形の変化に富んだ場所がおすすめです。

Advertisement

キジハタをルアーで狙うタックル

EPSON MFP image

キジハタをルアーで狙う場合は、手返しが良く、リグを扱いやすい ベイトタックルがおすすめ。

スピニングタックルでもOKですが、今回はおすすめのベイトタックルをご紹介します。

ロッド

ロッドは8フィートくらいのロックフィッシュ専用ロッドがおすすめです。

キジハタを掛けた時にゴリ巻きして根から外せるようにMHアクションは欲しい所です。

リール

ソルト対応のベイトリールを使いましょう。

ベイトリールを使用するメリットは、ワームを絶妙に操れる点と手返しの良さです。

リフト&フォールやずる引きなど、ベイトタックルならではの扱いやすさがあります。

ライン

ラインはPEの2号前後がおすすめ。

なお、PEラインは引張強度は強いですが、根ズレには弱いため、リーダーを必ずつけましょう。

リーダーは根ズレにも強く、感度も良いフロロカーボン素材がおすすめ。

20ポンド前後を使用しましょう。

キジハタをルアーで狙うリグとルアー

f:id:keeemura:20200422235852j:image
f:id:keeemura:20200422235858j:image

 キジハタをルアーで狙う際、最も使われるのがワームです。

そのワームを使ったテキサスリグもしくはジグヘッドリグが主流。

ワームは甲殻類に似せたものや小魚をモチーフにしたものなどありますが、今回は実際に使用して実績があるワームをご紹介します。

『バグアンツ』

ブラックバス釣りなどにも使われるワームのシリーズですが、キジハタにも大きな効果を発揮します。

ワームについている独特のにおいがキジハタを魅了し、甲殻類に似せた見た目と動きで口を使わせます。

キジハタ釣りだけでなく、根魚全般におすすめのワームです。

『アルカリシャッド』

このアルカリシャッドは小魚に似せたワームであり、しっぽの小刻みな震えでキジハタを誘います。

おもにジグヘッドに付けてスイミングをさせたり、壁際をリフト&フォールさせる使い方がおすすめです。

キジハタをルアーで狙うポイント

 ルアーでキジハタを狙う場合、どんな場所を狙えばよいかわからない、そんな時こんなところを狙ってみましょう。

『堤防や漁港のきわ』

f:id:keeemura:20200422235931p:image

堤防や漁港の際などはある程度、水深があればキジハタがついている可能性があります。

その際に堤防のえぐれや繋ぎ目などがあればなお良しです。

『消波ブロック周辺』

f:id:keeemura:20200422235955p:image

消波ブロック周辺はキジハタだけでなく、様々な魚のマンションのような存在です。

キジハタ狙いであれば大きめのワームを消波ブロックの穴や周辺を丁寧に探っていけば可能性は高くなります。

『少し沖のカケアガリ』

f:id:keeemura:20200423000143p:image

船の通り道となるミオ筋やカケアガリはキジハタの絶好の付く場所です。

根掛かりに気を付けながら、テキサスリグでずる引きやリフト&フォールで探っていきましょう。

Advertisement

キジハタをルアーで狙う釣り方

『とにかくリフト&フォール』

EPSON MFP image

 ワームを沖へ投げたらとにかくリフト&フォール。

ワームを巻いてくるうちに、海藻が多い場所やシモリ・ゴロタ場やカケアガリなど、水中のいろんなところを通ってきます。

あらゆる場所を探るという意味でも、沖へ投げてとにかくリフト&フォールをすればキジハタに出会える可能性は高くなります。

『堤防や漁港の際を丁寧に探る』

EPSON MFP image

キジハタは思った以上に堤防の際 にいることが多くあります。

堤防の際ぎりぎりにキャストし、カーブフォールでアタリを取りながら底まで沈めたら、また巻き上げてカーブフォールでアタリを取りながら着底させます。

この繰り返しで、堤防の際についているキジハタを狙ってみましょう。

キジハタをルアーで狙うワンポイントアドバイス

『掛かればゴリ巻き!』

f:id:keeemura:20200423000023j:image

針に掛かったキジハタはとにかく根に突っ込もうとします。

キジハタに主導権を握られてそのまま根に突っ込まれるとそこから出すのは一苦労です。

根に潜られないためにも、キジハタが掛かればゴリ巻きして浮かしてきましょう。

掛かった瞬間にゴリ巻きをするという点でも、ベイトタックルは有利になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。