冬の堤防で釣れる魚10選~おすすめの魚と釣り方を徹底解説~

冬と言えば、気温や水温が低下し、人間にとっても、魚にとっても厳しい季節。

しかし、そんな厳しい冬でも、堤防から釣れる魚はゼロではありません。

そこで今回は、12月、1月、2月の間で狙えるおすすめの魚と釣り方を徹底解説します。

この記事はこんな人におすすめ

・冬でも釣れる魚が知りたい
・冬に釣れる魚の釣り方が知りたい

目次

冬の堤防で釣れる魚10選

カサゴ・ソイ

f:id:keeemura:20211021092531j:image

カサゴやソイなどの根魚は1年中釣れる魚で、敵水温は7~23℃と低水温にも強く、冬でも元気が良い魚。

特に浅瀬で産卵するカサゴは、11月から接岸し、12月~1月はカサゴを狙うには良いシーズンです。

冬のカサゴを狙うなら、↓こちらの記事でおすすめワームをご紹介しているのでご覧ください。

>>冬のカサゴを狙うおすすめワーム3選

メバル

f:id:keeemura:20211021092720j:image

メバルは適水温が8~28度と広く、秋の終わりごろから冬にかけて活性があがります。

12月に産卵へ向けて荒食いをするようになるため、数・サイズ共に良い釣果が多くなります。

なお、冬のメバルはメバリングで狙うのが人気です。

>>【メバリング】漁港・堤防で手軽にメバルを釣る方法とタックルをご紹介

アジ

f:id:keeemura:20211021092648j:image

アジは回遊魚で基本的に暖かい場所を好む魚ですが、堤防付近で居着く個体もいるため、冬の堤防で狙うことができます。

しかも冬に釣れるアジは大型が多く、大型を狙うためにあえて冬に竿を出す人もいます。

太陽が出ている日中は『カゴサビキ釣り』、夜は『アジング』で狙うのがおすすめです。

>>【釣れる確率100%?】カゴ釣りでアジを狙う 釣り方やタックルなどをご紹介

>>アジングで実績抜群!必ず持っていくべき信頼ワーム3選

チヌ

f:id:keeemura:20211021092823j:image

チヌ(クロダイ)は1年中狙うことができる魚。

チヌは冬場になると深場へ落ちる個体もいますが岸壁についている貝・甲殻類を食べに浅瀬へやってきます。

その浅瀬にくるチヌを釣るなら『パワークラブの落とし込み釣り』が超おすすめです。

>>【チヌが簡単に釣れる】パワークラブの落とし込み釣りを徹底解説

シーバス

f:id:keeemura:20211021092907j:image

シーバスは冬になると産卵のため沖の深場へ行きますが、産卵に絡まない個体はエサの多い浅場に居着くことがあります。

なお、冬場にイワシ等の小魚が接岸していればルアーで狙えますし、エビ撒き釣りでシーバスを寄せて狙うのもおすすめ。

引きも強く、水面からジャンプしてファイトする姿は大興奮です。

>>【おすすめ】堤防・漁港のシーバス攻略最強ルアー15選

>>【堤防でシーバスを釣る】エビ撒き釣り入門|釣り方やタックルなどご紹介

ヒイカ

f:id:keeemura:20211021094504p:image

冬のイカ釣りといえば、ヒイカです。

ヒイカは冬に産卵を迎えるため、浅場へきてエサを食べます。

小さなエギを使ったライトエギングや、キビナゴやシラサエビを使ったエサ釣りが人気です。

ヒイカをエギで狙うライトエギングは、こちら↓の記事で詳しく解説しています。

>>ライトエギングゲーム『ヒイカを釣る基本とコツ』をご紹介

アイナメ

f:id:keeemura:20211021094657j:image
出典:ぼうすコンニャクの市場魚介類図鑑

アイナメは冬場に活性が高くなる魚です。

11月から産卵を行うため接岸し、12月にはサイズ・数ともに狙えるターゲットとしてハイシーズンを迎えます。

ちなみにアイナメは日中に行動する魚なので、暖かくなる昼間に投げ釣りで狙うのがおすすめです。

