【投げ釣り入門編】堤防から大型根魚を狙う!釣り方・仕掛け・エサなどご紹介。

【投げ釣り入門編】堤防から大型根魚を狙う!釣り方・仕掛け・エサなどご紹介。

最近では、ロックフィッシュゲームなどと言われるようになり、ルアーで狙う事が多くなった根魚(ハタ・カサゴなど)ですが、ルアーフィッシングよりも飛距離が出て、より遠くて深いポイントを狙える投げ釣り(ぶっこみ釣り)の方が、大型の根魚をゲットできる可能性が高いです。そんな大型の根魚を狙える堤防からの投げ釣り(ぶっこみ釣り)の仕掛けや釣り方・エサなどをご紹介いたします。

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で根魚を狙う『メリット』

f:id:keeemura:20200303153434j:image

根魚を狙うというと、穴釣りやヘチ釣りなどの足元の障害物に潜んでいる魚を狙うのが一般的ですが、仕掛けを遠投して投げ釣りも効果的な面もあります。
足元の障害物や岩場の隙間だと、魚のサイズに限りがあったり、足元のついていなければ釣れなかったりというデメリットもあります。
足元を効率よく探っていく穴釣りやヘチ釣りより、手返しが悪くはなりますが、投げ釣りで根魚を狙うと大型が狙える、広範囲を狙えるというメリットもあるのでチャレンジしてみる価値は大いにあります。

Advertisement

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で狙う『根魚は高級魚』

f:id:keeemura:20200303153451j:image

投げ釣りでは、場所により様々な種類の根魚が狙えますが、その中でもカサゴは特にポピュラーであり、釣りをしない人でも知っている人は多いでしょう。
ポピュラーな魚ではありますが、30センチ以上の大型のカサゴになると一匹数千円する場合もあり、高級魚です。
また、キジハタやアカハタなどのハタ系の魚も釣れます。
ハタ系の魚もかなり美味しくて大人気であり、釣って食べるのは格別の味になります。
加えて、大型の根魚の引き味はなかなか強く、ナイスファイトで釣り人を楽しませてくれます。

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で根魚を狙う際は、胴付き仕掛けが一般的。
針は自分の好みの数つければよいですが、針を付けすぎると、ライントラブルや根掛かりの原因となりますので、2本針くらいが良いです。
オモリ25号前後に、枝スが5号前後の少し強めの仕掛けをそろえましょう。

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で根魚を狙う『仕掛け』

Advertisement

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で根魚を狙う『タックル』

ロッド

シマノ【ホリデー磯】

ロッドは、仕掛けを遠投できる様に4.5から5mほどの磯竿を使うのが良いでしょう。
長めのルアーロッドでも代用可能ですが、柔らかすぎるとオモリの取り回しが難しく、根魚が掛かった時も最初の引きで潜られてしまう事があるので、硬めのロッドを使うようにしましょう。

リール

シマノ【ナスキー】

リールはロッドに合わせて3000~4000番クラスの中型スピニングリールがベスト。

ライン

シマノ【ピットブル】

道糸はPE2号くらいがおすすめです。
PEラインは感度も良く、ナイロンやフロロに比べて細いので遠投にも向いています。

リーダーは、フロロカーボンの8号前後の使用が良いです。
根魚は名前の通り、根に居る魚なので、糸が根に擦れて仕掛けが切れる場合があります。
その為、根擦れに強いフロロカーボンラインを使いましょう。

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で根魚を狙う『おすすめのエサ』

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で根魚を狙う時のおすすめのエサは3つあります。

サバの切り身

f:id:keeemura:20200303153907j:image


スーパーなどに売っているサバの切り身を短冊状にして針に付けます。
サバの皮のキラキラやサバの身の匂いで根魚が寄ってきて食べます。
大型釣具店などでは、釣り餌用に切られた切り身なども売っています。

イカの切り身

f:id:keeemura:20200303153911j:image

スーパーなどに売っているイカを短冊状に切って針へつけます。
サバの切り身ほど集魚力はありませんが、針持ちがよく、エサ取りが多い時には重宝するエサです。
イカの切り身も大型釣具店などでは釣り餌用のものが売っているので、便利です。

キビナゴ

f:id:keeemura:20200303153922j:image

タチウオ釣りなどで使う冷凍キビナゴを一匹付けします。
大型の根魚を狙う場合におすすめ。
大型釣具店では、赤色や黄色などに着色された釣り餌専用のキビナゴも売っています。

Advertisement

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で根魚を狙う『投げ込むポイント』

f:id:keeemura:20200303154050j:image

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で根魚を狙う時の投げ込むポイントは非常に重要になってきます。
根魚は、岩場やゴロタまわりなど、根が荒いエリアに生息しています。
その為、底が砂や藻のエリアだと根魚が居ない場合があります。
投げた先に何があるか予想するのは難しいですが、いつも通っている釣り場で根掛かりが多発するポイントや大きな岩などの根が沈んでいるポイントを狙って仕掛けを投げ込みましょう。
また、出来るだけ深いエリアを探るのも効果的です。

※根掛かりにはくれぐれもお気をつけください。

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で根魚を狙う『ワンポイントアドバイス』

f:id:keeemura:20200303153536j:image

魚が掛かれば強引に巻いて根から出す

根魚はエサを食べると根に潜ってしまいます。

根に潜られると引っ張り出すのは至難の業。

最悪の場合、仕掛けが切れて魚も仕掛けも失うことになります。

その為、魚が掛かれば、根に潜られないように強引に巻いて根から離しましょう。

Advertisement

投げ釣り(ぶっこみ釣り)で根魚は一年中楽しめる

f:id:keeemura:20200303153553j:image

カサゴ等の根魚は、他の魚が極めて活性が低くなる2.3月頃の水温が低い時期でも、エサに食いついてきます。
地域によってベストなシーズンは変わってきますが、真冬だから全く釣れないという事はなく、1年中を通じて楽しめるのが根魚の投げ釣り(ぶっこみ釣り)です。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました

K村夫婦でした⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。