【兵庫】淡路島佐野新島の釣り場情報 釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

今回は兵庫県淡路島の佐野新島の釣り場情報と釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介します。

釣り場としての【佐野新島】

f:id:keeemura:20201211103945p:image
出典:グーグルマップ

佐野新島は、2002年の日韓ワールドカップで、ベッカム率いるイングランド代表がキャンプを行った場所で有名です。

埋立地である為、四方ほとんどで竿が出せますが、特に人気なのが南北に突き出た波止。

また、沖向きのテトラ帯も人気で、魚種も一年を通して多彩であり、様々な魚と出会う事が出来る素晴らしい釣り場です。

【佐野新島】の主なポイント

「佐野新島北側、白灯台付近」

佐野新島の北側に位置する白灯台付近は、サビキ釣り、フカセ釣り、投げ釣り、ぶっこみ釣り、探り釣りなど様々な釣り方が楽しめるポイントです。

沖向きのテトラ側は潮通しも良く、飛ばしサビキでサバやツバスなどの回遊魚が狙え、アオリイカを狙ったエギングも人気です。

※ゴミの放置が目立ちます。釣り禁止にならない為にもゴミは持ち帰ってください。

「佐野新島南側」

佐野新島の南側は、北側とさほど変わりはありませんが、特にタチウオ釣りで人気の釣り場です。

水道側の護岸では、チヌを狙ったフカセ釣りも楽しめます。

【佐野新島】で狙える主な魚

【チヌ】

f:id:keeemura:20201210123750p:image

佐野新島のテトラ沿いや水道側の護岸では、チヌが狙えます。

釣り方は、ウキフカセや紀州釣りなどのエサを使用した釣り方が一般的ですが、壁際やテトラへカニを落とし込んでもおもしろいです。

【シーバス】

f:id:keeemura:20201210123814j:image

水道側の護岸や潮の流れが変化する場所では、シーバスが狙えます。

釣り方はルアーで狙うのが面白いですが、エビ撒き釣りでの実績もかなり高いポイントです。

【アジ】

f:id:keeemura:20201210123901j:image

白灯台の護岸や沖向きのテトラから、アジやイワシが狙えます。

足元にテトラが入って入っていなければ足元に落とし込む一般的なサビキ釣り、テトラがあれば少し遠投する飛ばしサビキがおすすめ。

【根魚】

f:id:keeemura:20201210123921j:image

テトラ周辺や護岸のキワで カサゴ・ソイ・アイナメなどの根魚が狙えます。

ワームを使ったロックフィッシュゲームが面白くておすすめ。

【ハマチ】

f:id:keeemura:20201210123949j:image

沖向きのテトラでは、ツバスやハマチなどの回遊魚も狙えます。

特にサビキでアジやイワシが釣れていれば大チャンス。

ウキを使った泳がせ釣りや、ルアーで狙うのがおすすめです。

 【タチウオ】

秋になると、護岸沿いにタチウオが接岸してきます。

日没1時間前くらいから釣れ始め、一晩中狙うことができます。

日没前は、グロー系のメタルジグを使用して沖を探り、日没後は電気ウキを使った仕掛けがおすすめです。

【佐野新島の釣り】おすすめの関連記事まとめ

タイトルとURLをコピーしました