【大阪府】泉佐野食品コンビナートの釣り場情報とポイント・釣れる魚や釣り方をご紹介

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

今回は大阪府泉佐野市に位置する「泉佐野食品コンビナート」の釣り場情報 釣れる魚や釣り方・ポイントをご紹介します。

釣り場としての【泉佐野食品コンビナート】

f:id:keeemura:20210311112310p:image
出典:Googleマップ

泉佐野食品コンビナートは、見出川と佐野川の間にあり、多くの食品加工工場が立ち並ぶ埋め立て地である事から、泉佐野食品コンビナートと呼ばれています。

釣り場としては、足場の良い岸壁が続き、車の横づけが出来たり、トイレもある為、ファミリーフィッシングにも最適。

そして、アジやイワシはもちろん、タチウオやシーバス、チヌにガシラにタコなど多くの魚種が狙えます。

その為、大阪府内でもかなり人気の釣りスポットです。

【泉佐野食品コンビナート】の主なポイント

「見出川河口の南向き岸壁」

見出川河口の南側は、トイレが近くにあり、足場の良い半円状の岸壁である為、特に釣り人に人気。
テレビなどのメディアにも多く出ているポイントです。
ここからは、アジやイワシなどがサビキで狙えるほか、秋になればタチウオも狙えます。

「泉佐野食品コンビナート西向き岸壁」

泉佐野食品コンビナート西向きの護岸には、テトラが並んでおり、チヌやシーバス、ガシラやメバルなどの魚影が濃いポイントです。
エビ撒き釣りでのシーバス釣りや夜に電気ウキでチヌを狙う人が多い。
また、投げサビキでは25センチを超えるアジが狙えます。

「港内」

港内でも釣りが出来ます。
港内は足場も良く、近くにトイレもある為、ファミリーフィッシングにも最適。
港内では、サビキ釣りでアジやイワシが狙えるほか、メバルやシーバスも狙えます。

スポンサーリンク

【泉佐野食品コンビナート】で狙える主な魚と釣り方

「チヌ」

f:id:keeemura:20210311112356j:image

泉佐野食品コンビナートのテトラ帯ではチヌが狙えます。

フカセ釣りや夜のウキ釣りが一般的。

「シーバス」

f:id:keeemura:20210311112414j:image

泉佐野食品コンビナート全体でシーバスが狙えます。

釣り方はエビ撒き釣りが効果的。

ただ、イワシやアジなどのベイトが多ければ、ルアーで狙ってみるのも面白いです。

「タチウオ」

f:id:keeemura:20210311112513j:image

秋になれば、泉佐野食品コンビナートの至る所で、タチウオが狙えます。

狙いの時間は夕暮れから深夜まで。

ルアーや電気ウキ釣りで狙えます。

「根魚」

f:id:keeemura:20210311112537j:image

テトラや岸壁のきわを狙えば、カサゴやキジハタなどの根魚が狙えます。

釣り方は、探り釣りやぶっこみ釣り、ルアーなど様々な狙い方で楽しめるのも根魚の面白いポイントです。

「アジ」

f:id:keeemura:20210311112556j:image

アジは泉佐野食品コンビナート内であればどこでも釣果が期待できます。

日中はサビキ釣り、夜はアジングで狙うのが面白いです。

「メバル」

f:id:keeemura:20210311112617j:image

テトラなどの障害物付近を狙えば釣果がある魚。
メバルは日中、物陰に隠れており、なかなか狙いにくいため、夜に狙うのが一般的です。

【泉佐野食品コンビナート】の釣り場情報 釣れる魚やポイントをご紹介まとめ

足場が良いポイントが多く、トイレも2か所ある為、ファミリーフィッシングに最適の釣り場。
大阪市内からのアクセスも良いため、人気で釣り人は多いですが、釣れる魚種も豊富で良い休日を楽しめるフィールドです。

【泉佐野食品コンビナートの釣り】おすすめの記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました