【石川】能登半島の釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

対馬海流がダイレクトにぶつかる能登半島は、釣りのターゲットが非常に豊富で、関西や関東などからも多くの釣り人が訪れる好フィールドです。

今回はそんな能登半島の釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介します。

釣り場としての『能登半島』

f:id:keeemura:20210706205022p:image
出典:Googleマップ

能登半島は地図で見てもわかる通り、日本海側へ北に向けて突き出た形をしています。

輪島や海岸沿いの景勝地、温泉地などが有名ですが、釣り場としてもポテンシャルは非常に高く、四季折々の魚を狙うことができます。

『能登半島』の主な釣りポイント

【ぞうぞう鼻】

潮通しが抜群な磯。

沖向きの水深のあるポイントでは、マダイやイシダイなどの大物が狙えます。

岩礁のスリットでは、チヌやメジナ・ヒラスズキ狙いが楽しめます。

渡船で渡るポイントです。

【アタケ岬】

潮通しが抜群で、チヌやグレ・イシダイなどが狙えます。

【大沢漁港】

チヌ・グレ・シーバスが狙えるほか、アオリイカ狙いも面白いポイントです。

周辺のゴロタ場では、カサゴやソイなどの根魚も狙えます。

【鴨が浦】

輪島港近くにある小磯。

潮通しが良く、ウキフカセ釣りではチヌやグレが狙えます。

季節によっては、マダイや青物などの回遊も期待できるポイントです。

【大川浜】

投げ釣りでキス狙いが人気のポイント。

また、時合になればチヌを狙うこともできます。

近くを流れる河口付近では、ルアーでシーバスも狙えます。

【小木港】

港内ではチヌ釣りが人気です。

堤防の外側は潮通しが良く、良型のアジや青物・マダイなどの回遊もあります。

【堂ケ崎】

岬の右側ではイシダイやマダイが狙えますが、釣り場までのルートが険しく危険。

逆に左側はエントリーしやすく、チヌやグレが狙えるのでおすすめ。

【刑部岬】

能登半島屈指の名磯でマダイやイシダイ・チヌ・グレ・などの人気ターゲットを狙うことができます。

遊歩道で地磯に出ることはできますが、がけ崩れなどが多々あるため、渡船で渡してもらうのが無難です。 

スポンサーリンク

『能登半島』で釣れる主なターゲット

【チヌ】

f:id:keeemura:20210706205447p:image

能登半島で一年中狙えるターゲットがチヌです。

フカセ釣りやルアーなど、狙える釣り方も多くあるのが面白いです。

【根魚】

f:id:keeemura:20210706205520j:image

カサゴやアイナメ・、ソイなどの根魚は能登半島の全域で狙うことができます。

ルアーを使ったロックフィッシュゲームは特におすすめ。

【アオリイカ】

f:id:keeemura:20210524110839j:image
能登半島ではアオリイカを狙ったエギングやヤエン釣りが大人気。

秋は数釣りが楽しめるベストシーズンです。

【マダイ】

f:id:keeemura:20210706205558p:image

能登半島は潮通しが良い場所が多く、マダイの回遊も多くあります。

ウキフカセ釣りなどで狙うのが人気ですが、ルアーを使ったマダイ狙いもミ魅力的です。

【アジ】

f:id:keeemura:20210706205621j:image

初夏から秋にかけては、堤防でのアジ釣りが楽しいです。

サビキ釣りや遠投かごサビキなどで狙うのが一般的。

『能登半島』で釣りをする際のアドバイス

f:id:keeemura:20210706205658p:image

能登半島でも特に外浦と呼ばれるエリアは非常に風が強く、海の荒れやすくなります。

安全第一で装備はしっかり整え、決して無理をせず釣りを楽しみましょう。

【石川】能登半島の釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210706205844j:image

能登半島は良い釣り場が多く、一級ポイントが比較的簡単には入れる好フィールドです。

人気のターゲットたちに近づくには絶好の場所と言えるでしょう。

【能登半島の釣り】おすすめの関連記事まとめ

タイトルとURLをコピーしました