【東京湾】東京湾にある沖堤防の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介

全国釣りポイント紹介
スポンサーリンク

東京湾には、港湾施設を守る為に、多くの沖堤防が作られています。
その沖堤防は、それ自体が障害物となり、潮の流れを変化させたり、魚の着き場となったりして、多種多様な魚たちの棲み処やエサ取り場となっています。

そこで今回は、東京湾に点在する沖堤防の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介します。

釣り場としての『東京湾の沖堤防』

f:id:keeemura:20210429163205j:image

東京湾には、数多くの沖堤防があります。

その沖堤防たちは、高波から港や船舶を守る為のものであり、東京湾の沿岸部が埋め立てられるのと同時に増えていきました。

そんな沖堤防は、『沖』という釣りにとっては好条件がそろう場所にあり、今では多くの釣り人が通う人気フィールドになりました。

沖を回遊する大型魚や、長く作られた堤防の足元を棲み処にする魚等、ターゲットには1年中困りません。

『沖堤防』で釣りをするメリット

f:id:keeemura:20210429163218j:image

沖堤防というと、船で沖の堤防まで渡らないといけないという面倒さや、渡船費用などは発生しますが、沖堤防に渡るだけのメリットは多くあります。

その一つが、陸続き寄りの堤防よりも圧倒的に魚影が濃い事です。

沖に存在する堤防なので、水深があり、その分魚をストック量も大きいため、魚影が濃くなります。
次のメリットが人が少ないという点です。

船で渡るという動作と費用が発生するため、陸続きの堤防よりも人が少なくて釣りがしやすいのがメリットです。

『東京湾の沖堤防』で釣れる主なターゲット

【クロダイ】

f:id:keeemura:20210429162544j:image
沖堤防の超メインターゲットがクロダイです。
主にヘチ釣りで狙うのが一般的で、東京湾ではクロダイの稚魚放流などを行っている団体もあります。
まさしく東京湾の沖堤防のメインターゲットです。

【シーバス】

f:id:keeemura:20210429162614j:image
最近では、沖堤防から狙うシーバスゲームもかなり人気となっています。
ルアーの進化などにより、日中でも数釣りが可能になったシーバスは、今や東京湾の沖堤防人気ターゲットです。

【青物】

f:id:keeemura:20210429162631j:image
イナダやサワラ・カツオなどの青物が回遊していれば、東京湾の沖堤防で狙う事が可能です。
メタルジグを使ったショアジギングが一般的。

【アジ】

f:id:keeemura:20210429162656j:image
夏から秋にかけては、サビキ釣りでアジの数釣りが楽しめます。
冬から春にかけては、大物狙いも可能。
初心者でも釣りやすいターゲットです。

【根魚】

f:id:keeemura:20210429162757j:image
底が岩礁帯になっていたり、根が点在しているエリアであれば、アイナメやカサゴなどの根魚が狙えます。
根魚は1年中狙える魚で、近年では根魚をルアーやワームで狙うロックフィッシュゲームが盛ん。
楽しくて美味しいターゲットです。

【カレイ・シロギス】

f:id:keeemura:20210429162734j:image
底質が砂地であればカレイやシロギスが狙えます。
カレイは冬、シロギスは夏が狙い目。
また、シロギスなどを捕食するために集まったマゴチやヒラメも狙えます。

スポンサーリンク

 東京湾の釣りが出来る沖堤防

【横浜防波堤】

10か所の堤防がある歴史ある釣り場。
多くの魚が狙えます。

渡船:粂丸(3000円、子供2,000円 https://yamamoto-turibune.com/index.php)

【川崎新堤】

川崎新提は、東京湾にある沖堤防の中で最も長い堤防です。
足場が良く、初心者にもおすすめ。
クロダイのヘチ釣りやシーバスのルアーフィッシングなどを始め、あらゆる釣りの好フィールドです。

渡船:粂丸(料金/3000円、子供2,000円 https://yamamoto-turibune.com/index.php)

【野島防波堤】

金沢八景の沖合にある沖堤防。
釣りが出来る堤防は全部で5つあり、クロダイやシーバス、カレイに根魚が狙えます。

渡船:村本海事(料金/HP要確認 http://www.nojimabouhatei.com/)

【鳥浜防波堤】

鳥浜防波堤は、パイプで出来た基礎にケーソンを乗せた構造が特徴の沖堤防。
その構造ゆえ、潮が通りやすくて多くの魚を狙えます。

渡船:めぐみの黒鯛渡船(料金/ 大人3,500円、子供2,000円 )

【木更津防波堤】

A~D提まで4つに分かれた沖堤防。
その全長は約3㎞ほどと長く、水深は3~6mと少し浅いのが特徴。
ただ、狙える魚種はクロダイを始め、シーバスやカレイ、カワハギと豊富です。

渡船:宮川丸(料金/大人¥3,200-、中学生¥2,000-、小学生以下¥1,600 https://www.miyagawamaru.co.jp/tosen.html)

【長浦防波堤群】

長浦工業地帯から伸びる3つの堤防が釣り場です。
その3つのいずれもクロダイやアイナメ、アジ、メバルなど狙える魚種は豊富。
初心者にもおすすめです。

渡船:こなや丸(料金/HP要確認 https://www.konayamaru.com/ship/teibou.html)

沖堤防を利用時の注意点

『ルールの確認が必要』

東京湾の沖堤防には、各堤防ごとにルールが決められている場合があります。
例えば、ダンゴエサやコマセエサが禁止であったり、スパイクシューズ禁止など、それぞれルールがあるので、目的の沖堤防が決まれば利用する渡船屋さんに確認するのがおすすめです。

『万全な準備が必要』

複数の堤防に渡船客を降ろしていくため、自分の目的の堤防についたら速やかな下船を出来るように準備が必要です。
荷物は最低限で、動きやすい装備で行くのがおすすめです。
また、ライフジャケットなどの安全を守る装備は必ず準備していきましょう。
 
『渡船への予約や確認が必要』

渡船と一言に言ってもタイプはさまざまです。
一定の客が集まらなければ欠航する場合があったり、天候により欠航したり、利用客が多すぎて予約が必要であったりするので、利用前に渡船屋さんに確認や予約をしておくのが間違いないです。

【東京湾】東京湾にある沖堤防の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介まとめ

f:id:keeemura:20210429163231j:image
東京湾には多くの沖堤防が点在します。
その沖堤防は、水深や地質の差などはあるものの、どれも釣り場としては良い場所です。
事前の準備をしっかりとして楽しい沖堤防フィッシングをしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました