【熊本】天草下島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介

【熊本】天草下島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介

今回は熊本県天草市の下島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介します。

釣り場としての【天草下島】

f:id:keeemura:20201105180605j:image
出典:天草市

熊本県の西端に位置する下島は、東から南は八代海、西から南は天草灘そして北は有明海に囲まれたバラエティ豊かなフィールドです。

面している海によって狙える魚もさまざまであり、堤防・地磯・沖磯と狙う場所を変えていけば多くの魚種に出会えます。

【天草下島】の主なポイント

「本渡港」

天草市の中心部にある港です。

周囲は砂地なのでキスやコチなどが狙えます。

水深のある漁港なので何かと魚種が豊富なのが特徴です。

「大多尾港」

下島の東側に位置する港。

チヌ狙いで人気であり、消波ブロック周辺では大型の根魚も狙えます。

「ハイヤ大橋周辺」

ハイヤ大橋周辺は、細い海峡を挟んでいくつかの堤防が点在しています。

常夜灯がある場所も多く、夜釣りを楽しむのにおすすめです。

「高浜漁港」

比較的規模の大きいのが高浜漁港。

周年様々な魚が狙える港でありながら、渡船もこの港から多く出ています。

「西川内港」

下島の北側にある小さな漁港が西川内港。

真冬は少し厳しいですが、その時期を除けばチヌやアオリイカ・カサゴなどバラエティ豊かな魚を狙えるポイントです。

「通詞島東波止」

潮通しが非常によく、あらゆる魚種の回遊が期待できるポイント。

波止の先端部はかなりの人気で、常に人がいます。

アオリイカや青物、シーバスなど人気の魚種が狙える超一級ポイントです。

Advertisement

【天草下島】で狙える主な魚

【チヌ】

f:id:keeemura:20201007155604j:image
下島全域でチヌが狙えます。

大型を狙うのであれば南から東の海岸線を狙うとよいとされています。

特に春は50センチを超える年無しチヌの実績が高いです。

【アオリイカ】

f:id:keeemura:20201007155535j:image
下島ではどこでもアオリイカが狙えます。

ポイントによっては1年中狙えますが、基本的には秋の数釣り、春の大型狙いです。

近年では特にエギングの人気がすさまじいです。

【グレ】

f:id:keeemura:20201105180642j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

下島ではクチブトグレがメインですが、中には尾長グレも混じります。

西側の地磯や沖磯の人気が高いです。

【アジ・イワシ】

f:id:keeemura:20201007155451j:image

アジやイワシは堤防からのサビキ釣りで狙うのが一般的。

群れが入ってきていれば100匹以上の大量も普通に狙えます。

また、アジに関しては夜にアジングで狙うのも非常に面白いです。

時には30センチを超える大型のアジも釣れます。

【マルスズキ】

f:id:keeemura:20201105180701j:image

マルスズキは南から東側の海岸沿いの実績が高いです。

秋の荒食いシーズンでは1mを超えるシーバスを狙って釣る人もいるくらいです。

【ヒラスズキ】

f:id:keeemura:20201105180806j:image

下島ではヒラスズキも狙えます。

人気の高いエリアは西側の地磯や沖磯。

1m超えのヒラスズキが上がった実績もあり、海が荒れた時がチャンスです。

【青物】

f:id:keeemura:20201105180827j:image

 沖磯や地磯からはショアジギングやショアキャスティングで青物が狙えます。

釣れるターゲットもメジロやブリクラスはもちろん、10㎏前後のヒラマサも実績があります。

実際に掛けたヒラマサはびっくりするくらい引きました。

強めのタックルで挑むことをおすすめします。

Advertisement

【天草下島】の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介まとめ

f:id:keeemura:20201105180841j:image
出典:天草市

天草下島は、本当に様々な魚種が狙えるフィールドであり、一年を通して釣りを楽しむことができます。

ただ、広い島であり、島を一周しようとすると車でも数時間かかってしまいます。

その為、事前に狙う魚と場所を決めて行くのをおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。