【大阪】大阪北港の釣りポイントと釣れる魚・釣り方をご紹介

全国釣りポイント紹介

今回は、大阪の市街地からも近い大阪北港の釣りポイントと釣れる魚・釣り方をご紹介します。

大阪北港はほとんどが埋め立て地で、入り組んだ形をしていますが、チヌやシーバス・季節によっては太刀魚やメバルなども狙える好フィールド。

この記事は、大阪北港でチヌやシーバスを狙いたいという方におすすめの記事です。

大阪北港について

大阪北港は、埋め立て地が多い大阪湾奥の中で最も奥に位置しています。

大阪湾奥といえば、入り組んだ地形となっており、チヌやシーバスの魚影は多く、1年中釣り人を楽しませています。

また、季節によってはタチウオやメバルが狙えたり、マダコや青物まで釣れる魚種の多さは意外と多いです。

※悲しいですが、釣り禁止エリアも多くありますのでご注意ください。

大阪北港のチヌ【落とし込み釣り】

大阪北港でチヌを狙うなら落とし込み釣りがおすすめ!

落とし込み釣りは、カニや貝などのエサを付けて、壁際のチヌを狙うというシンプルな釣り方です。

大阪湾の堤防は、チヌが多く、壁際ではチヌがエサをついばんでいる姿を見れます。

大阪北港のシーバス『エビ巻き釣り』

大阪湾内はシーバスの魚影が濃く、大阪北港でもシーバスの実績が多数あります。

その中でも『エビ巻き釣り』は人気の釣り方であり、ルアーよりも簡単に釣れます。

大阪北港のシーバス『ルアーフィッシング』

大阪北港では、ルアーでシーバスが狙えます。

シーバスはフィッシュイーターであり、イワシやアジなどの小型回遊魚を好んで捕食します。

イワシやアジなどの小魚をイメージしたルアーがおすすめです。

大阪北港のタチウオ『夜のウキ釣り』

大阪北港では、10-11月にかけてタチウオのシーズンがやってきます。

電気ウキを付けた夜釣りで、時には大型タチウオも釣れる楽しい時期。 

タックルは仕掛けを変えるだけで、シーバスやエギングタックルを代用できます。

大阪北港のタチウオ『ルアーフィッシング』

大阪北港のタチウオは、ルアーでも狙えます。

場合によっては、エサよりもルアーのほうが手返しよく狙えるので、数釣りも可能。

なお、タックルはルアーを変えればシーバスのルアー釣りのタックルを代用できます。

大阪北港人気ポイント

『舞洲』は、一見何の変化もない堤防が続いていますが、スリットの入った堤防です。

そのスリットに加えてマスの中にもチヌやシーバスが潜んでおり、好釣果が期待できるポイントです。 

【大阪北港の釣り】おすすめの関連記事まとめ

タイトルとURLをコピーしました