冬の堤防で釣れる魚10選~おすすめの魚と釣り方を徹底解説~

釣りのいろいろ
スポンサーリンク

冬と言えば、気温や水温が低下し、人間にとっても、魚にとっても厳しい時期。

しかし、そんな厳しい冬でも、堤防から釣れる魚はゼロではありません。

そこで今回は、12月、1月、2月の間の冬の海釣りで狙えるおすすめの魚と釣り方を徹底解説します。

冬の堤防で釣れる魚10選

カサゴ・ソイ

f:id:keeemura:20211021092531j:image

カサゴやソイなどの根魚は1年中釣れる魚ですが、適水温は7℃~23℃と低水温にも強く、冬でも元気が良い魚。

特に浅瀬で産卵するカサゴは、11月から接岸し、12月~1月はカサゴを狙うには良いシーズンです。

水温が低い時でも積極的にエサを捕食するので、初心者でも釣りやすいターゲットです。

メバル

f:id:keeemura:20211021092720j:image

メバルは、冬に本番を迎えるターゲット。

適水温が8℃~28℃と広く、秋の終わり頃から冬にかけて活性が上がります。

12月には1.2月の産卵へ向けて荒食いをするようになるため、数・サイズ共に良い釣果が多くなります。

また、産卵中は食いが落ちますが、産卵後は3.4月から5月頃まで釣れるようになります。

アジ

f:id:keeemura:20211021092648j:image

アジは回遊魚で、基本的に暖かい場所を好む魚ですが、堤防付近で居着く個体もいる為、冬の堤防でも狙う事ができます。

しかも冬に釣れるアジは大型が多く、大型を狙うためにあえて冬に竿を出す人もいるくらい。

朝まづめ・夕まづめ・潮がしっかりと動く時間帯など、アジの活性が上がりそう日に釣りに行くのがおすすめです。

チヌ

f:id:keeemura:20211021092823j:image

チヌ(クロダイ)も1年中狙うことができる魚です。

チヌは冬場になると深場へ落ちる個体もいますが、岸壁などに付着している貝類などを捕食しに浅場へやってきます。

チヌは、警戒心の強い魚ですが、貪欲にエサを食べるので、狙い方をしっかり覚えれば釣果が期待できます。

シーバス

f:id:keeemura:20211021092907j:image

シーバスは冬になると産卵の為、深場へ落ちていきますが、産卵に絡まない個体はエサの多い浅場に居着く事があります。

なお、冬場にイワシ等の小魚が接岸してくれば、ルアーで簡単に釣ることができますし、エビ撒き釣りでシーバスを寄せて狙うのもおすすめ。

引きも強く、水面からジャンプしながらファイトする姿は大興奮です。

ヒイカ

f:id:keeemura:20211021094504p:image

冬のイカ釣りといえば、ヒイカです。

ヒイカは、冬に産卵の時期を迎えるため、浅場に来てエサを食べます。

小さなエギを使ったライトエギングや、キビナゴやシラサエビを使ったエサ釣りが人気です。

アイナメ

f:id:keeemura:20211021094657j:image
出典:ぼうすコンニャクの市場魚介類図鑑

アイナメも冬場に活性が高くなる魚です。

11月から産卵を行うため接岸し、12月にはサイズ・数ともに狙えるターゲットとしてハイシーズンを迎えます。

ちなみにアイナメは日中に行動する魚なので、冬でも暖かくなる昼からの釣りに適したターゲットとなります。

コブダイ

f:id:keeemura:20211021094323p:image

コブダイは低水温に強い魚で、他の魚が一切泳いでいない真冬の海でも、泳ぐ姿をよく見かけます。

ただ、コブダイは低水温が好きという訳ではなく、寒さに強いという特徴のおかげで真冬の海でも泳ぎ回れます。

ちなみに、真冬はエサ取り(小魚)も少なく、コブダイの大型が狙いやすい季節でもある為、冬にはコブダイ専門で狙う人も多くいます。

簡単に釣れる魚ではありませんが、針に掛かればそのファイトは超強烈です

サヨリ

f:id:keeemura:20211021094610j:image

サヨリは夏の終わりごろから、冬の時期にかけて釣れる魚。

また、群れがいれば数釣りも楽しめるターゲットであり、波の穏やかな湾内であれば、一冬中釣れることもあります。

釣り方は簡単で、初心者の方でも十分に楽しめるターゲットなので、冬のファミリーフィッシングにおすすめです。

カレイ

f:id:keeemura:20211021094231j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

冬の代表的なターゲットと言えば、カレイです。

カレイは、12月に産卵する為、11月頃に接岸し、産卵前に荒食いをします。

産卵中は食いが落ちますが、産卵後の2.3月は、また釣れるようになります。

冬の堤防が釣れにくい理由

f:id:keeemura:20211021094805p:image

水温が下がり、深場に落ちる魚が多い

冬に魚が釣れにくくなる理由は、水温の影響が大きいです。

魚には、元気よく動ける適水温というものがあり、その適水温を下回ってしまうと動けなくなってしまいます。

その為、水温が安定する深場に落ちて、じっとする魚が多くなるので、堤防からは釣れにくくなってしまうのです。

冬の堤防で釣りをするおすすめの時間帯

昼から夕まづめにかけてがおすすめ

水温が下がり、釣れにくい冬の堤防ですが、その中でも釣果が期待できる時間帯が昼から夕まづめにかけてです。

理由は、太陽が昇り、水温が少しでも上昇するから。

その為、天気が良く、太陽光で少しでも水温が上がりやすい時間帯がおすすめです

冬の釣りは魚にアジャストすることが重要

f:id:keeemura:20211021094939j:image

「冬は釣れない」と言われますが、魚が全くいなくなったわけではありません。

確かに、夏や秋に比べると圧倒的に数が少ないですが、残っている魚に対して、仕掛けやエサ・ルアーや時間など、どれだけアジャストできるかで釣果が変わります。

冬の堤防で釣れる魚10選【関連のおすすめ記事まとめ】

タイトルとURLをコピーしました