【大阪】「深日港」の釣り場情報 釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

今回は、大阪府岬町にある釣り場「深日港」の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介します。

釣り場としての【深日港】

f:id:keeemura:20210218211214p:image
出典:Googleマップ

深日港は足場が良く、広い駐車場がある為、ファミリーフィッシングにおすすめの漁港です。

また、釣れる魚種も多く、シーバスやチヌはもちろん、アオリイカやグレ、メバルにタチウオなど、季節を通じて様々な魚に出会えるポイント。

なお、深日港内には淡路島へ向かう高速船が出ており、高速船の待合室にあるトイレが使用可能。
港の背後は、食堂やエサの売店もあり、かなり便利なポイントです。

【深日港】の主なポイント

「西側赤灯波止」

西側赤灯波止外側にはテトラが敷かれており、その周辺ではガシラやメバルなどの根魚の他、チヌも狙う事ができます。
また、内向きは足場が良く、アジやサバ・イワシなどをサビキ釣りで狙うのに適したポイントです。

「東側白灯波止」

東側白灯波止は、テトラが入っている先端付近が1級スポット。
紀州釣りやフカセ釣りではチヌやグレ、夜のウキ釣りではタチウオやメバル、ルアーを使えばシーバス、エギングではアオリイカなど、様々な魚種が狙えます。

スポンサーリンク

【深日港】で狙える主な魚と釣り方

「チヌ」

f:id:keeemura:20210218210708p:image

深日港では、全域でチヌを狙うことができます。
特に魚影の濃いエリアテトラ帯付近。
紀州釣りやフカセ釣りで狙うのが一般的です。

「シーバス」

f:id:keeemura:20210218210743p:image
イワシ等の小魚が回ってきていればシーバスの釣果が期待できます。
また、冬場になると大型のシーバスが入ってくることがあり、口を使わせるのは難しいですが、冬のランカーサイズもキャッチした実績があります。

「カサゴ」

f:id:keeemura:20210218210819j:image
テトラ帯では穴釣り、堤防外向きからのやロックフィッシュゲームがおすすめ。

「グレ」

f:id:keeemura:20210218211047j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

東西に延びる波止の先端付近では、小型のグレが狙えます。
フカセ釣りをしていると良く釣れる楽しいターゲットです。

「アジ」

f:id:keeemura:20210218211005j:image
西側波止内向きでは、サビキ釣りやアジングでアジが狙えます。
日中にはサビキ釣り、夜はアジングがおすすめです。

「アオリイカ」

f:id:keeemura:20210218210913j:image
東西に延びる波止の先端付近ではアオリイカが狙えます。
釣り方はエギングが一般的で、港内の潮通しの良い場所をランガンしていくのがおすすめ。

【深日港】の釣り場情報 釣れる魚やポイントをご紹介まとめ

足場の良さ、駐車場、トイレに売店などが揃っており、非常に便利なフィールドである深日港。
そんな便利な上に、魚影も濃く、様々な魚が狙えるナイスなポイント。
大阪市内からのアクセスも良いので休日のファミリーフィッシングにおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

ウェイブは釣具買取専門店ならではの高値を実現

タイトルとURLをコピーしました