【東京都】新島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

新島は黒潮の暖流に囲まれているため、1年を通して気温の差が少なく、「常春の島」とも呼ばれています。

恵まれた環境の中、釣れる魚種や魚影も濃く、あらゆる釣りファン憧れのフィールドです。

今回はそんな【東京都】新島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介します。

釣り場としての『新島』

f:id:keeemura:20210809212405p:image
出典:Googleマップ

新島は、伊豆諸島の島のひとつで、東京から約160㎞南に位置する有人島です。

「サーファー憧れの島」として知られていたため、釣りよりもサーフィンに注目されていましたが、近年では大型のマダイやフエフキダイ・ヒラメ・ヒラスズキや大型青物などが狙えるとあって、全国の釣り人から注目されている釣り場です。

『新島』で釣れる主なターゲット

 【マダイ】

f:id:keeemura:20210809211835j:image

新島ではサーフから大型のマダイが狙えることで有名。

まずはミノーで探っていき、アタリが無ければ広範囲を探れるメタルジグで狙う。

堤防や磯ではカゴ釣りで狙うこともできます。

【ヒラスズキ】

f:id:keeemura:20210809212000j:image

新島ではスズキというと、ヒラスズキのことをさします。

磯やサーフで強いサラシができていれば絶好のチャンスであり、ミノーやバイブレーション・シンキングペンシルなどで狙うのが一般的。

本州でよく見るマルスズキと比べ、尾びれが太いため、トルクのある強い引きが特徴です。

【ヒラメ】

f:id:keeemura:20210809212046j:image

新島ではヒラメの魚影が濃いことで有名です。

主に釣り場はサーフであり、ミノーやワームを遠投して狙う。

サーフを歩き回ってランガンするのがヒラメに出会うコツです。

【青物】

f:id:keeemura:20210809212109j:image

イワシやアジなどの小魚が回遊していればブリやヒラマサ、スマガツオなどの大型青物の釣果も期待できます。

ベイトさえいれば、サーフに限らず磯や堤防からでも狙え、近年ではショアジギングが超人気となっています。

【アオリイカ】

f:id:keeemura:20210727110210j:image

新島ではエギを使ったエギングも人気。

アオリイカは磯や堤防から狙うのが一般的とされていますが、サーフなどにも生息しています。

春は大型、秋は数釣りが楽しめます。

スポンサーリンク

『新島』で釣りをする際のアドバイス

f:id:keeemura:20210809212159p:image

島内の移動はレンタカーが基本。

釣行前にしっかりと予約をするべきです。

また、島内には無料の温泉やキャンプ場があり、海沿いには無料のシャワーもあります。

これらをうまく利用すれば宿泊費を抑えて釣りを楽しむこともできます。

【東京都】新島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210809212353j:image
出典:https://takemove.net/p_page/p_page4.html

多くの超人気ターゲットが狙える上、その魚影も濃い新島。

東京から空路では45分、航路では約3時間とそこまで遠くないのも魅力です。

いつもとは違う非日常的な釣りを楽しめる最高のフィールドです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

タイトルとURLをコピーしました