【大阪】「大阪南港魚釣り園」の釣り場情報 釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介

全国釣りポイント紹介

今回は、大阪市の海釣り公園「大阪南港魚釣り園」の釣り場情報 釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!

釣り場について知りたい
何が釣れる魚が知りたい
ポイントを知りたい

釣り場としての【大阪南港魚釣り園】

f:id:keeemura:20210209181612p:image
出典:Googleマップ

「大阪南港魚釣り園」は、大阪南港エリアの埋立地に作られた海釣り公園です。 

釣り場は、護岸が続いており、季節によって様々な魚が釣れるので、ビギナーからベテランまで幅広く楽しめる釣り場です。

また、釣りエサを買えたり、釣り具をレンタルできる売店もあるので、ファミリーフィッシングにもおすすめです。

・入場料
 無料

・営業時間
4〜11月 5:00〜19:00
12〜3月 7:00〜17:00

・休園日
 年末年始・水曜日(祝日は開園)

・売店営業時間
4〜11月 5:00〜19:00
12〜3月 7:00〜17:00

・釣りルール
投げ釣りは禁止
ルアーは混雑していなければOK

【大阪南港魚釣り園】の主なポイント

「メイン護岸」

 主なポイントは、売店前に大きく広がる護岸です。

足場が良く、ファミリーフィッシングにおすすめ。

アジやイワシ、根魚やシーバスなど多くの魚が狙えます。

「南側波止」

南側の波止でも釣りができます。

大阪南港魚釣り園内で、潮通しが良いポイントのため、大型のアジやシーバスが狙えます。

「食品埠頭側」

大阪南港魚釣り園横にある工場が休みの日は、食品埠頭側で釣りが可能。

ここでは、大阪南港魚釣り園内で禁止されている投げ釣りもすることができます

【大阪南港魚釣り園】で狙える主な魚と釣り方

「チヌ」

f:id:keeemura:20210209181650p:image

チヌは護岸際で落とし込み釣り・フカセ釣りが人気。

大阪湾はチヌの海とも言われており、壁きわを泳ぐチヌがたくさん見れます。

「シーバス」

f:id:keeemura:20210209181716j:image

シーバスは、シラサエビを使ったエビ撒き釣りや、アオイソメを使ったウキ釣りが人気。

イワシ等の小魚が回ってきていれば、ルアーでの釣果も期待できます。

「タチウオ」

f:id:keeemura:20210208200119p:image

秋になればタチウオが狙えます。

時間は夕暮れから夜にかけてがおすすめ。

キビナゴを使ったウキ釣りが人気です。

「根魚」

f:id:keeemura:20210209181748j:image

護岸の際で根魚が狙えます。

冬でも釣れるありがたいターゲットです。

「アジ」

f:id:keeemura:20210209181848j:image

水温が暖かくなる5月ころからは、アジやサバが狙えます。

大きな群れがいれば、100匹以上釣るのも夢ではありません。

【大阪南港魚釣り園】の釣り場情報 釣れる魚やポイントをご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210209182110j:image

大阪市内唯一の海釣り公園である大阪南港魚釣り園。

大阪都心からのアクセス抜群で四季折々の魚たちが釣れる良いポイントです。

【大阪南港魚釣り園の釣り】おすすめの関連記事まとめ

タイトルとURLをコピーしました