>>【アイナメの投げ釣り】磯や堤防からアイナメを釣る投げ釣りをご紹介

コブダイ

f:id:keeemura:20211021094323p:image

コブダイは低水温に強い魚で、他の魚が一切泳いでいない真冬の海でも平然と泳ぎます。

ちなみに、真冬はエサ取り(小魚)も少なくコブダイの大型が狙いやすい季節のため、冬にコブダイ専門で狙う人も多くいます。

簡単に釣れる魚ではありませんが、狙うならかぶせ釣りがおすすめ!

針に掛かればそのファイトは超強烈です。

>>手軽にコブダイが狙えるかぶせ釣りのエサ・タックル・ポイントをご紹介

サヨリ

f:id:keeemura:20211021094610j:image

サヨリは夏の終わりごろから、冬にかけて釣れる魚。

また、群れがいれば数釣りも楽しめるターゲットであり、波の穏やかな湾内であれば、ひと冬中釣れることもあります。

釣り方は初心者にも簡単なカゴ釣りがおすすめで、冬のファミリーフィッシングとして楽しめます。

>>【サヨリ】堤防からサヨリを釣るカゴ釣りが5分でわかります

カレイ

f:id:keeemura:20211021094231j:image
出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

冬の代表的なターゲットと言えばカレイ。

カレイは12月に産卵するため、11月頃に接岸し、冬の間は身近な釣り場から釣れやすくなります。

カレイの釣り方は、↓こちらの記事で詳しく解説しています。

>>【投げ釣り】堤防からカレイを釣る方法・タックルをご紹介

冬の堤防が釣れにくい理由

f:id:keeemura:20211021094805p:image

水温が下がり、深場に落ちる魚が多い

冬に魚が釣れにくくなる理由は、水温の影響が大きいです。

魚には、元気よく動ける適水温というものがあり、その適水温を下回ってしまうと動けなくなってしまいます。

そのため、水温が安定する深場に落ちて、じっとする魚が多くなるので、堤防からは釣れにくくなってしまうのです。

冬の堤防で釣りをするおすすめの時間帯

昼から夕まづめにかけてがおすすめ

水温が下がって釣れにくい冬の堤防ですが、釣果が期待できる時間帯は昼から夕まづめにかけてです。

理由は、太陽が昇り、水温が少しでも上昇するから。

そのため、天気が良く、太陽光で少しでも水温が上がりやすい時間帯がおすすめです。

冬は魚にアジャストするのが重要

f:id:keeemura:20211021094939j:image

「冬は釣れない」と言われますが、魚が全くいなくなったわけではありません。

確かに、夏や秋に比べると圧倒的に数が少ないですが、今いる魚に対して、仕掛け・エサ・ルアー・時間をアジャストすれと魚からの反応があります。

冬の堤防で釣れる魚10選【関連のおすすめ記事まとめ】

>>冬の根魚を狙うならこのワーム!厳選3つをご紹介

>>【メバリング】漁港・堤防で手軽にメバルを釣る方法とタックルをご紹介

>>アジングで実績抜群!必ず持っていく信頼ワーム3選

>>釣れる確率100%⁉アジを狙ったカゴ釣りをご紹介

>>チヌを狙うならパワークラブの落とし込み釣りがおすすめ!

>>堤防から投げ釣りでシーバスを狙う。タックルや仕掛け・ポイントをご紹介

>>ライトエギングゲーム『ヒイカを効率よく釣る基本とコツ』をご紹介

>>【アイナメの投げ釣り】磯や堤防からアイナメを釣る投げ釣りをご紹介

>>手軽に大物が狙えるかぶせ釣りのエサ・タックル・ポイントをご紹介

>>【サヨリ】堤防からサヨリを釣るカゴ釣りが5分でわかります

>>【投げ釣り】堤防からカレイを釣る方法・タックルをシンプルにご紹介

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる